ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2024-04

[米ドルカナダドル]BOC政策金利据え置き

(米ドルカナダドル日足)



昨日開かれたカナダ中銀政策会合では予想通り政策金利5.0%据え置きを決定。3回連続の据え置きとなった。声明では「必要に応じて政策金利を更に引き上げる用意」としたものの「経済の減速によりインフレ圧力が低下している」「ここ数か月コアインフレが3.5%~4%となっており、10月データは下限に近い水準」など、これまでの一連の利上げが消費とインフレを弱めているとの見方からカナダドルは下落。
また、同時に原油価格が下落したこともカナダドル売りを加速させドルカナダは1.3596まで上昇。高値で引けている。
米長期金利が低下したことでドルの上値は抑えられたもののカナダドル売りの勢いはドル以上に増しておりカナダ売りは継続。

ドルカナダ予想レンジ:1.3620(38.2%)~1.3550

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドルカナダドル]BOC政策金利据え置き

(米ドルカナダドル)



昨日のNY時間に開かれたBOC政策会合では政策金利5.0%を予想通り据え置くことを決定。声明では「CPIは依然としてインフレ圧力が存在していることを示唆」「必要に応じて政策金利を更に引き上げる用意」との内容となったが、同時に発表された米ISM非製造業の結果からドルが買われたことでドルカナダは1.3675まで上昇。本来であればカナダドル買いで反応していたと思われる。
その後は徐々にカナダドル買いが強まり発表前のレベルである1.3632まで押し戻された。
原油価格の上昇などは物価上昇圧力となるが同時にカナダ経済にとっては追い風となることから、ドルカナダは目先の高値を付けた可能性が高いとみる。

ドルカナダ予想レンジ:1.3670~1.3600(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドルカナダドル]悪材料出尽くし

(米ドルカナダドル日足)



先週末に発表されたカナダの7月雇用統計では雇用者数が予想を大きく下回ったが同時に発表された米雇用統計も悪化したことでドル売りがカナダドルの下支えとなった。
今週月曜日がカナダ祝日ということから8日にカナダ売りが入り1.3503まで上昇。その後は利食い売りなどもあり押し戻されている。
今日の米CPIの結果次第では再度上値を試す可能性もあるが既にカナダの悪材料は出尽くした観もあり、上値は限られるとみている。
原油価格の上昇なども追い風となることからカナダドル買いが強まるとみており1.34ミドル付近では売りを出したい。
ただ、1.35ドルをクリアに上抜けるようなら一旦損切りを入れる。

ドルカナダ予想レンジ:1.3450(BB上限)~1.3320(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドルカナダドル]BOCと米6月CPI

(米ドルカナダドル日足)



米CPIの発表を控えドルカナダドルは1.32前半でもみ合いが続いた。米6月CPIが予想を下回ると1.32付近まで下落。しかし、BOC会合を控え大きな動きにはならなかった。
BOC会合では政策金利を4.75%から5.0%に引き上げを決定。市場では0.25%の利上げ予想がいる一方で5月のCPIが鈍化したことで据え置きとみていたところもあり発表後ドルカナダドルは下落。
声明文では「超過需要とコアインフレの上昇が持続的であったことから利上げを決定」「根底にある物価圧力は予想よりも根強い」「カナダ経済は予想よりも好調で需要の勢いも増している」など、今後も利上げの可能性を示すものとなった。
また、マックレムBOC総裁も「政策金利を更に引き上げる用意がある」「更なるデータを待つよりも遅延のコストが大きい」などのタカ派発言もありカナダドル買いで反応。
ドルカナダドルは1.3144まで下落した後買い戻しが入ったが1.32までは届かなかった。
FRBの利上げ長期化観測が後退した一方でBOCは依然として利上げ継続姿勢を示しておりドルカナダドルは暫く上値の重い展開が予想される。

ドルカナダドル予想レンジ:1.3220(50%、BB中心)~1.3120(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドルカナダドル]リスクオンのカナダ買い

(米ドルカナダドル日足)


東京から欧州市場にかけてドルカナダは1.35ミドルから後半での小幅なレンジ内での動きが続いた。しかし、NY時間に入り米長期金利が低下すると1.3436まで下落。そのまま安値圏での引けとなった。リスクオンにより原油価格が上昇したこともカナダドル買いを促した格好だ。
市場はFRBが6月FOMC会合で利上げを見送るとの見方が広がったことが背景にある。
今日の米雇用統計で極端に強い結果を示さない限りカナダドル買いは継続するとみる。ただ、週末ということから急速に下げた買い戻しが入る可能性もあり注意したい。

ドルカナダ予想レンジ:1.3500~1.3400

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドルカナダドル]似た者同士

(米ドルカナダドル日足)



SVBやシグネチャーバンクの破綻によりFRBの利上げ停止観測が広がりドルは下落。
米当局の対応で一先ず混乱は収まったが対カナダドルでは上値の重い展開が続いている。
既に先に利上げの停止を決定したBOCということもありカナダドルは対ドルで堅調な地合いが続いている。また、カナダ当局はシリコンバレー銀行のカナダ支店を一時的に管理下に置くなど迅速に対応したことも安心感が広がった。カナダは米国に最も近いということから似た者同士との見方もあるが金融不安連鎖は今のところ聞かれない。
ただ、SVBショックが後退したことでFRBとの金融面からのドル買い優勢の動きが再開するようなら再び上昇トレンドに戻ることになる。
1.36付近で下げ止まるようなら買いを入れてみたい。

ドルカナダドル予想レンジ:1.3720~1.3630(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する