ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2009-05

[豪ドル円] 押し目買い

(豪ドル円時間足)


予想レンジ 74.30~73.30

週末の選挙結果を好感してインドの株価指数が急騰、世界的に株価が上昇したこと、原油価格が前日比4.8%上昇したことなどから、資源国通貨は底堅い動きをしている。月初の政策会合後の声明は、現在の政策スタンスに満足しているものの、今後の状況次第では追加利下げも辞さないとのものであったことから、本日のRBA決定会合議事要旨も同様のものとなる見通しであり、市場に与える影響は限定的であろう。押し目買いで攻めてみたい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般] 第一ラウンドは期待感の勝ち

今週は米国への不安感が拡大しNYダウ下落が継続されるのか、それとも一時的な悲観論が出ただけで、再び期待感による買いが沸き起こるのか注目された。まずは週明けの相場は楽観論や期待感が先行したようだ。まずは東京市場の終わり近く、欧州勢の入る時間に杉本事務次官の「為替相場の過度な変動は経済に悪影響を与えるため、好ましくない。為替相場の動向を注視する」との発言で市場は口先介入と判断し、ポンドを中心にクロス円の買いを進めた。また、日銀金融政策決定会合で追加緩和措置が行われるのではという憶測も働いた。更にNY市場では金融機関から投資判断や収益見通しが引き上げられたBOAやシティなどが買われ、破たん懸念から売られていたGMの反発。一気に市場の期待感が膨らみNY株価が大幅高。そしてクロス円が買われ、ドルが売られる基本の構図に戻された。
しかし、この動きがどこまで本物なのかはもう数日時間をかける必要があるだろう。今日はどこまで上値を伸ばせるのか注視したい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 雲の下限を割り込めずに反発

(米ドル円日足と一目均衡表)


(米ドル円日足とフィボナッチ)

USDJPY0519_hiashi-borin.jpg

杉本事務次官の発言を皮切りに一気にドル円の買い戻しが入ると、クロス円も大幅に買い戻しが入った。それだけ買いのチャンスを待ち望んでいたところがあったようだ。一目も昨日ここで書いたように、雲の下限を割り込むかどうか注目したが、第一ラウンドは見事に跳ね返された。この動きが本物かどうかはまだ分からないが、今日はもう一段の上値を試す展開とみる。上値はフィボナッチの50%戻しとボリンジャーの上段バンドの97円80銭、下値は昨日のストップロスも散見され、かつ戻しの時点でもみ合いが続いた95円ミドルから70銭付近と見る。

予想レンジ 97円80銭~95円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] ユーロ経済に前向きな兆しが?

(ユーロ米ドル日足)


(ユーロ米ドル時間足)

EURUSD0519_jikanashi.jpg

ギリシャ中銀のプロボボラス総裁がユーロ圏経済に前向きな兆候見られ、芽吹きが経済の安定化を示唆。また、景気回復があるだろうなどと述べた。実際すぐにその兆候がみられるとは思わないが、このような発言でも買いが出るという時は、それだけ市場の環境が好転したと言ってよい。ただ、ダブルトップの形成はまだ十分可能性は残っており、1.36ミドルの上値手前で折り返されると、ふたたび下値模索もあり得る。

予想レンジ 1.3650~1.3460(5/15安値)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円] ドルからの回避はユーロが

(ユーロ円日足)


一目の雲の上限に再び戻し始めたが、依然雲の上限には届いていない。今日はその上限が131円75銭付近に位置し、そのレベルを上に抜けるか注目。一旦その手前で利食いの売りを出したいところだ。下値め目途は、昨日のストップのついた128円50銭から上昇したレベル128円70-80銭近辺を買いで拾いたい。
予想レンジ 131円75銭~128円75銭(5月14日安値近辺)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル] 最初に大きく反応したポンド

(ポンド米ドル日足)


(ポンド米ドル時間足)

GBPUSD0519_jikanashi.jpg

昨日の欧州勢が入り、杉本事務次官の発言で真っ先に反応したのがポンドだった。それだけ買いの仕掛けやすい状態であったということだろう。時間足で見るとそろそろ限界に近いと見る。一旦1.53後半では頭を打つと見ているが、1.5225付近への戻しは界で攻める。日足のボリンジャーで見ると上昇のバンドウオークはまだ続いており、今後も上昇トレンドは続くと見ており、バイオンディップ(下げたら買い)で臨みたい。

予想レンジ 1.5390(12月1日高値付近)、あるいは1.5450(11月28日高値)~1.5225

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する