ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2010-06

[ユーロ米ドル] 1.24ドルが上値を抑える

(ユーロ米ドル時間足)


アジア市場から1.24ドルに何度か乗せたものの買いの勢いは見られず、結局殆ど目立った動きはなく横這いが続く。メルケルドイツ首相はユーロ圏27カ国全てがストレステストを行うことに合意したと発表。これは危ない銀行が欧州内ではいないという自信を示そうとするものだろうが、全ての金融機関に結果公表を強制することはできないとの見解を示した。これにより公表しない銀行は問題があるのではということにもなることから公表される7月までは動きがとりにくそうだ。欧州危機への懸念が薄らいだことから1.18ドル台から反転して1.24ドルまで戻した勢いもそろそろ衰えてきているように見える。1.24ドルを再び試して抜けるのか跳ね返されるのか注目。それにより今週はその調整の買い戻しが終わったかどうかを確認できるかもしれない。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.2450~1.2360

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[スイスフラン円] GDP見通しを上方修正

(スイスフラン円日足)


(スイスフラン円時間足)

CHFJPY20100621_jikannashi.jpg

スイスの調査機関であるKOFが2010年のGDP見通しを1.7%から1.8%に上方修正したことでスイスフランは堅調な動きが継続。ユーロスイスも最安値を更新するなど、介入資金がそろそろ限界という見方もありユーロスイスの売りを仕掛ける投機筋も見られる。
ユーロが全般的に買い戻しが強まる中でスイスフランはこれまでの売り介入の反動もありもう一段の上昇も見込まれる。82円付近は61.8%戻しのレベルにあたり一旦は上値を抑えられたが、抜けるのは時間の問題とみる。時間足のボリンジャーバンドの幅が再び縮小していることからそろそろ動き出す頃だ。

スイス円予想レンジ:83円20銭(76.4%)~81円60銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般] NYダウの下落でドル全面安

アジア時間にはECBがストレステストの結果をスペイン筆頭に公表すると発表。ユーロは一瞬売りが強まったものの、寧ろ前向きな姿勢を示した事が好感されたのか上昇に転じた。NY時間が始まり米国消費者信頼感指数が発表。予想通りの結果となったものの、同時に発表された新規失業保険申請件数が予想以上の弱い結果となったことでNYダウは失望売りで下落。これを受け原油価格が下落に転じるなどリスク回避の動きから円買いが一斉に始まった。ドル円は一時90円ミドルまで下落するなどNYダウ主導の動きが目立った。スペインの金融不安が取り沙汰されるなか同国は10年債と30年債の入札が行われ35億ユーロの調達が出来たことで市場の不安感は遠のいた。欧州危機はこの動きを見るとこれまでとは違い大分不安感は薄らいだとみてよいだろう。ユーロの上昇を受けNYダウは引けにかけて買いが強まりプラス圏で引けた。今後はNYダウの動きによりドル主導の相場が所々でみられるだろう。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 下値を試すものの抜けきれず

(米ドル円日足)


NYダウの下落とともに円がリスク回避の動きから買いが強まり91円を割り込んだ。91円ミドルから下にはまとまったロスカット注文があるということから投機筋が売りを強め90円50銭まで売り込んだ。しかし、このレベルは6月1日にも下値を試して90円54銭で跳ね返されており買い注文も大分あったとみられる。結局NYダウもユーロの買いが強まるとともに上昇に転じたことでドル円も買い戻しが入った。引け値ベースでチャート上の三角持ち合いの下のラインを上回った事でまだこの持ち合いは継続とみる。昨日下値を試した事で今日は週末ということもありショートの 炙り出しを狙った動きが強まるとみる。

ドル円予想レンジ91円50銭~90円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] スペインの入札結果が無事終了

(ユーロ米ドル日足)


