ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2009-06

[全般] 米国雇用統計

米国雇用統計が発表されドルが全面高の展開となった。市場は非農業部雇用者数の減少幅が予想(-52万人)を大きく下回り34.5万人となった事でドル買いに反応した。しかし同時に失業率が9.4%と予想の9.1%を超えた事には反応しなかった。失業率は半年ほど時差があり捉え方は微妙であったものの、市場はいかに景気回復期待が強いかが伝わってくるものだ。この結果から市場は金融緩和の終わりが近付いているとの思惑から債券市場が売られ長期金利やFF金利も上昇。早くも利上げ期待が高まったというということだ。金利上昇期待が高まることでドルは主要国通貨に対しほぼ全面高の動きとなった。そのためクロス円の動きまちまちの動きとなった。少しはしゃぎ過ぎの観もあったが、今までのドル安に対する調整の下げと見ればちょうど良いガス抜きに見える。もう数日この動きは続くと見るが、最終的にドル下落の流れに変化はないと見る。今日はドル買いの上限を試す展開を予想。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] レンジの上限を試す展開か

(米ドル円時間足)


(米ドル円日足)

USDJPY0608_hiashi.jpg

雇用統計が発表された瞬間市場は失業率の悪さでドル売りか、雇用統計の改善でドル買いか迷ったような動きをした。しかし、結果はドル全面高となった。要因は雇用改善から金融緩和政策の転換で金利上昇に対する金利差からの買いと見られる。しかし、現実ではそこまで景気回復する状況とはだれも期待してはいないはずだ。従って、今日明日には再びセンチメントは変わってしまう可能性が高い。それまではドルの上値を試す展開が続くと見る。ドル円の時間足を見ていただきたい。6月1日にドルが買われ始めてから数時間での上昇幅は約2円、5月28日のときも約2円、そして今回も雇用統計のときから約2円上昇しているのが窺える。とりあえず上昇幅としては天井に近いと見ることができるが、雲の上限が抜けたことから、もう一段の上値を狙うという見方もできる。いずれにしても、上限は近そうだ。上値目途は日足のボリンジャー上限の99円40銭近辺。

予想レンジ 99円40銭(ボリンジャー上限)~96円75銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円] ドルの動き次第

(ユーロ円5分足)


(ユーロ円日足)

EURJPY0608_hiashi.jpg

ユーロ自体の材料は関係なく、ドルの金利上昇期待の高まりからユーロは対ドルで売られた。ところがユーロ円で見るとほとんど雇用統計の発表前と後のレベルとそれほど大きな変化は見られなかった。それだけユーロ円の買いがしっかりしているとも言えそうだ。ウエーバードイツ連銀総裁は経済安定化の兆しが見えているとの発言も聞かれるものの、ラトビア問題などまだユーロの波乱要因は漂う。今後もユーロの底堅さはあるものの、ドルの動きなど不確定要因が多く、上昇スピードはゆっくりしたものになりそうだ。今日のレンジは前日のNY市場で上下したレンジが一つの目安になりそうだ。

予想レンジ:139円20銭~136円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 原油の上昇など豪ドルの買い材料があふれる

(豪ドル円週足)


(豪ドル円5分足)

AUDJPY0608_5funashi.jpg

5分足チャートで見ると米雇用統計発表後の上下で大分ショートとロングの短期の損切りが付けさせられたと見てよさそうだ。結局ロングのポジションはこの程度では切らないということだろう。原油価格が一時1バレル70ドルに上昇する場面もあり、1-3月期GDPが前期比で+0.4%と予想を右腕割るなど豪ドルの買い材料は多く、中長期の上昇トレンドンは継続されそうだ。
今日のレンジは前日のNY市場のレンジを超えるのは難しいと見る。週足の雲の上限(79円70銭)をしばらく抜けきれないと見る。

予想レンジ:79円25銭(前日高値)~77円55銭(前日安値)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[NZドル円] 利下げの予想遠ざかるものの

(NZドル円週足)


(NZドル円日足)

NZDJPY0608_hiashi.jpg

豪ドルと同様コモディティー価格の上昇によりNZドルにも追い風が吹く。NY株価の上昇や豪ドルの景気回復の期待からNZランドも上昇トレンドは継続と見る。ただ、週足の雲の下限に上値を押さえられており、今週はやや上値は重くなりそうだ。今週発表の政策金利は先週前半までは0.25%の利下げが予想されたが、ここにきて据え置きの観測が広まっている。ここで0.25%の利下げを行えば瞬間売られる場面もありそうだが、金利底打ち期待が広まれば、寧ろ買いを呼ぶことにもなりかねない。流動性が低いだけに荒っぽい動きもありそうだが、雲の下限を突き抜けることが出来れば大幅な上昇が期待できそうだ。下げたら買っておきたい通貨だ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円] 首相辞任の噂は否定されたものの

(ポンド円5分足)


(ポンド円日足)

GBPJPY0608_hiashi.jpg

ブラウンン首相辞任の噂は否定されたものの、現与党内での退陣要求も出ており来年の総選挙に向けて今後も辞任騒ぎは続きそうだ。また、日足で見るとボリンジャーの上限から下に離れ始めており、ポンドドルの5分足ではポンドの対ドルでの売りが目立つ。ただ、原油価格の上昇やNY株価堅調の動きに支えられており、ここ最近はこの買い材料が優勢となっており今後もこの堅調な動きは継続と予想。今日はやや上値の重い展開を予想。ドル円が上値トライから折り返されればポンド円も攣られて昨日の安値近辺まで押し戻される場面も考えられる。

予想レンジ: 158円50銭~155円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する