ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2009-08

[全般] 円買いの材料は多いが

昨日は特に注目する材料もなく、市場は先週末発表された米中古住宅販売件数の数字を受けて上昇したクロス円の調整の動きが見られた。東京時間では先週のリスク志向の動きで始まったものの、欧州市場に向けて本日発表のリッチモンド連銀製造業指数や消費者信頼感指数などを前に、一旦ポジションの手仕舞いに動いたところも見られた。ここに来て円高の材料が多く見られる。8月後半には本邦機関投資家の外債償還に伴う円転が出やすいということや、外人主導による日経株価の買いの話、そして日米の長期金利逆転が円買いの動きを活発化させるといった話だ。又、ユーロの買い持ちポジションがここに来て減少していることで、ユーロ円の売り[円買い]が出やすいという見方もある。しかし、日経株価にしろ、機関投資家の円転にしろ、既に殆どその動きは終わっていると見てよいだろう。問題は今後も続くのかということだ。日米の金利差逆転にしてもそれが直ぐに円買いに繋がると云う事は考えにくい。円の金利を求めて円を買おうという海外の投資家がどれほどいるのか。寧ろ日本人の投資家がどう動くかだ。国内にいても金利が上がったわけではなく、今後も高金利通貨への投資は継続とみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] もみ合いから底固め

(米ドル円日足)


(米ドル円時間足)

USDJPY0825_jikanashi.jpg

円売りの材料が多く見られる中、ドル円は94円割れを固めてきているように見える。ただ、クロス円の上昇がここに来て高値警戒感が高まり始めており、ドル円の上値も限定的と見る。今日から米国の経済指標など注目材料の発表が相次ぐため日中は動きにくい状況になりそうだ。暫くNY株価の動向を見ながらの動きになるだろう。NYダウの1万ドル乗せはそう遠くはないだろう。NY株価の堅調な動きはドル円やクロス円の底を支えるものであるが、景気回復が本格的になればドルの上昇に繋がる可能性もあり、その流れの変わり目に今いるかもしれない。それまでもみ合いが続きそうだ。

ドル円レンジ予想: 95円25銭~94円25銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円/ユーロ米ドル] 高値警戒感があるものの

(ユーロ円日足)


(ユーロ米ドル日足)

EURUSD0825_hiashi.jpg

ヘッジファンド勢のユーロの買い持ちポジションがここに来て急激に減少しているという話が聞かれる。確かにポジションは減少しているがユーロ円やユーロドルの動きを見ても分かるように、それ程目に見える下落がないのは何故だろう。それは投機のファンドの動き以上にドル離れが原因と見る。中東勢やBRICSなどはドルの代替通貨としてのユーロを仕込んできており、それらの需要がユーロを支えていると見てよいだろう。今日はもみ合い相場が続くと見るがやや上値は重そうに見える。東京勢は一旦売りから入る可能性が高そうだ。

ユーロ円レンジ予想:135円80銭~134円

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円] 悲観的な発言が多い

(ポンド円日足)


(ポンド円時間足)

GBPJPY0825_jikanashi.jpg

ここ最近英国サイドからの発言はポンドにネガティブなものが多い。昨日も英タイムズで「英国の税収、政府の予想の3倍以上となる20%減になる」という報道がポンド売りの切っ掛けとなったようだ。短期的に下値を探る展開はまだ継続すると見るが、中長期での上昇トレンドに変化はないと見る。日足の上昇トレンド近辺の下げがあれば買いやすくなるだろう。今日は時間足の三角もち合いの収束する動きと見る。

ポンド円予想レンジ:156円25銭~153円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する