ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2008-03

[トルコ・リラ/円] 政情不安定化を警戒



トルコ・リラは突っ込み買い、「高金利通貨」であるトルコ・リラは、投資資金動向に影響を受け易く、米国金融市場混乱に伴う「リスク回避」の動きを背景に上値の重い推移が続いている。一方、親イスラム派が政局を担当して以来、これまで政権を担当してきた世俗派との摩擦増大も警戒されてきたが、トルコ検察当局が親イスラム派である与党を非合法化に向け、司法当局に提訴したことから「政情不安」が再び浮上している。司法当局による審問は31日(現地時間)だが、前週末からトルコ・リラ売りが先行、大半は織り込んだ格好となっている。「リスク回避」と「政情不安」が圧迫要因だけに「下値見極め」を優先する場面。現時点での下値目処は75.00円台割れ近辺か。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル/円] リスク回避



豪ドル/円は押し目買い、「米経済リセッション入り観測」を背景に「リスク回避」に傾いた投資資金動向が「豪ドル」を圧迫している。現時点で、RBA(オーストラリア準備銀行)「金利据え置き」観測(金融政策決定会合/4月1日)が大勢を占めているが、民間機関によるインフレ率予想は4.0%近辺にあり、5月には「追加利上げ」が見込まれている。ポジション調整売りは別にして「買い方針維持」が妥当。ただ、地合が不安定なだけに高値追いは避け、90円台割れを待って買い拾いたいところだ。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[英ポンド/円] 利下げ観測



英ポンド/円は突っ込み買い、BOE(イングランド銀行)総裁による金融政策緩和を示唆する発言以降、「利下げ観測」拡大を背景に売り圧迫が増大している英ポンド/円だが、確かに「利下げ余地」を残してはいるが、住宅関連指標が底を打った可能性もあり、インフレ関連指標も堅調な推移を維持しているだけに、安易に売り込むことは避けたい。「利下げ(0.25%)」を勘案したとしても195円以下を売り込むことは難しく買い方針は維持したい。195円台割れは買い。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/ドル] ユーロ優勢に転じる



ユーロ/ドルは逆張り、ドイツのインフレ圧迫増大を示唆する経済指標・利上げを示唆した独連銀総裁発言により「金利先安観測」が後退、FRB(連邦準備制度理事会)「利下げ観測」と相乗してユーロが優勢に転じた。ECB(欧州中央銀行)がインフレ抑制に注目、FRBはリセッション入り阻止を意図するだけに当然の結果とも言えるが、ユーロ圏景気にも減速傾向が兆しており、ユーロに大きくポジションを傾けることは勧められない。下値は1.4400ドル近辺、上値は1.5900ドル近辺か。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/円] 利下げ観測後退



ユーロ/円は戻り待ち、前週末に発表された独・3月CPI(消費者物価指数)速報値が、前月比0.5%上昇・前年同月比3.1%上昇と市場予想(中央値/前月比0.3%上昇・前年同月比2.8%上昇)を上回ったことと、ウェーバー独連銀総裁の「利上げ」を示唆する発言により「利下げ観測」が後退、「金利差拡大観測」を背景に買われたが、インフレ要因に食品価格上昇も含まれており「利上げ」を実施した場合、経済動向に与える悪影響が拡大する可能性がある。また、ユーロ圏金融機関も米国金融機関と同様に損失増加が警戒されていることも見落とせない。当面、買われ易い場面だが、利上げ実施時には「売り方針」を選択肢に入れた対応が無難と言える。160円台は高値警戒圏。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル/円] 雇用統計発表に注目



ドル/円は波乱含み、米経済がリセッションに入っているとの見方が、大半のアナリストに支持されており、今週末(4日/米国時間)に発表が予定される「米・3月雇用統計」が、リセッション入りか否かを判断する指標として市場参加者の注目を集めている。換言すれば、それ以前に発表される米・経済指標は、前座として扱われ、多少は上下しても米・3月雇用統計発表により方向が決定付けられると言える。現時点(3月31日)での市場予想(中央値)は、非農業部門雇用者数が5.0万人減少と前月(2月/6.3万人減少)から改善、失業率は5.0%と前月(2月/4.8%)から悪化が見込まれている。一方、FRB(連邦準備制度理事会)も市場動向を把握していることは確実で、発表内容によっては市場対策を打ち出す可能性が極めて高い。また、短期・投機筋による思惑的なドル売りも先行しており、強い内容となればポジション調整買い(ドル買戻し)が入る可能性も高い。いずれにせよ「正念場」となるだけに、波乱を嫌う向きは早めにポジション調整を行う必要がある。次いで注目される指標は、米・2月製造業受注指数(2日/米国時間)、市場予想(中央値/-0.8%)と前月(1月/-2.5%)から改善が予想されている。ただ、予想レンジが広く(+0.7%から-0.8%)波乱要因とも言える。市場予想を下回り、製造業の落ち込みが示された場合は、ドル売りが活発化する可能性が高い。他にも指標は発表されるが、当日(日本時間)に解説するに止めたい。思惑交錯からドル/円は上下に振れる可能性が高く、ポジション構築には余裕が必要。下値は95円近辺、上値は100近辺。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する