ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2009-10

[全般] 踊り場状態続く

先週末はNYダウが100ドル余り下落したことで再び1万ドルを割り込んで引けた。米9月中古住宅販売件数が予想以上に強い結果となったが、来月末で住宅減税措置の期限が切れる駆け込み需要という見方から寧ろネガティブに市場は捉えた。また、大手ヘッジファンドのインサイダー事件からIBMなどの株が下落していることもNYダウの上値を抑えたと思われる。しかし、これらの材料自体は株価の上昇トレンドを変える程のものではなく、1万ドルを固めるための時間調整と考えるべきだろう。
最近の為替市場は株価との相関性が希薄になっており、ポンドやユーロ、そして豪ドルなど各通貨の事情によりばらばらな動きとなっている。当然ポジションもそれぞれの通貨では違うため一概にドル安ドル高という理由でひと括りにしてしまうと相場を見失う恐れがありそうだ。今はそれぞれのポジション調整が終わるまでは踊り場と見て方向感が出るまでは短期決戦に徹した方がよさそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 今週は93円目指し

(米ドル円30分足)


(米ドル円日足)

USDJPY1026_hiashi.jpg

先週のNYの引け値ベースではこの日の高値である92円台に乗せて終わった。今週のドル円はさらに高値を狙いにいくような底堅い値動きになると予想する。先週は8月の高値からのフィボナッチリトレースの23・6%戻しである91円75銭をひとまず達成した。先週の高値であり引け値はボリンジャーバンドの上限である92円10銭付近レベルと一致。その上のターゲットはフィボナッチトレース38.2%戻しの93円付近となっており、一旦はこのレベルでは上値を抑えられるとみる。しかし、勢いは思ったより強く今週は61.8%戻しの94円付近までの上昇もあり得そうだ。本日は9月21日の高値である92円50銭を目指す展開を予想。

米ドル円レンジ予想: 92円50銭~91円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円] 底堅い動きではあるがH&Sの形も

(ポンド円日足)


アジアタイムでポンドはデールBOE理事の「量的緩和の解除ペースが今後の課題」との報道や、ボーゼン政策委員による「いずれ政策転換をしなければならないだろう」とのコメントで金融政策の出口戦略が近いとの思惑もあり強含みに展開。しかし欧州時間にはいり英国第3四半期GDP速報値が前期比―0.4%前年比―5.2%と事前の予想で前期比+0.2%/-4.6%を大きく下回るとポンドは急落。153円台から150円付近まで3円以上の下落となった。英国は6四半期連続でマイナス成長を記録したことで11月5日の会合では資産買い入れプログラムの規模を拡大するとの見方が広まった。しかし、GDP発表前に買われ過ぎた反動もあり、市場は過剰反応とも思われるが153円付近はネックラインへのリターンバックのレベルであり、9月の高値レベルでもあり達成感からの売りとも考えられそうだ。ここから下落トレンドが始まるかどうかがポイントとなるが、上昇トレンドに変化はないと見る。とりあえずフィボナッチの50%戻しであり、また9月25日の下落の始値でもある146円ミドルが当面の目途とみる。

ポンド円予想レンジ:152円00銭~148円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 天井に近づく

(豪ドル円日足)


(豪ドル円週足)

AUDJPY1026_syuashi.jpg

テクニカルで見るとそろそろ天井に近づいている。週足でみると61.8%の戻しが85円55銭で今年の先週つけた今年の高値である85円30銭から見るとほぼ天井とみることができる。また、日足ではボリンジャーバンドの上限に沿ってバンドウオークが続いているが、この二日間では内側に離れ始めている。RSIでは今年の高値を更新し既に93円と買い過ぎのレベルに達している。今週に先週の高値を超えて85円ミドルを抜けるようであれば次の新たなステージが始まったと考えられるが85円付近で上値の重さを確認したら売りで仕掛ける方が確率的に面白そうだ。

豪ドル円予想レンジ:85円15銭~84円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する