ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2020-06

[米ドル円]107円台こう着状態継続

(米ドル円8時間足)


週明け東京市場では日本がこの日から緊急事態宣言が解除されたことを好感し株価は上昇。ドル円は107円85銭付近まで上昇して始まったが、その後はドル安の動きも重なり徐々に107円ミドル付近まで押し戻された。
欧州時間に中国が米国産大豆の一部輸入を停止する可能性があるとの報道で107円38銭まで下落した。しかし、この報道が観測記事であったことが分かると107円76銭まで反発。
NY市場では株式市場が下落して始まったことでドル売りが先行するとドル円も107円ミドルまで押し戻された。その後はクロス円の買いによる円安とリスクオンのドル安が綱引きとなりドル円はそのまま引けている。
米中対立や米国内での抗議デモ拡大、そして新型ウイルスの第2次感染などの不安要素は多いなかでもドル円は動意に乏しい。
この綱引き状態は今日も継続。

ドル円予想レンジ: 108円10銭(61.8%)~107円30銭(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円]リスクオンによるポンド買い

(ポンド円日足)


先週まで133円ミドルで上値が抑えられていたポンド円は昨日上値を抜け出し134円ミドルまで上昇。そのまま高値圏で引けていることから依然として上値を試す展開が予想される。
週明け東京市場では132円後半から始まったポンド円に纏まった買いが入ると133円66銭まで上昇。しかし、米国内でのデモ暴徒化や米中対立などの不安もあり133円付近まで押し戻された。
しかし、市場全体にリスクオンの動きが高まる中で投資家などはリスクの高いポンドへの買いが高まった。
NY市場が始まると更にリスクオンの動きが強まりポンド円は東京市場で付けた高値を上抜くと134円53銭まで上昇。
今日から英国とEUとの第4回交渉が開かれ、6月末にブレグジット移行期限が迫る中で協議が難航すればポンド売りが再び強まる可能性が高い。
目先はボリンジャーバンドの上限でバンドウォークが始まっており前回5月1日に付けた高値135円45銭を目指す展開が予想される。
ただ、ポンド円は往って来いになりやすいことから、そのレベルでは一旦は売りを出しておきたい。

ポンド円予想レンジ:135円45銭(4月30日高値)~133円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]RBA政策会合前に上昇スタート

(豪ドル米ドル日足)


週明け東京市場で豪ドルは買いが先行。中国による豪州からの輸入制限など豪ドルにとっては向かい風が吹く中で寧ろ豪ドル買いが強まっている。
この日発表された中国製造業PMIが好不況の境目となる50を上回ったものの反応は見られなかった。中国とは異なる何らかの実需の買いが入っている可能性が高い。ただ、豪ドル円での目立った買いは見られず、ユーロ豪ドルの売りが豪ドルを押し上げた格好だ。
欧米市場でも豪ドル買いの動きは止まらず引けにかけてこの日の高値となる0.6810まで上昇して引けている。3月9日に付けた高値0.6380付近は相当強いレジスタンスとして意識されたがすんなりと上抜けしている。
それだけ豪ドルロングポジションが少ないということだろう。
目先は押し目買いスタンス継続だが、昨年12月に付けた高値0.7031を超えきれないとそろそろ下落に転じる可能性もあり注意したい。

豪ドルドル予想レンジ:0.7000(昨年末終値)~0.6770

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]火種抱えたリスクオン

経済活動再開への期待から株式市場は堅調な地合いが続きリスクオンによる資源国通貨などのリスク通貨が上昇。一方、米中対立や米国内の暴動、そして第2次感染への不安など火種を抱えたリスクオンが続く。

