ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2009-10

[全般] NY株価続落から

NYダウは前日に続き100ドル余りの下落となり、市場にはリスク回避からの動きが強まった。最近は株価とドルの連動が弱まっていたが昨日はドルの方が先に買い戻されたことで原油や金価格の下落したことでNY株価が売られるきっかけになったと見られる。いずれにしても、この一連の動きはNYダウが1万ドルを定着させるまでの短期的な動きとみる。先週あたりから11月初旬に開かれるFOMCでは「FF金利が長期間低金利にとどまる」という表現から長期間という文言が消えるのではという報道が相次ぎFRBの金融政策の転換が早まるという見方が強まっていた。金利上昇からのドル買いというシナリオはまだ早過ぎるという観はあるものの、今後もこのような憶測は見え隠れしてくるだろう。また、中国が外貨準備比率の見直しで円とユーロを増やすといったレポートの報道が流れたが、この動きは以前からあったもので現状の為替市場の動きには一時的な影響しかないとみる。
当面このような方向感の見られない動きは続くとみている。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] ドル買い円売りの動きは継続

(米ドル円時間足)


(米ドル円日足)

USDJPY1027_hiashi.jpg

ドル円は三日連続で終値が92円台で終了。ドル買いの勢いがドル売りを上回っているということの証とみる。ここから時間調整に入る可能性もないことはないが、そろそろもう一段の高値を狙う動きが始まりそうな気配もある。目先は9月21日の高値92円50銭付近で一旦抵抗がありそうだが、92円前半のレベルから上値を試すとすればフィボナッチリトレースメントから38.2%戻しの92円90銭から9月7日の高値93円30銭付近までが目途とみる。

米ドル円レンジ予想: 93円00銭~91円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] 1.5ドル台をキープできず

(ユーロ米ドル時間足)


(ユーロ米ドル日足)

EURUSD1027_hiashi.jpg

アジア時間では中国が外貨準備比率の見直しから円やユーロを増やすという報道から一時ユーロ買いが強まったものの1.5ドルのミドルから上に持ち上げられなかった。結果的にNY時間の後場に入り1.5ドルを割り込み始めると断続的にロングのロスカットを巻き込みながら1.48ミドルまで200ポイント以上の下げとなった。原因はNY株価の下落に伴いドル買戻しの動きが強まったことだが、特にドルの受け皿としてのユーロにマーケットは集中した模様だ。このドル買戻しの動きは一時的な動きと見られ、ロングが投げ終わったところで再び買いを入れてくるとみる。日足のフィボナッチリトレース38.2%戻しが1.4840ドルでちょうどこのレベルで昨日はサポートされた。一旦このレベルから買いが並びそうだが、まだ完全に売り切れない残党が戻しを待って売りを出してくると考えられ、セルオンラリーのスタイルで行きたい。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.4920~1.4770(フィボナッチ50%戻し)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[NZドル円] 介入警戒感が薄まるものの

(NZドル円時間足)


(NZドル円日足)

NZDJPY1027_hiashi.jpg

昨日ジョン・キーNZランド首相は「NZドルについて我々は懸念しているが、それは米ドルの問題」とし、先日の「政策決定者がNZドル高に対してできることは限られている」と発言した。市場は介入の可能性を否定したとみて買いが一時強まったものの、米ドルの買い戻しの力が勝り上値の重い展開となった。NZドルのレベルがすでに今年の高値を連日更新するなかで、このレベルから買いを入れるにはリスクが高過ぎるという市場の判断もあったと思われる。一旦下落をしないと買いは入れにくいのは確かだ。日足のボリンジャーバンドでは上限に沿ってバンドウオークしていたものの、中心線に引き寄せられ始めている。現在の中心バンドは 66円35銭付近に位置しており数日先には66円ミドル付近に上昇すると思われる。このレベルは9月23日の高値でもあり、下値目処としたい。ただ、本日そこまでの下落は難しく68円付近では一旦サポートされるとみる。

NZドル円予想レンジ:69円00銭~68円25銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する