ECBがストレステストの結果を7月に公表する事を明らかにした事で一瞬ユーロが売られる場面もあったが結果的に市場は前向きに捉え上昇。また、スペイン首相が「ストレステストで噂が事実ではない事を示すだろう」とストレステストの結果に対し強い自信を示したことでも安心が広がった。これによりこの日に行われた10年と30年の国債入札は順調に行われ目標の調達額である35億ユーロを達成。これを受けてユーロは堅調な動きが続いた。まだ不安が残る上昇だが7月のストレステストの結果が出るまではふらふらしながらも上昇は継続と見る。ボリンジャーバンドの中心移動平均線を上に抜けており、次は上限バンドの位置する1.25後半を試しに行くとみる。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.2580(ボリンジャーの上限バンド)~1.2330

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[スイスフラン円] 金利据え置かれたもののGDP伸び率で

(スイスフラン円日足)


この日SNBCスイス中銀は政策金利0.25%を据え置いた。しかし、今年のGDP伸び率を従来の1.5%を2%へ、インフレ見通しも0.7%から0.9%に引き上げた。また声明ではデフレリスクが遠のいたという見方を示し、更に前回にあったスイスフランの過度な上昇を断固阻止するという文言が削除されていたことでスイスは上昇。ユーロスイスは上昇したものの、対円では上昇が目立つ。82円付近は一旦レジスタンスとして上値を抑えられたものの、この買いの勢いはまだ続くとみる。

スイス円予想レンジ:82円50銭(76.4%戻し)~81円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般] スペイン問題の行方

欧州危機も徐々に落ち着きを取り戻し、ユーロ買い戻しの動きが見られたと思った矢先に再びスペイン問題が浮上。前日にスペインの金融機関の問題が取り沙汰され否定されたものの、昨日はEU・IMF・米財務省がスペイン向け流動性対策に最大2500億ユーロの融資枠を検討していると報じられた。スペイン国債とドイツ国債の利回り格差が過去最大となったことで欧州市場が始まると再びユーロ売りが強まった。欧州委員はこの報道を否定したが、前日からの一連の報道は否定されているもののスペイン財政に対する不安が高まりつつある事を示すものだ。しかし、ギリシャ問題からPIIGS、そして東欧にまで火の手が回っている事は既に承知の上でユーロの買い戻しが起こり始めていることから、この問題も一時的なユーロ売りに終始するとみる。もし、これで再びユーロが安値を更新するのであれば第2段の始まりと見る。NYダウは住宅着工件数の悪化とスペイン問題で売りが強まったが引けはほぼ前日と変わらず、こちらも様子を見ている風だ。ユーロとNYダウともに調整の動きかどうか今日明日の動きをみたい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] レンジを抜け出せずもみあい

(米ドル円日足)


アジア市場では底堅い動きを示していたドル円もスペインの財政問題が再び浮上。NYダウ先物がマイナスになるなどドル円の買いの勢いは減速。NY市場に入ると米国5月住宅着工件数が59.3万戸と再び昨年末の低水準に落ち込んだことやスペイン問題でNYダウが軟調なスタート。ドル円もこの動きからこの日の安値91円09銭を付けた。この安値は前日の安値91円08銭とほぼ同じで、結局跳ね返されたことから当面のレンジの下限を確認したとみる。NYダウはその後回復に向かい引けはプラス4ドルと殆ど変化なく終わった。スペインの問題をどう処理できるかで市場の動きがはっきりしてくるだろう。日足を見ると三角もちあいが収束に向かっているためそろそろ動き始める時は近そうだ。それまでは91円から92円のレンジとみる。

米ドル円予想レンジ91円90銭~91円10銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] スペインの財政問題浮上

(ユーロ米ドル時間足)


前日から浮上したスペインの財政問題。昨日はEUとIMFそして米国財務省がスペインに最大2500億ユーロの融資枠を検討していると報じられた。これだけ具体的な数字が出ているということは火のないところに煙は立たない。欧州委員が否定しようが市場は反応せざるを得ない。スペイン国債は売りを浴びドイツ国債との利回り格差が過去最高になるなど再び欧州危機に火が付きかねない状況だ。しかし、ユーロは比較的堅調な動きが続いているのは、それだけ売りの勢いがこれまでとは異なるということだ。時間足もほぼ高止まりの状態でもみ合いが続くが、市場の不安感は大分和らいでいる。時間とともに上値を再び試しにくるとみる。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.245(5月28日高値)~1.2250

