ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2009-05

[全般] 予想通りのストレステスト結果は円売り

ストレステスト結果はほぼ前日のリーク通りであった。これを受けて今日のNY株価は上昇すると予想される。NY株価が上昇すればリスク回避姿勢の緩和から、円売りが加速する可能性が高まりそうだ。また、原油価格も56ドル台に上昇しており、特に資源国通貨でもある豪ドルやカナダ、そして南アランドにも食指が動きそうだ。ただ週末ということもあり、利食いの売りが出易いので、買いサイドはここからは慎重な動きになりそうだ。
ECBでは予想通り0.25%の利下げが決定され、更にユーロ建てカバードボンドの直接購入を発表した。トリシェ総裁は量的緩和ではなく信用支援だと説明したが、今までのECBの意識が変化した事は確かであろう。その意味ではユーロ売りのリスクは緩和されたといえる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 当面は金融不安が遠のいたこともあり、円売りに動き易い状況

(米ドル円日足と一目均衡表)


(米ドル円時間足)

USDJPY0508_jikanashi.jpg

昨日は米国失業保険申請件数が発表された時点でドル円は高値99円75銭付近まで急騰押した。一瞬であったことから売り注文が一部残ってしまったようだ。その後は98円台まで押し戻されたのはそのためと思われる。その後は99円を挟んでのもみ合いが続き、ストレステストの結果が発表されると99円35銭付近まで上昇。意外に反応が少なかったというのが印象だ。このストレステストの結果では100円を窺うまでの確信が持てないというところか。多分NY市場の反応はアジアとは異なると思われる。もしNY株価が大幅に上昇するようであれば100円を狙う展開も考えられるが、今日は難しいかも知れない。結局テストの結果は今後2年間の米国住宅価格や失業率の改善が必要となることで、今後数ヶ月の経済指標を見ながら判断するしかないだろう。
今日は昨日の高値を越えるのは厳しいとみる。
予想レンジは99円80銭~98円50銭。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] 注目のECB理事会が終り

(ユーロ米ドル日足)


ECBの理事会では予想通り0.25%の利下げが決定。また、非伝統的手段といえるカバードボンドの購入を行う事を発表した。実質量的緩和といえそうだが、トリシェ総裁は信用支援であって量的緩和ではないと発言している。市場はそれに対して失望したのか、それとも好感したのかユーロ買いに反応した。多分結果がどうあれ、ユーロ買いを入れてきたようにも思える。当面のビッグイベントであったストレステスト結果発表も終わり、次のECB理事会まではユーロはしっかりとした動きになると予想する。ただ、昨日からの動きを見ると1.34ミドルから上は重そうだ。このレベルには日足チャートの200日線が1.3470の上値に位置しており、抜けるにはもう少しエネルギーが必要かも知れない。ただ、その下には21日線が1.3210付近にあり、こちらも底堅そうだ。
予想レンジ1.3450~1.3250

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 雇用者数が予想を上回り、原油価格も上昇

(豪ドル円週足と一目均衡表)


昨日は豪州4月の失業率が発表された。予想が2万5000人減少のところ、2万7300人の増加となった。余りの差に豪ドは急上昇し、その後も原油価格の上昇などにより底堅い動きが続いた。ただ、こちらもここ数日上昇が続き昨日は上髭のようなものも見える。週足で見ると一目の雲が76円50銭付近に垂れ下がっており、そろそろ微妙なレベルにいるようにもみえる。基本的には底堅い動きは継続と見るが、今日は一旦利食いが出易い日かもしれない。
予想レンジ75円80銭~74円

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル] 量的緩和拡大で売られたが、下値は限定的

(ポンド米ドル時間足)


昨日、BOEが政策金利を0.50%で据え置いたことは予想通りであったが、資産購入プログラムの規模を500億ポンド拡大し、合計1,250億ポンドとしたことは予想外であった。市場は量的緩和拡大と受けとめたようで、ポンドは1.5140から1.4942まで200ポイントも下落した。声明で、英国経済の回復の時期と強さが非常に不確実と指摘したことも、売りの材料とされた。短期的には売られすぎとみられる。本格的量的緩和との言えない曖昧さが残っており、これを材料にこれ以上ポンドを売り込むのは難しいと判断される。むしろ、1.4950-60でポンド買いから入ってみたい。昨日の安値1.4942が破れた、1.4930にストップロスはおきたい。
予想レンジ 1.5050~1.4950

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ・スウェーデンクローナ] オーバーシュートの巻戻しのスウェーデンクローナ高

(ユーロ・スウェーデンクローナ日足)

ここ数週間のリスク許容度が急速に高まり、エマ-ジング通貨が買われている。スウェーデンクローナも同様に買われている。スウェーデンクローナはエマ-ジング通貨とは言えないが、昨年エマ-ジング通貨が大幅に売られたのと同様に、スウェーデンクローナは対ユ-ロで2008年後半に大幅に値を下げた。これにより、ユーロ高・スウェーデンクローナ安は著しくオーバーシュ-トとなった。ストレステストが終わり、リスク回避姿勢の緩和が強まると考えられるので、引き続きスウェーデンクローナ高は継続すると見られる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する