ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2021-10

[米ドル円]円買い戻しとドル高

(米ドル円日足)



先週はWTIが一時84ドル台に上昇し米長期金利も一時1.7%台に上昇。ドル買いが進む中でNY株式市場もダウが史上最高値を更新するなど円安も進んだことからドル円は114円70銭まで上昇した。しかし急速に円安が進んだ反動もあり円の買い戻しが始まった。
週末にはパウエルFRB議長のタカ派発言などでドル円が買い戻される場面も見られたがその後のハト派発言で再び下落。米長期金利に振り回されながら結果的にドル円は113円42銭まで下落し安値圏での引けとなった。
市場はFRBの年内テーパリング実施を織り込んでいるだけに今週末に発表される米PCEデフレーターが予想を下回るようなら一段の円買いが進むとみている。
また、中国恒大集団のデフォルト懸念は依然として燻る中で調整的な円買い戻しはしばらく続く可能性が高い。
ただ、FRBの緩和から引き締めに転じたことは間違いなく日銀との政策ギャップが広がる中でドル円の上昇トレンドが継続するだろう。
最終的に押し目買いのチャンスを狙う。

本日のドル円予想レンジ:114円00銭~113円00銭
今週のドル円予想レンジ:114円30銭~112円60銭(38.2%、BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ECB理事会とHICP

(ユーロ米ドル日足)



先週のユーロは原油高などの物価上昇によるインフレ懸念から1.16ミドルを中心に高値圏でのもみあいが続いた。
今週はECB理事会が開かれるが物価上昇が続く中でPEPPの購入額を減額する可能性が高い。そうなれば市場はいよいよ緩和政策の転換が近いとみてユーロの一段の上昇が見込める。もし、これまでの内容を踏襲したとしても、週末に発表されるユーロ圏10月HICPの結果次第でテーパリング期待が再度高まる可能性もある。
一方で英国と欧州連合との北アイルランド議定書を巡る議論が難航していることやポーランドの「法の支配」逸脱を巡る問題が更に高まるようならEUの結束にひびが入る可能性もありユーロの上値も限られる。

今週のユーロドル予想レンジ: 1.1710(50%)~1.1570

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[カナダドル円]BOC声明に注目

(カナダドル円日足)



先週発表されたカナダの9月CPIが0.2%と予想の0.1%を上回った。また、この日はWTIが7年ぶりに84ドルまで上昇。
月初に発表された新規雇用者数も予想を大きく上回るなどカナダ経済は着々と回復に向かっているにもかかわらず先週のカナダ円は下落に転じている。
今週開かれるBOC政策会合で政策金利は現行の0.25%で据え置くとみられるが月額20億カナダドルの購入額は減額が予想される。
しかし声明文で物価上昇が一時的との見方に変化がみられるようなら来年下半期の利上げが前倒しされるとの見方が強まりカナダ円は再び上昇に転じるとみる。
ただ、市場はこれらの見方も既に織り込み始めており先週の高値93円付近を超えるのは難しいとみる。
下値目途は38.2%戻しの90円80銭。損切りを巻き込み勢いがつけば50%戻しの90円付近が目途。このレベルはボリンジャーバンドの中心線が位置するだけに押し目買いのチャンスとみる。

カナダ円予想レンジ:93円00銭~90円80銭(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]円安調整継続か

先週の米長期金利上昇や堅調なNY株式市場の動向を背景にドル円は一時114円70銭まで上昇。しかし、その後は急速に円安調整の動きが強まり113円ミドルまで押し戻された。今週も調整の円買い戻しが強まるとみるが物価上昇を背景としたFRBのテーパリング期待は継続。

先週末の東京市場では懸念された中国恒大集団のドル建て社債の利払いが実施されたことから日経平均株価が上昇に転じるとドル円は113円80銭付近から114円20銭まで上昇。クロス円も豪ドルなどオセアニア通貨を中心に上昇に転じた。欧州市場も堅調な地合いを引き継いでポンドやユーロも上昇。この日発表されたドイツや英国の10月PMIが予想を上回ったことも好感され対ドルでも上昇。結果的にドル売りが全般に強まったことでドル円はじり安となった。
NY市場ではパウエルFRB議長がオンライン会合で「テーパリングを開始し2022年半ばまでに完了の見通し」「高インフレは来年まで続く可能性が高い」「持続的なインフレがみられる場合は手段を行使」など利上げの可能性を示すタカ派的な発言を受け米長期金利が上昇。ドル買いが一気に強まりドル円も113円ミドルから後半に上昇した。
NY株式市場も引き締めが強まるとの見方から売りが強まった。
しかし、その後パウエル議長が「我々の見解では高インフレは緩和する可能性が高い」「利上げは時期尚早」などタカ派発言から一転、ハト派的な発言により米長期金利は低下しドル売りが再開。ドル円も再び下落に転じ113円42銭まで下落。一方、NYダウは小幅ながら上昇し史上最高値を更新したことからドル円も下げ止まった。
結果的に米長期金利の動きに一喜一憂するなど方向感の掴みにくい状況下でポジション調整の円買い戻しが強まった。
物価上昇が米長期金利の動向を左右することから今週も原油価格や物価指数の動向が注目される。特に週末には米9月PCEデフレーターの結果次第でドル円クロス円の調整売りが終了し再び上昇に転じる可能性もある。
また、今週はECBやカナダ中銀の政策会合が開かれる。その結果もドル円クロス円の動向に影響を及ぼす可能性が高い。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]円買い戻しでレンジの下限ブレイク