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル] FSAの廃止

(ポンド米ドル時間足)


オズボーン英財務相は2012年までにFSA(日本の金融庁にあたる)を廃止してその代りに三つの組織を設立する法案を提出する事を発表。また、BOEにFPC(financial policy committee)を設立し、システミックリスクを監視しキング総裁が議長を務めるというものだ。この発言からかポンドの売りが強まる中、キング総裁が「出口戦略において保有債券を売却する前に利上げを行う可能性がある」と発言。しかし、ポンドの売りは止まらず結局この日の安値でNY市場を引けた。ユーロの堅調な地合いとともにポンドも底堅い動きに変わり、更に利上げ観測から下げた場面ではしっかりと買いが見られる。時間足チャートでは上昇トレンドのチャネルに入っていることから、その下限付近の1.46後半は買いと見る。

ポンド円予想レンジ:1.4870~1.4670

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般] 調整を繰り返しながら底固め

前日押し戻されたNYダウは朝から一本調子で上昇し前日より213ドルも高く終えた。その動きに引きずられるようにユーロも1.23ミドル付近まで上昇するなど、これまでのユーロ主導型からNY主導型に変化した。アジア時間では前日のダウの下落につられユーロやドル円ともに軟調なスタート。欧州時間に入るとフランス大手銀行のソシエテジェネラルの不良資産問題が指摘され先日のギリシャ格下げの話もありユーロが弱含む場面も見られたが、その後否定された。また、アイルランドなどの入札が好調な結果となった事で欧州全体に安心感が漂い始めている。欧州の問題自体が徐々に売りに反応しにくくなる中、米国の経済に市場の注目は移り始めているということだろう。この日発表されたNY連銀製造業景況指数は予想を下回ったものの前回よりも拡大したことを好感するなどこれまでの反応と大分変化。昨日はリスク回避後退の動きからドル主導の売りが強まり円売りの力を上回った。円とドル、そしてユーロは調整を繰り返しながら今後も継続と見る。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 一進一退を繰り返し

(米ドル円時間足)

USDJPY20100616_jikannashi.jpg

(米ドル円日足)


アジア時間では前日のギリシャ格下げ問題によりNYダウが下落したことでドル円も軟調な地合いで始まった。クロス円も全般的に上値が重く、東京のオプションのカットオフタイム15時にはポンド円などを中心にまとまった売りが出た。これを受けドル円も91円前半まで売り込まれたが、地合いは強くこの近辺では買い戻しが見られた。NY市場ではNY株がスタートから上昇して始まりリスク回避の動きが後退。これによりドル売り円売りが強まりお互いに引き合いながらドル円は小幅な動きに留まった。NYダウも今後一本調子で上がるとも思えず、ユーロとともに一進一退の動きを繰り返しながら上昇するとみる。従って、ドル円も後退してもそれ以上に上昇するといった繰り返しと見る。今日は92円付近をもう一度試すとみるがまだ越えていくには力不足か。

ドル円予想レンジ91円90銭~91円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] NYダウに引き上げられ

(ユーロ米ドル日足)


ギリシャの格付け引き下げも既にS&Pが4月に引き下げており、ムーディーズも数週間前に引き下げることを発表していただけに、これ自体の影響はそれ程大きかったとはいえない。寧ろ、悪材料の出尽くし感もあり調整の売りのタイミングで出た材料ともいえる。アイルランドの国債入札が好調な結果となり17日からのスペインの入札にも期待が高まる。昨日は結局NYダウの上昇に引きずられる形でユーロが上昇。これまでユーロがNYダウを牽引していたのに比べれば市場の動きが変化した事が窺われる。ただ、依然ユーロが今の市場をリードしていることもあり暫くはユーロとNYダウは交互に影響を与えながらの動きと見る。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.245(5月28日高値)~1.2250

