ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2010-03

[全般] 見えてきた方向

米国2月の小売売上高が豪雪の影響で大きく落ち込むとみられ事前予想はマイナス0.2%となっていたものが、プラスの0.3%と高数値が発表された。先週の雇用統計に続いて米国景気の改善傾向が見え始めたともいえる結果だ。この結果を受け最も素直に反応したのはドル円だった。91円付近のストップを断続的に巻き込みながら91円10銭付近まで上昇。その後ミシガン大学消費者信頼感指数が予想の74を下回る72.5と弱い結果を示したことで結局行って来いとなった。ただ、ユーロ円やポンド円などの主要なクロス円全に底堅さが見え始めていることから少しずつ方向が見え始めたとみることが出来そうだ。大きな改善が現れるのはまだ先で、今週のFOMCなども含め今後の指標を一つ一つ見極めていくことになりそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 91円台をみて

(米ドル円日足)


米国小売売上高の好調な数字を受けてドル円は90円ミドルから一気に90円後半に上昇。91円手前には防戦売りや実需の売りなどが並んでいたとみられ一旦もみ合いが続いたものの91円を付けるとストップを巻き込み91円08銭まで上昇。その後ミシガン大学消費者信頼感指数が予想を下回る数字が発表されたことで再び91円ミドルまで押し戻され往って来い。今回は珍しくドル円だけに反応したのは出遅れ感があるためとみる。3月はレパトリの売りがあるとか言いながらドルベア派が多いだけに、今後更に上値を追う可能性が高いとみる。週末の終値で雲の上限を下回らなかったことで強気派が増えるとみているが、今日は底が上がったかを確かめるために下押しの場面も見られそうだ。一目の基準線が90円15銭付近をサポートしており、昨日の安値でもあることからこのレベルを下回らなければ買い安心感が広がり買いが強まるとみる。

米ドル円予想レンジ:91円20銭~90円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] ギリシャ問題への関心が薄れる

(ユーロ米ドル4時間足)


どうも大底を打ったようなチャートの形に見えてきた。それ程大きく反転するとも思えないが、これまで底値圏で小さな山を何度も繰り返して固めた後に頭を持ち上げてきている。約ひと月前のレベルまで回復しており、次の目標は2月2日の高値の1.38ドル付近とみるが、今週はFOMCなどを控えておりその前後で1.4ドル台も視野に入り始めたとみている。
昨日はレーン欧州委員長のギリシャを見捨てないという発言や、トリシェ総裁がギリシャ政府の今回の対策を評価する発言などもあったが市場の反応は薄い。それだけ問題が後退したということだろう。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.3840~1.3720

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円] ダブルボトムか

(ポンド円4時間足)


今年の5月に行われる総選を控え労働党の支持率が衰えていることから財政赤字の立て直しが遅れるという見方なども根強い。ギリシャと変わらないという話も広がり1月には1年ぶりの安値を付けた。これだけの悪材料が続けば流石に売り玉も尽きて来たのか底堅い動きがみられる。ユーロの回復も影響しているものと見え、今週は上値を試しに行くとみる。時間足を見ると3月初旬に付けた137円35銭を上抜いたことでダブルボトムを形成したとみることができる。今日は61.8%戻しの139円20銭付近を目標と見て押し目を拾う。

ポンド円予想レンジ:139円20銭~137円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する