ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2009-04

[全般] 今日は面白そう。

米国の経済指標は強弱まちまちとなり、方向感のつかみ難い状況だったものの、NYダウは結果的に前日の下げを取り戻した格好。これはイースター明けで、ポジションを立て直す動きもあり、市場のコンセンサスがまだ固まっていない証拠だろう。昨日の消費者物価はマイナス0.1%と前年比で見ると1955年以来のマイナスとなったものの、地区連銀経済報告(ベージュブック)では低水準ながらも安定を示す結果となった。NY連銀発表の製造業景況指数は昨年9月以降始めて縮小傾向が現れている。強弱どちらをとるかは、もう暫らくNYダウの様子をみることになりそうだ。ただ、全体的に最悪気に漂ったくらいムードは消えており、最終的に買いの意欲が強く感じられる。

今日はJPモルガンチェースの決算発表を控えており、GSと同様に好決算に対してポジティブに反応するか注目。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル/円] 下値確認後再び

(日足と移動平均21日200日)


(時間足とボリンジャー)

u0416zikanashi.gif

昨日はドル円の下限を試す展開となったがNY株価の上昇などで、ドル円はクロス円の上昇に支えられる形で、98円前半から押し戻された。レベル的には97円ミドルも視野にあったものの、中途半端に戻された観もする。今朝はまだその物足りなさもあり再度下値を試す展開も東京ではありそうだ。ただ、中長期ではクロス円も含め円売りの意欲は強く、最終的に下値を確認したら買いが沸いてくると見る。今日は99円割れには買いが控えているとの話も聞かれるが、勢いがあれば98円75銭付近まで突っ込んで売られる場面も考えられる。上値は戻したとしても100円手前が精精とみる。抜けても100円25銭が天井とみる。ゴールデンクロスまであと一息といったところだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロドル/ユーロ円] 利下げ余地の話が依然反応しやすい

(ユーロドル時間足と移動平均21,90,200日)


(ユーロ円時間足)

e0416_20090416112206.gif

昨日は東京の日中にユーロポンドの売りが活発となり上値を抑えられた。その後NY市場ではクロス円の買いからユーロドルも押し戻されているものの、上値は徐々に切り下げてきている。下値目途の1.3100をもう一度跳ね返されれば下値を固めとみる。もし抜けると逆に大きな下げになる可能性が高い。日足で見るとディセンディング・トライアングル(下降パターン)に似てきている。

ユーロ円は上値132円25銭が重く、そのレベルを超えなければ、130円を割り込む可能性も十分考えら、今日は微妙なレベルに差し掛かっているといえる。下値限界は127円ミドルとみる。ただ、NYダウが今日上昇すれば下値の強いサポートになるだろう。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円/NZドル円] 中国GDPとNY株価

(豪ドル円日足と200日移動平均)


(キウイ円30分足)

n0416.gif

今日は11時に中国GDPが発表される予定だ。前期6.8%を下回る可能性が高いものの、6%台であれば市場は大きな動きは無いと見る。予想を下回ると豪ドル売りの切っ掛けにもなりかねず、注意が必要だ。キウイもそれに沿った動きになるだろう。豪ドル円の上値はそろそろ限界に近づいているようにみえ、悪い材料に対して反応し易いと見る。73円台では新規買いよりも利食いのレベルで見た方が良さそうだ。ただ、NYダウが上昇した過程で73円ミドル(直近の高値)の上を抜けたら買い出動とみる。

キウイ円は57円80銭が徐々に固いレジスタンスになりつつあるものの、買いの意欲は強く58円ミドルまで上昇の余地はありそうだ。こちらも短期では戻り売り、長期では買いのスタンスで攻めたい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。





テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ドルカナダ/カナダ円] 短期的にカナダは買われすぎ

(ドルカナダ日足)


(カナダ円日足)

cadjpy0416.gif

昨日は、中国が電気産業をメインとする追加経済対策を発表するとの報道、本日発表の中国の1-3月期GDPが前年比+6.5%の市場予測を上回るとの見方から、資源需要増観測を好感したカナダドル買いが強まり、ドルカナダが1.21台後半から1.2000近くまで下落し、1月12日以来の安値となっている。カナダ買いのポジションは一旦手仕舞いか。午前11:00に発表の中国第1四半期GDPの数字は良い数字が織り込まれており、悪い数字に反応しやすい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する