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円] 利上げ期待も

(ポンド円日足)


前日にBOEが今年後半にも利上げに動く可能性が示されたが、昨日発表の5月消費者物価指数が予想の3.5%を下回る3.4%、前回の3.7%よりも弱い結果となりポンドは下落。しかしBOEのターゲット2%を依然上回る水準であることから前日の利上げ期待は現実として市場には見えてくる。東京の15時にもまとまった売りが見られ、この指標発表でも売りが出たものの最終的に底堅い動きとなった。ドル売りの強さがポンドを底上げしたのと同時にポンドの買い需要の強さも感じさせる。ドル円の底堅い動きはこれからも続くとみるとポンド円の上昇はまだかなり余地がありそうだ。

ポンド円予想レンジ:136円40銭~135円

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般] 欧州の悪材料も反応弱まる

週明けのアジア時間では前週のNYダウの回復からリスク選好の流れを引き継ぎユーロやドル円など堅調な動きで始まった。
ブラードセントルイス連銀総裁が「中国の急速な成長はバブルではなくファンダメンタルズと一致」など、世界経済に達観的な発言をしたこともリスク選好の動きが強まった。また、大手英国紙が「センタンスBOE政策委員がBOEは第3四半期に政策金利を引き上げざるを得ない可能性も」と発言した事でポンドが上昇。これにつられて市場の雰囲気は楽観的なものに変わってきた。しかし、スペインの銀行がECBからユーロの借り入れを行っていたことで資金調達が困難との憶測が広がったが、その後ECBが否定したものの憶測は消えていない。NYダウは堅調な動きで始まりユーロはスペインのニュースでは影響は見られず、これまでの動きとはまるで別人のような動きをしめした。しかし、NYの午後に入りムーディーズがギリシャ格付けをジャンク級に引下げた事でNYダウが下落。これに合わせてユーロだけではなくドル円なども利食い売りなどから押し戻された。しかし、下げもそれ程大きいものではなくNYダウはマイナス20ドル小幅となり調整の売りとしてみるといいガス抜きとも言えそうだ。この上昇はまだ継続するとみて良いだろう。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 一先ず92円台を付けたものの

(米ドル円時間足)


東京時間にドル円はじりじりと底を切り上げ午後に入りオプション絡みと思われる買いが出て92円をワンタッチ。その後は利食いで直ぐに戻されたが欧州時間に入り再び92円をつけるとストップを誘発。92円10銭を付けたものの、実需の売りなどが待ち構えていたということから押し戻された。その後NY時間でムーディーズがギリシャ国債をジャンク級に引き下げた事を機にNYダウが下落。リスク回避の動きからクロス円が下落するとドル円もこの日の安値付近の91円43銭まで下落。目先のロングが振り落とされたことで寧ろ、また上値を狙う展開がしやすくなったとみる。92円10銭はフィボナッチでみても固いレジスタンスではあるが、近々上に抜けていくとみる。

米ドル円予想レンジ92円00銭~91円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] ユーロ売り材料でも底固い動き

(ユーロ米ドル時間足)


欧州時間に入り4月のユーロ圏鉱工業生産が0.8%と予想の0.5%を上回ったことでユーロ買いが加速。アジア時間で堅調な動きを続けていたユーロは更に上昇し1.22ドルのレジスタンスをすんなりと抜け1.22ミドルをつけた。その後スペインの銀行がECBからユーロの借り入れを行ったという事が明らかとなり、スペインが資金調達に支障が生じているという話など憶測が飛び交い一時下落する場面も見られた。しかし、これまでのユーロとは違い再び買いが強まりNY時間には1.23ドル手前の1.2296ドルまで上昇。ほぼ伸びきた状態で今度はムーディーズがギリシャの格付けを4段階引き下げジャンク債級に引き下げたことが伝わると利食いのタイミングと重なり1.22ドル手前まで下落。つい先日であればこの程度の下げでは収まらなかったユーロだが、1.22ドルを割り込まずに終わったことで今日は再び買いが強まるとみる。ただ、昨日の今日でそのスピードは限られそうだ。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.2300~1.2180