昨日の週明け東京市場では国内の経済活動再開への期待から日経平均株価が3か月ぶりの高値を付けるなどリスクオンの円安が先行。特に資源国である豪ドルやNZドルの対円での上昇が目立った。また、この日発表された中国製造業PMIが好不況の分かれ目となる50を回復したことも市場に安心感を与えた。
欧州市場が始まったところで中国が香港を巡り米国産大豆の一部輸入を停止する可能性があるとの報道でドル円やクロス円が下落。しかし、その後観測記事であったことが分かるとドル円は一転して反発。クロス円も全般に底堅い動きを続けた。
しかし、米国では白人警官による黒人暴行死事件を巡り各地で抗議デモが暴徒化し外出禁止令が発動されるなど不安感が広がる中でNYダウ先物が下落したことで上値は限られた。
NY市場ではNYダウが予想通りマイナスでスタート。その後発表された5月製造業PMIがほぼ予想通りとなるなど徐々に経済の回復が示されたが市場への影響は限定的となった。
ただ、全般にリスクオンの動きが継続する中でリスク通貨への投資の動きが強まりドル売りが先行。特にポンドや豪ドル、そしてカナダドルなどの上昇が顕著にみられた。
米中対立が激化するなかでの米国内でのデモの暴徒化でトランプ大統領への不満が高まり始めている。また、各地では経済活動再開に伴い第2次感染拡大への不安感も燻る中でのリスクオン。
目先はまだリスクをとる動きが続くとみられるが、何かのきっかけで一気にリスクオフに傾く可能性もあるということを頭に入れておきたい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]レンジブレイク

(米ドル円日足)


トランプ大統領の記者会見を控えドル円は107円70銭から107円08銭まで下落。その後NY市場では月末の特別なフローが入ると107円88銭まで上昇。記者会見では特に目立った材料がなかったことでそのまま高値圏で引けている。
結局ドル円は週を通して107円台での攻防が続いたことになる。
リスクオンではドル安円安、リスクオフではドル高円高と常に同じ方向に動くことからレンジ相場からの脱出は難しくなっている。
今週は米雇用統計や各国中銀政策会合が開かれるが、これらによるクロス円の動きに注目。
リスクオンの流れが続く中で更に米ドル以外の通貨に対して円安が加速するようならドル円は108円台に乗せる可能性が高い。
ただ、108円20銭付近はフィボナッチ38.2%戻しでボリンジャーバンドの上限が位置していることから一度では上抜けは難しそうだ。
しかし、抜けるようならこれまでのエネルギーが溜まっているだけに半値戻しとなる108円80銭も視野に入る。
下値は米中対立による過激な動きがみられるようなら107円割れを試す展開も予想される。しかし、先週末の107円付近の堅さが確認されただけに下値は限定的とみる。

本日のドル円予想レンジ: 108円20銭(BB,38.2%)~107円40銭
今週のドル円予想レンジ:108円80銭(50%)~107円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]ECB理事会で方向転換も

(ユーロ円日足)


先週は欧州委員会がコロナウイルスからの経済再建に向けて7500億ユーロの基金新設を提案したことを好感。ユーロは対ドルで1.1ドル前半の強いレジスタンスを上抜け。対円でもリスクオンからの円安も加わり5日連続で陽線が続き3円近い上昇となった。
今週はこの上昇の流れが継続するなかでECB理事会が開かれる。
理事会では感染拡大による景気減速への対応策として一段の緩和政策を発表するとの見方もある。しかし、ドイツ連邦憲法裁判所がECBのQEの一部が違憲とする判断を下したことでドイツ抜きでの緩和策となればユーロ売りに反応する可能性が高い。
また、7500億ユーロ基金もオランダやオーストリアなど債務共有化に反対意見もあり一枚岩ではない。
リスクを含みながらのユーロ買いだけにECB理事会などのイベントが反落のリスクになりかねない。
121円付近は今年2月から何度も上抜けを試みて失敗しているレベルだけに一旦は売りを出しておきたい。

今週のユーロ円予想レンジ:121円00銭(76.4%)~118円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]中国報復措置とRBA会合

(豪ドル米ドル日足)