(米ドル円日足)



東京市場ではクロス円の買いが先行しドル円も114円41銭まで上昇したが、その後アジアを中心に株式市場が下落。中国恒大集団のデフォルト懸念が広がったことでリスクオフの円買いが強まりドル円は114円を割り込んだ。
NY市場ではNYダウがマイナスに転じたことによりリスクオフの円買いが一段と強まり113円65銭まで下落。その後は米長期金利が一時1.7%台まで上昇したことでドル買いが強まりドル円も114円台まで上昇し引けている。
暫く続いた114円から114円ミドルのレンジ相場の下限が崩れた。
この一か月間でドル円は109円付近から114円後半まで6円近い上昇幅となった反動が入り始めたとみる。
このような時は中国恒大集団のデフォルト懸念やコロナ感染などへの警戒感が高まりやすくドルロングの振り落としを狙った動きには注意。

ドル円予想レンジ:114円20銭~113円20銭(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[トルコリラ円]予想以上の利下げ幅で史上最安値更新

(トルコリラ円月足)



昨日の欧州時間に開かれたTCMB会合は政策金利を前月に引き続き現行の18%から16%に引き下げることを決定した。市場は1%の利下げを予想していただけにネガティブサプライズとなりトルコリラ円は12円40銭付近から11円91銭まで下落。史上最安値を更新した。市場は既に1%の利下げを予想したトルコリラ円の売りを強めていたが更に下落幅を拡大。その後12円10銭付近まで買い戻されたが結局発表直後の安値付近まで下落して引けている。
声明では「供給側の一時的な要因が年末までに限定的な利下げ余地を残していると委員会は評価」としたことでトルコリラ円は更なる下落が予想される。
一方で物価上昇も歯止めがかからない状況でありTCMBは本来利上げに踏み切りリラ高を誘導したいところだろう。
エルドアン大統領の圧力がある限り利上げは難しい。
リラの下落は継続するとみるが通貨高を誘導する口先介入などが入ると一気に買い戻しが入りかねない。
トルコリラは流動性が低いことから一気にレートが飛びやすく注意したい。

トルコリラ円予想レンジ:12円10銭~11円40銭(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]週末の売りには要注意

(豪ドル円日足)



昨日の東京市場で豪ドル円は前日の買いの勢いを継続し86円25銭まで買いが進んだ。しかし、その後中国恒大集団のデフォルト懸念が広がると香港ハンセンや上海総合指数が下落。日経平均株価も550円近く下落したことでリスクオフの円買いと豪ドル売りが同時に強まり豪ドル円は高値から1円下の85円24銭まで下落した。
その後欧州市場で買い戻しが入ったもののNY市場では再び下落。NYダウが下落したことで円買いが進んだことや、米長期金利が上昇し対ドルで豪ドル売りが強まり豪ドル円は85円を割り込み84円88銭まで売り込まれた。
この1か月で豪ドル円は78円85銭の安値から昨日の東京で86円25銭まで7円40銭上昇したことになる。日足ローソク足を見ると陽線が続いた後に大きな陰線が天井圏で現れている。
一時的にしても目先の天井を付けた可能性もあり調整の売り継続。

豪ドル円予想レンジ:85円60銭~84円30銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]円一転して全面高へ

これまで円安が続いた動きから昨日は円買いが強まりドル円クロス円ともに下落に転じた。
米長期金利は一時1.7%台に上昇したことでドル買いが強まる中、それ以上に急速に円安が進行した調整の動きとみるべきだろう。

昨日の東京市場ではこれまでの流れを継いで豪ドルやNZドル買いが先行しドル円クロス円ともに底堅い動きでスタート。しかし、中国恒大集団のデフォルト懸念が広がる中で香港ハンセンや上海総合指数が下落。日経平均株価が3日ぶりに500円余り下落するとリスクオフの円買いが強まり114円41銭まで上昇したドル円は114円を割り込んだ。
同時に上昇していたオセアニア通貨も下落に転じるとクロス円は全面安の展開。
欧州市場でもユーロ安が先行したもののクロス円が下がったところでは買いが入り下げも一服。
NY市場では中古住宅販売件数が予想を上回る好調な結果を示したことで米長期金利が一時1.7%と今年の5月以来の高いレベルに上昇。ドル買いが強まる一方でNYダウが3日ぶりに反落。前日に高値を更新したWTIも下落に転じたことでリスクオフの円買いが強まりドル円は113円65銭まで下落した。
一方ハイテク株の多いナスダックやS&Pは上昇。S&Pは史上最高値を更新するなど依然としてリスクオンの流れを継続。
金利が上昇し株式市場も堅調な地合いを示す中でドル円やクロス円は下落に転じている。
これまで急速に上昇幅を拡大したことへの調整が入ったとみられる。
これが本格的な下落に転じると見るのは時期尚早。
あくまで調整の動きとみてよいだろう。
ただ、ドル円クロス円ともにロングポジションが積み上がっているとみられ、今日も週末ということもあり一段の調整が強まるとみている。
このようなときはネガティブ材料に反応しやすくなっていることから、NY時間に発表される米10月PMIの結果には注意したい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する