ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2009-06

[全般] 材料は後講釈か

ドル円がNY市場で日本時間の23時半過ぎ辺りから上昇に転じた。ドルが買われたというよりも円売りが進んだと見られる。材料としてはその時間から見てローゼングレン・ボストン連銀総裁の「米GDPは年後半にプラスに転じると予想」との報道が原因と見られるが、その前からNY株式が堅調な動きを見せていたことなども要因と考えられそうだ。しかし、どうもいずれもこじつけというか後講釈のように聞こえてならない。今の相場は材料というよりも、投資マネーなどの動きが相場を動かし始めているように見える。本邦の機関投資家がヘッジ比率を下げてきていることも大きな要因と見てよいだろう。NY株式が堅調に推移すればするほどヘッジ比率を下げて来そうだ。ただ、その動きに乗ってストップを巻き込む動きも見られ、短期的な後追いは禁物かもしれない。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 円売りの動きが中心

(米ドル円時間足)


(米ドル円日足)

USDJPY0630_hiashi.jpg

どうも此処にきて日本の機関投資家のヘッジ外しの動きやファンドの金利差を狙った投資が入り始めているような動きが見られる。その説明であれば最近お一連の動きが納得できるからだ。ただ、この動きは断続的に出やすいことから、出たときはストップなどを巻き込んだ動きを見せるが時間が経つと押し戻されることが多い。今週は金曜日が米国の独立記念日で休場ということもあり週前半が勝負と見る。本日は前半が上値を試す展開となりそうだが、上値の余裕はそれほどないと見る。クロス円の買いと共にドル売りの動きも同時に見られ、先週の高値付近が限界か。時間足で見ると96円前半がレジスタンスとなっているが、日足を見ると上昇トレンドも下値を支えている。いずれにしてもレンジ内の動きに留まると見られる。

予想レンジ:96円60銭(6月25日高値)~95円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円] 雲のねじれが転換となるのか

(ユーロ円時間足)


(ユーロ円日足)

EURJPY0630_hiashi.jpg

先日中国が基軸通貨を特定の国の通貨ではなくSDRなどにすべきだという発言が再び焼直され、ドル売りがユーロでも見られた。しかし欧州時間にアルムニア欧州委員が「米国よりも欧州では危機からの回復に時間がかかる」とコメントされると一時的にユーロ売りが見られた。しかし、主役はなんと言っても円売りがユーロを押し上げた。機関投資家と見られるヘッジ外しと見られるユーロ円の買いが押し上げたと見られる。テクニカルで見ると一目の雲に同日ねじれが見られ、相場の転換と見るところもあったか。ただ、このねじれも7月3日に再度現れることから、それまでの動きで終わる可能性も高そうだ。いずれにしても、日足で見る上昇トレンドを下回らない限りユーロ円の底は固そうだ。時間足では当面の天井である135円を抜き、ストップをつけた模様だが、一旦は利食いの売りがこの近辺から出やすいと見る。

予想レンジ:137円80銭(6月15日高値)~134円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 中国の景気やヘッジ外しから

(豪ドル円時間足)


(豪ドル円週足)

AUDJPY0630_syuashi.jpg

中国が非鉄金属の市場価格安定化を目的とした国家備蓄向けの買い付けを継続しないことを明らかにしたとの中国高官の発言が伝わると商品相場の上値が抑えられるとの観測も浮上し、資源国通貨の上値が抑えられる場面も見られたが、一方で上海株の上昇や中国の経済見通しの改善から豪ドルの買いが強まった。NY時間に入るとNYダウが大きく上昇したことが好感されたことや、ドル円の上昇で豪ドル円はレジスタンスと見られた77円50銭を簡単に上抜けした。この高値付近からは利食い売りが見られるかと思われたが、その気配が見られない。買いそびれたところが多いと見たほうが良いかもしれない。
週足の雲の中で転換線が下値をしっかりとサポートしており、雲の上限まで跳ね返される可能性が高まってきたと思われる。

予想レンジ:78円40銭(6月16日高値)~77円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[南アフリカランド円] 金利期待から堅調

(南アフリカランド円時間足)


先週利下げを見送り、今までの一連の利下げに終止符が打たれたという見方が広まった。ムヴォヴァニ総裁やグマ副総裁が追加利下げに対して否定的な見解を示したことが市場の買いを再び喚起した格好となった。更にNYダウの90ドル余りの上昇が下押ししている。日本からの買いはそれほど見られるわけではないが、市場の安定感が増していることも下支えとなった。ただ、この12円30銭付近は過去に何度か押し戻されているレベルであり、明日のECB政策金利発表前後で一旦利食いが出やすいと予想される。

予想レンジ:12円35銭~12円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する