豪ドルは3月19日に0.55ドルまで急落した後は上昇が続いており、結局急落前の高値レベルとなる0.66後半まで完全に戻す往って来い。このレベルはフィボナッチ6.4%戻しのレベルでもあり上値が抑えられた。
ここからの買いは豪ドル自体の買い材料かドル売りの新たな動きが必要となる。
今回のRBA会合では現行の0.25%政策金利が据え置かれると予想される。
ただ、先週末にロウRBA総裁は「雇用情勢が回復するまでは量的緩和を継続」「雇用情勢のさらなる悪化が懸念」など緩和政策継続の可能性を示した。一方で「マイナス金利の可能性が極めて薄い」とも述べるなど、声明ではこれまでの緩和政策継続だけであれば豪ドル買いに繋がる。
一方で、中国は豪州に対する報復措置として豪州の製品輸入停止や課税の強化を行うなど豪州経済にとっては打撃となるだけに豪ドルにとってはネガティブ材料となる。
0.6770付近は強いレジスタンスレベルであり天井となる可能性もあるだけに逃げる準備もしておきたい。

今週の豪ドルドル予想レンジ:0.6770~0.6530(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]リスクオン相場継続

先週は香港の国家安全法導入を巡りトランプ大統領が中国に対して強い制裁を科すとの見方から米中対立激化への懸念広がりドル円クロス円ともに下落。一方でウイルス感染拡大によるロックアウトが解除される中で経済活動再開に向けた動きを好感した株式や原油価格の上昇が相場を下支えした。
今週は全体的にリスクオンの流れに変化はないものの、米雇用統計や米中要人発言などから一時的に上下に振らされる場面も予想される。

先週末の東京市場でドル円は107円後半から107円前半まで下落。NY時間にトランプ大統領が中国に関する記者会見を控え、米中対立激化への懸念から円買いの動きが強まった。
一方クロス円も同時に下落したことでドル売りの動きは抑えられるなど円全面高となった。
欧州市場が始まるとユーロやポンドが対ドル対円で買い戻しの動きが先行。クロス円の巻き戻しが入ると今度はドルが全面安となり結果的にドル円は107円前半で上値の重い展開が続いた。
NY市場が始まったところでPCEデフレーターやシカゴ購買部協会景気指数、そして消費者信頼感指数などが予想を下回る結果となったが相場への影響は限られた。
NY株式市場はトランプ大統領の記者会見を控え下落して始まったものの既に織り込み済みということもあり寧ろ円安が先行。また、ロンドンフィキシングにかけて週末、月末の特殊要因の円売りドル買いの動きが強まるとドル円クロス円ともに上昇幅を拡大。リスクオンの動きが強まった。
注目のトランプ大統領記者会見では「香港の特別待遇撤回へ行動する」「米国はWHOとの関係を打ち切ることになる」「中国政府はいつも約束を反故にする」「中国による武漢ウイルス隠蔽のせいで世界中に広がった」などと発言したが貿易交渉の撤回や追加関税などには言及がなかったことで市場に安心感が広がった。
結局記者会見を控えポジション調整の動きが強まったことで、会見後は再びリスクオンの動きに戻り株価や原油も底堅さを取り戻した。
ドル円も結局107円前半から再び107円後半に戻すなどリスクオンの動きに戻って引けている。

今週は米国の雇用統計やISM製造業景況感指数といった重要指標が発表に加えRBA,BOC,そしてECBなど各国中央銀行金融政策会合が開かれる。
特に米雇用統計では前月の雇用者数が改善されるとの期待が高まる中で、もし予想以上に悪化した場合には一時的にリスク回避の円買いやドル買いに反応する可能性もあり要注意。
発表前にドル調整の動きが強まるようなら反応は限られるだろう。
一方で、米中対立が更に激化するような発言や行動がみられるようならリスクオンから一気にリスクオフに一変しリスクは燻る。
しかし、現実には中国も米国だけではなく欧州や日本などを敵に回すことは避けると思われるのでリスクは限られるとみている。
今週もリスクオンの流れが継続する中でドル円クロス円ともに底堅い動きを予想する。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する