ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2009-09

[全般] ドル安ではなく円高

市場は壊れやすい隙間を狙ってついてくるものだ。その典型が今回のドル円の下落のように感じた。日本の与党が自民から民主に変わること自体はそれほどの影響は無かった。しかし、藤井総裁がドル円の介入に否定的な発言をしたことで、久しぶりに市場の関心は日本の介入スタンスに向き始めたと言える。投機筋にはこの隙間を破ることで利益を叩き出せるという思惑もありそうだ。今ここでドル円が88円台に突っ込む理由はそれ程見られない。他通貨を見てもそうだが、ここにきて急にドル安にそれ程傾いたわけではなく、今回はドル円の単独の売りと見られる。昨日トリシェ総裁が「強いドルは米国にとって国益だ」と繰り返したのは,自国通貨が下がってくれることを望むという事だ。ドル円が下がってくれた方が都合のよいことから反対には回らないことを市場も知っているのだろう。いずれにしても、一方的な下落とはならないと見ている。藤井財務相も昨日慌てて円高容認に対するコメントを否定する場面も見られたように、余り介入が無いと甘く見ていると意外な動きも無いとは限らない。
昨日は久しぶりにNYダウが反発、企業買収が活発になったことを受けて資金の流れが好転し始めたということからのようだ。しかし、株価上昇⇒ドル売りという構図も余り見られなかった。世界銀行のゼーリック総裁はドルの基軸通貨体制は今後変わっていくものと述べたが、余り反応は見られなかった。ここに来てドル売りの勢いが鈍くなってきたようにも思える。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 突っ込み過ぎからその反動

(米ドル円時間足)


(米ドル円日足)

USDJPY0929_hiashi.jpg

昨日は東京市場が始まると藤井財務相の「現在のドル円相場は異常な動きではない」との発言もありドル円の売りが加速し、一時88円25銭まで円高が進む場面も見られた。昨日の90円割れから市場は今年の安値87円前半を試しに行くとの認識が広がっているためであろう。ただ、少しはしゃぎ過ぎの観もある。損切りが大分付いただけに、ここから87円を割り込むかどうかは9月末に迫った今日明日の動きがポイントと見る。90円台に一旦戻したとしてもまだ戻し売りを控えるところも多そうだ。戻しのレベルは90円40銭(時間足のフィボナッチ50%戻し)と見るが、もし91円50銭(76.4%戻し)を達成するようであれば、この下げ相場もやり直してみる。

ドル円レンジ予想: 90円40銭~88円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円] 130円を割り込む

(ユーロ円30分足)


(ユーロ円日足)

EURJPY0929_hiashi.jpg

東京市場の朝方ドル円の下落につられてユーロ円も含む主なクロス円が下落した。ユーロ円は当面のサポートと見られた131円をあっさりと割り込み、その下の130円のサポートもこの時間帯で割り込む場面も見られた。しかし、さすがに実需の売りも伴わない動きではここまでが限界のようだ。その後は買戻しの動きから最初のサポートレベルである131円付近まで押し戻されて海外市場は引けた。今日は昨日の戻し高値の131円30銭を上回るかどうかが勝負になりそうだ。もしそのレベルで跳ね返されるのであれば、再び130円を目指す展開もありえそうだ。逆に上に抜ければ132円付近までの戻しが期待できそうだ。

ユーロ円予想レンジ: 132円~130円75銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] ボックスの下限を割り込めず

(豪ドル円時間足)


(豪ドル円日足)

AUDJPY0929_hiashi.jpg

昨日の東京時間が始まる前から既に売りの気配が漂っていた。それを加速させたのがドル円の下落だが、結局9月2日につけた安値の76円40銭に届かず、その手前で折り返した。その折返し方が他のクロス円に比べて大きな上昇となったのは、それだけショートで豪ドル円を攻めていたところが多かったという事だろう。結局ショートの買い戻しが中心の動きということだ。この売りは79円台から始まった可能性が高いとみてよいだろう。ただ、78円30銭近辺からもショートメークが見られており、一旦このレベルからは売りが並ぶと見られる。この下押しのサポートレベルは昨日の東京の始値である77円70銭近辺と見る。

豪ドル円予想レンジ: 79円~77円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する