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル] 利上げ観測強まる

(ポンド米ドル日足)


ユーロが堅調な動きが継続するなかでポンドもアジア時間からユーロの勢いはないものの底堅い動きが続いた。やや出遅れ感が目立つ中で英産業連盟が「BOEは第3子半期に利上げを行う」と予測。その話を裏付けるようにBOEのセンダンス政策委員が「BOEは下半期に政策金利を上げざるを得ない」と発言したことでポンド買いに勢いがついた。前日に200ポイント以上下げた分をほぼ取り戻し1.48ドル台まで上昇するなど、眠っていた子を起こした感じの動きとなった。ほぼ高止まりしたことで買いの強さは残ったと見る。ただ、東京市場では一旦押し戻される場面もありそうだ。1.47ドル割れに買いが見られるようであれば再び1.48ドルを目指す展開とみており、50%戻しの1.4860付近を利食いのターゲットに置く。その上の1.5ドルまではまだ時間が必要だろう。

ポンド米ドル予想レンジ:1.4860~1.4690

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般] 引けにかけNYダウとユーロの底堅さ目立つ

アジアの株式市場が全般的に堅調な地合いからドル円は底堅く推移。その地合いを引き継ぎ英国や欧州の株価も続伸するなど欧州財政危機への懸念が徐々に薄らぐ気配が感じられた。しかし、NY時間に入ると米5月小売売上高が-1.2%と予想の0.2%を下回りドルが全面安の展開となった。NYダウも前日の上昇とは反対に安値で始まるなど再びリスク懸念が高まるのかと思われた。しかし、家具や電気製品などの消費はしっかりとしていたことやミシガン大学消費者信頼感指数は予想を上回りNYダウは上昇に転じた。ダウが上昇するとクロス円の買いが強まるなどクロス円中心の動きが目立った。ロンドンフィクシング(日本時間24時)でユーロのまとまった売りが見られたが引けにかけて買い戻しが強まりフィクシングで下落する前の1.21ドルに戻して引けた。ユーロは先週後半に入りこれまでの不安感が後退し始め、今週は更に上値を試す展開を予想。NYダウも1万ドルを割り込んだものの押し戻されるなど底堅さを確認した。しかし、まだ不安感が完全に払しょくされたわけではなく不安定な動きはまだ継続するとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 雲の上に顔を出し

(米ドル円日足)


(米ドル円時間足)

USDJPY20100614_jikannashi.jpg

先週後半からNYダウが持ち直してきたことによりドル円もクロス円の買いに支えられて底堅い動きが目立った。このままNYダウが1万ドルを堅持できればドル円は91円を底に上値を試す展開と見る。92円付近には売りの残党が見られるが、それ程重いレジスタンスではなさそうだ。その上の92円80銭付近がドル円の難所になるとみる。ユーロの回復が強まれば一目のこれまでの上限でもあった93円ミドルも視野に入るだろう。

米ドル円予想レンジ:92円10銭~91円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] ユーロ安の恩恵が出始め

(ユーロ米ドル時間足)


先週前半までユーロ安容認発言が多く聞かれていたが、それに対してユーロの下げのスピードが減速し、寧ろ底堅い動きに変わり始めた。ベルギー財務相などの発言から1.2ドル付近がユーロの現在の適正レベルになるとの観測も広がった。ドイツなどユーロ安の結果欧州圏外への輸出が大きく増加するなど、ユーロ安効果が出始めている。取りあえず欧州の体力が回復するまで1.2ドル付近を底値に上値戻しを試す展開か。金曜のロンドンフィクシングにユーロが急落する場面も見られたが、その後はNYダウの回復に伴いユーロも急落前の1.2110ドル付近まで戻し、辛うじて1.21ドル台をキープ。この下げにより1.2ドルの底堅さを印象付けた。
フィボナッチの61.8%の1.2150ドル付近でもみ合いが続いているが、そろそろ上抜き1.2210付近を目指すとみている。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.2210(76.4%)~1.2070

