ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2010-02

[全般] ポルトガルやスペインへの懸念から

円が急騰。特に何があったというわけではなく溜まったものが噴出したような昨日の動きだったようにみえる。結果的にリスク回避からなのか、クロス円などで円が最も買われて終わった。一つ一つ原因を分析してみよう。最初に出たのがECB金融政策発表後のトリシェ総裁の発言だ。「強いドルは世界の利益だ」と、これまでの米国の利益から世界に変わったことでドル高への発言が強まった。しかし、これまでの言い方が変わったというだけで特にこの発言が影響したとは思えない。BOAに対しクオモNY司法長官がBOAの元CEOが200億ドルの救済を得るために虚偽の報告をしたという事で起訴。これにより金融市場の混乱が再び起こるのではといった憶測が株式市場で広がりNYダウが1万ドル割れ直前まで下落。しかしこれもそれ程の影響があるとも思えない。その後、NYダウの下落が欧州の株価下落を引き起こし、そのことでギリシャだけではなく先日から取ざたされたポルトガルやスペインへの財政懸念が再燃。これも今すぐどうのという事ではない。更に、ガイトナー長官の発言から人民元の切り上げが近いのではという憶測も広がり円高に繋がったが、これもこれまで何度も言われたことだ。最も影響を及ぼしたと思えることはギブス報道官の一言か。当初の予測よりも雇用が失われた可能性があるということから本日の雇用統計では過去のつけが回ってきて相当悪い数字が発表されるということだ。これもただの憶測であり、ここまで反応するものではないだろう。ただ、これらの事が纏まると市場の不安が拡大し、見えない不安に怯えたという事かも知れない。いずれにしても今日の雇用統計が当初の予想通り良い結果に終われば元のレベルに押し上げられるとみている。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 晴天の霹靂

(米ドル円日足)


ここまでドル円が下落するとは正直思ってもいなかった。まさに青天の霹靂という言葉が当てはまる。一時パニック状態のような損切りの嵐が見られた。安値は88円50銭を付け、この日の高値91円台から約2円50銭余りの下落となった。この動きは昨年11月27日 の最安値を付けた時と似ている。ボリンジャーバンドの下限を大きく抜けているものの、その後上昇に転じたが、今回もボリンジャーバンドを下回った。これが相場の転換点となるのか、或いはこのまま下落が続くのかは今日の雇用統計次第という事だろう。ただ、今回の下落で上値への恐怖感が高まった事はたしかだろう。買い戻しが入ったとしても、91円台が今後大きな抵抗になりそうだ。

米ドル円予想レンジ:88円75銭~90円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] 1.37ドルのサポート

1.37ミドルからちょうどにかけてユーロドルは当面のサポートと見られていたが、そのレベルまで下落してきた。ギリシャから発してポルトガルやスペインへの財政懸念が広がったこともあるが、米国の株式市場が1万ドル割れ寸前まで来たことでリスク不安が急速に高まったためとも言えそうだ。ただ、それだけではなく、これまでのユーロが買われ過ぎた反動が継続しているだけだと考えた方が納得はいく。ユーロは一旦どちらかに動きだすとなかなか止まらないというのが過去の動きから見られ、今回もレベル感から逆張りをすると大きな痛手となりそうだ。今日の雇用統計次第で、このレベルが抜けるかどうかを見極めてから動きたい。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.3850~1.3700

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する