ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2010-03

[全般] 相場の流れに変化

いよいよ始まったといってよいのかもしれない。ユーロが今年最安値を更新するということもそうだが、ドル円がこれまでのレンジをやっとのことで抜けだした事がその兆しを示している。東京市場ではドルが全般的に堅調な動きを示したものの、それ程大きな動きが始まるという兆しは見えなかった。前日からのギリシャへの支援の行方が混沌とする中、取りあえず今日から始まるEU会合で何か具体策なりIMFやEUの資金援助の可能性が見いだせるまでは少なくともユーロを買えないという動きが見え始めていた。そこにフィッチがポルトガルの格付けをAAからAAマイナスに引き下げたことで一気にユーロは今年の最安値を更新し、ドル円は91円台に突入。その後もギリシャへの支援に対してEU内での不協和音が高まることで更にドル買いの動きが加速した。ここで注目したいのはクロス円が全般的に強い事だ。これはドルが買われているという以上に円売りの動きが強まっているということだ。もしかしたら日本の機関投資家が円売りを始めた可能性もある。3月は円買いという動きしかないというのは間違いで、出遅れた機関投資家などはいつでも外債の買いを入れる準備はあるということだ。一日だけではまだ何とも言えないが、ユーロはさておき、円安の流れが始まった可能性が非常に高い。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 円安の流れの始まり

(米ドル円日足)

USDJPY0325_hiashi.jpg


(米ドル円時間足)


89円80銭から90円80銭のレンジを数週間ぶりに放れ92円台まで上昇した。特に円安の材料があった訳ではないだけに寧ろ本物の上昇のようにも思える。ただ、これまでのうっ憤が一気に噴き出したような動きだけに一旦は戻しの動きもありそうだ。200日移動平均線と下降トレンドの位置する91円ミドルを抜けたことでこれまでのレンジを完全に抜け出したとみて良いだろう。フィボナッチの76.4%戻しの92円40銭で見事に止まったのは、それだけテクニカルのチャートを見ながら取引をしているところが多いということだろう。そうなると、このレベルでは利食いが先行しやすく東京市場では利食いや輸出の売りが出るとみる。時間足のフィボナッチで見ると91円75銭が最初のサポートになり、その下は50%戻しの91円10銭だ。91円10銭はレンジの高値であるだけに押し戻す可能性があるものの、もし91円75銭で止まれば上昇トレンドに入ったとみたい。

ドル円予想レンジ:92円65銭~91円75銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] 底なし沼に入った可能性も

(ユーロ米ドル週足)


ドイツがIMFの支援も視野に少し歩み寄る動きも見られたものの、EU内の混乱が明らかになることからユーロがじりじりと軟調な地合いで推移。そこにポルトガルの格付け引き下げの話が広がり一気に今年最安値を更新した。EU会合での結果を前にユーロへの不信感が拡大した格好だが、昨日の1.34ドルを割り込んでからの下げ方を見ると下落の勢いが止まらない可能性がたかそうだ。殆ど戻しらしい戻しがなく、それも同じリズムで下げてきている。1.35ドルを挟んだもみ合いが長く続いただけに下落幅も大きくなるとみる。週足のフィボナッチでは、今日明日の会合の期間に76.4%戻しの1.3090まで付けに行く可能性が高まった。

ユーロドル予想レンジ: 1.3350~1.3210

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 金利差の恩恵

(豪ドル円日足)


クロス円は全面的に円安の動きが強まる中で、やはり4%の金利水準ということや来月の利上げ期待もありその上昇は際立つ。日本のいくつかの機関投資家が外債投資にノーヘッジで動き始める検討に入ったという記事があり、その前に買っておこうという動きもありそうだ。ただ、今日明日のEU会合が終わるとユーロの買い戻しの動きが始まる可能性もあり、そうなれば豪ドルなどの資源国通貨は一旦売りが強まる可能性がある。日足のフィボナッチでは76.4%戻しのレベル83円85銭付近で頭を抑えられたのを見ても、一旦は利食いを入れておきたいレベルだ。まだ、ディップを付ける時はあるので焦ることもないだろう。

豪ドル円予想レンジ:83円90銭~83円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する