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル] 短期決戦で早めの売買を

(ポンド米ドル時間足)


(ポンド米ドル日足)

GBPUSD20100614_hiashi.jpg

先週末は前日の上昇をほぼ帳消しにする下落となった。格付け会社フィッチが英国の財政問題の深刻さを指摘し、更にハンガリーの財政問題などからポンドの売り材料に事欠かない1週間だった。しかし、それでも先月付けた今年安値の1.42ミドルには届かず底堅さも見え始めている。欧州の財政危機に対する不安感が徐々に後退することもポンドの下支えになっているだけではなく、最近の英国経済指標でも比較的改善傾向を示している。当面6月22日の緊急予算発表を前に投機売りは仕掛けにくいとみる。今週は消費者物価や雇用指標の発表もあり、これらを背景に結果次第では上下に振らされる場面もありそうだ。最終的に往って来いの展開が予想され短期決戦で臨みたい。

ポンドドル予想レンジ:1.4670~1.4440

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般] ユーロ、NYダウともに上昇

注目されたECB金融政策会合では一部で利下げ期待もあったが現在の1%金利水準を据え置いた。また、トリシェ総裁の記者会見では金利について「現在の金利水準は依然として適切」として利下げの期待を一蹴した。また、注目されたユーロについては「ユーロは非常に信頼の出来る通貨」と発言した事でユーロは買い安心感が高まり大きく上昇した。欧州時間にスペインの3年物国債入札が好調で39億ユーロの調達が達成された事を好感し、既にユーロは1.2ドル台に乗せていた事が買いを更に強めたとみられる。NYダウは昨日発表された中国の貿易収支が大きく黒字が伸びたことで世界の景気をけん引するという見方もあり、またユーロドルの上昇を背景に急伸。273ドルと大きく値を上げて再び1万ドル台に乗せた事でリスク回避の動きが後退した。これまでの市場の雰囲気がこれで大きく変わった可能性もある。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] ドル安が円安を抑える

(米ドル円時間足)


中国の貿易黒字額が大幅に増加した事でアジアの株価も堅調に引けた。また、NZドルの利上げや豪州景気指標が予想を上回るなどクロス円の買いが強まった。欧州時間に入るとスペインの好調な国債入札やECBトリシェ総裁の発言などを背景にユーロが大きく上昇した事でNYダウが再び1万ドル台に回復。これによりリスク懸念の後退からドル安が進んだ。ただ、クロス円以上にユーロやポンドの上昇が強まった事でドル売りが主導となったことでドル円の上値も重い展開となった。しかし、流れは円安の方向に傾きつつあることからドル円も後からつられて上昇するとみる。

ドル円予想レンジ:91円80銭~90円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] トリシェ総裁の発言の重さ

(ユーロ米ドル時間足)


中国の貿易黒字額が大幅に拡大した事でアジアの株式市場は堅調な動きに転じた。中国が今後の世界の景気をけん引するという期待感が広がったためだ。これによりユーロも再び1.2ドル台に回復。欧州時間に入っても心配されたスペインの3年物国債入札が実施され、当初の目標額であった30-40億ユーロの調達に対し39億ユーロの調達が達成された事で欧州の危機感が急速に後退。ユーロにとっては追い風が続いた。更に、ECBのトリシェ総裁がユーロは非常に信頼できる通貨であることを強調。ユーロに関し最も権限をもつECB総裁の発言ということでこれまでの要人発言とは重みが違い、ユーロへの安心感が強まった。これでユーロは1.21ドル台まで上伸し、久しぶりにユーロが元気づいた。この動きが一時的なものか当面の底をついたものかを判断するには時期尚早だが、NYダウの上昇もあり底値感が出始めたとみる。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.2210(76.4%)~1.2080

