ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2010-05

[全般] NYダウ乱高下~円買い

先週はギリシャ支援を巡りユーロが年初来の最安値を更新。その後も支援の思惑から乱高下を繰り返す動きが目立ったが、NYダウも同様に激しい動きが続いた。週初に210ドル余り下落したと思ったら二日で170ドル余り上昇。そして週末金曜日には160ドル近く下落するなどジェットコースター波の動きを見せた。
先週末はユーロ圏財務相会合が今週2日に開催させるということが明らかになった。市場はギリシャ支援がここにきてやっと実行されるのでは、という思惑からユーロ買いが強まり100ポイント余り上昇。実際に資金の受け渡しが行われればギリシャ問題に翻弄された市場も、ひとまず落ち着きを取り戻す事になりそうだ。一方でNY時間にはゴールドマンサックスの格付け引き下げの噂が流れNYダウは下落。実際はS&Pが投資判断をHOLDからSELLに引き下げた事ではあったが、更にゴールドマンが刑事捜査を受けるという観測が広がった事が株価の下落を誘った。ギリシャ問題からスペインやポルトガルへ影響が波及するかユーロへの不安は尽きない。また、金融規制改革法案に向けてゴールドマンへの追及もまだ続くだろう。しかし、NY株式はその材料による乱高下というよりも、高値圏での調整の動きと見る事が出来る。この乱高下によりリスク回避から円買い強まったが、NYダウの動きも次の上昇が始まる踊り場と考えれば一時的な動きとみてよいだろう。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 展望レポートもノーサプライズ~円売り

(米ドル円時間足)

USDJPY0503_jikannashi.jpg


(米ドル円日足)

USDJPY0503_hiashi.jpg

東京時間に発表された注目の日銀展望レポートは予想通りマイナスからプラスに転じると上方修正。しかし、市場は殆ど反応せず世界的なレベルからみて依然として極めて低いレベルであることから寧ろ円売りとみるところもあったほどだ。その発表後に白川日銀総裁が『今後も極めて緩和的な金融環境を維持していく』と述べたことで円売りが強まった。また、ギリシャ支援が2日にEU首脳会合が開かれることで期待が高まりドル円は一時94円57銭と今年高値付近まで買われた。その後はNYダウの急落でリスク回避からの円買いが強まり結局殆ど始値と変わらぬ94円付近で引けた。日足のローソク足をみると長い上ひげが出て終わり、もう一段の売りが出やすい。93円90銭付近は強いサポートだが、62.8%戻しの93円50銭付近までの下げもありそうだ。

ドル円予想レンジ:94円35銭~93円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] ギリシャ支援の合意近い

(ユーロ米ドル時間足)



(ユーロ米ドル日足)

EURUSD0503_hiashi.jpg

2日にEU首脳が緊急会儀を開く事が明らかになり、ギリシャ支援の合意が近いとみてユーロは上昇。しかし、日足の下降トレンドラインが上値を抑えていることや、実際に支援が行われるまでは買い戻しの動きにも限界が見られた。時間足で見ると短期的だが上昇トレンドが始まっているのが見られ、実際に支援が行われれば日足の下降トレンドを上に抜けていくとみる。
材料不足の時にはテクニカルで動く時が多く見られるが、昨日のポンド円もそれがみられた。欧州時間には英国の格下げの噂が流れたものの、殆ど売りが見られず底堅い動きで推移。東京市場では結局売りが見られたものの、結局は今週の高安の61.8%戻しである144円30銭まで戻されて止まった。ギリシャ問題も今週末に支援の決定が見られる可能性が高く、リスク後退の動きからポンドの買いは更に強まるとみる。今週高値の146円付近までの戻しも十分視野に入ってきた。

ユーロドル予想レンジ:1.3400~1.3250

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 利上げ期待とギリシャ支援も織り込み調整の売り

(豪ドル円日足)



(豪ドル円30分足)

AUDJPY0503_30punnashi.jpg

東京の日中に消費者物価指数の結果によりRBAの利上げ期待の高まりから今年高値を更新。88円02銭まで上昇した。ギリシャ支援も2日にEU首脳会議が緊急会合を行うということもあり高値を試しに行ったとみられる。しかし、その後ゴールドマンの格下げの噂などからNYダウが大きく下落するとリスク回避の動きから豪ドルも売りに転じた。取りあえず高値を見に行ったことや週末のポジション調整の動きなどからの押し戻しと見る。明日はRBAの会合が開かれることから、それまではもみ合いが続くとみる。

豪ドル円予想レンジ: 87円30銭~86円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する