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] NYドルの利上げや雇用統計改善で

(豪ドル円時間足)


昨日はNZドルが0.25%利上げされた事や、豪州の5月雇用統計が事前予想の2万人を上回る2.69万人と3カ月連続でプラスを記録した。失業率も5.2%と予想の5.4%を下回るなど豪州の景気が欧州の危機に影響されずに好調な動きを見せていることが好感されて、豪ドルは上昇している。また、豪州政府は資源税の導入に対してやや後ろ向きの姿勢を示したことも買い材料になった。最も影響が大きいと思われるのはアジアも含めたNYダウの動きだろう。昨日は1万ドル台に戻した事で、安心感が広がり豪ドルへの投資意欲は更に強まるとみる。76.4%戻しの77円70銭を上抜けば79円付近までの戻しもあるとみる。

豪ドル円予想レンジ:79円~77円

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般] 注目のバーナンキ議長証言

特に目新しい材料のない中で、この日唯一注目されたバーナンキFRB議長の議会証言が行われた。議長は「景気回復のペースには著しい抑制圧力がある」とし「景気が2番底に陥る可能性は完全に否定することはできない」と、前日の講演では2番底を否定していた内容とやや異なり、過度の米国景気回復への期待感を抑える様な発言をした。これにより株価やドルの上値が重くなり、一時回復を見せたNYダウも再びマイナスとなった。ユーロも一時1.2ドルの回復を見せたがNYの午後に再び割り込んで終わった。クロス円やドル円はほぼレンジ内の動きが目立つ一日だった。今日はRBNZやECBの理事会など注目されるイベントが多く、そろそろ踊り場から抜けだすか注目したい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] もみ合い継続

(米ドル円日足)


アジア市場では前日のNYダウの反発からリスク回避の動きが若干後退し91円ミドル付近でのもみ合いが続いた。しかし、NY時間に入るとバーナンキ議長の証言からNYダウが再び軟調な地合いに転じると円買いの動きが強まりドル円もこの日の安値91円06銭まで下落した。ただ、このひと月余り5月6日のレンジ内から抜けだせずにいる。日足のフィボナッチを見ると50%戻しの91円ミドルを中心に徐々に収束を始めているのが見える。そろそろ来週にかけてどちらかに動きが見られそうだ。今日はECBの会合がありトリシェ総裁の発言に注目。ユーロの下げ止まり感が出るかによりNYダウの動き次第でドル円が決まりそうだ。

ドル円予想レンジ:91円80銭~90円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] 1.2ドル回復後再び割り込む

(ユーロ米ドル時間足)


今日はユーロに関する売り材料が殆ど見られなかったことからユーロドルは1.2ドル台に回復する場面も見られた。しかし、その後バーナンキ議長の米国景気への牽制発言により再び下落に転じた。本日はECBの理事会が開かれる。何度か噂になった利下げの動きがあるか注目したい。もし、0.5%の利下げを行った場合は金利差からのユーロ売りというこれまでの反応は見られないと考える。寧ろ、欧州圏の回復にプラス材料となることからユーロ買いに反応するとみる。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.2150(61.8%)~1.1950

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[NZドル円] RBNZ利上げ実施

(NZドル円時間足)


先ほど行われたRBNZの政策決定会合で予想通り0.25%の利上げを行った。これによりNZドル円は現在昨日のNY時間に付けた高値付近に向かって上昇し始めた。一時NYダウを含めアジアなど株価の下落が目立ったことから利上げ観測が後退したものの、結果的に利上げを行った事で買いが強まった。それ程0.25%の利上げを織り込まれずに迎えたということだろう。ただ。依然として欧州の問題が燻ぶるなかで今後の利上げ期待もそれ程高まらないとみると昨日の高値である61円80銭付近は重いとみる。このレベルはフィボナッチの50%戻しでもある。もし上抜け出来るとしたら62円25銭付近までそれ程抵抗なく上昇するとみる。

NZドル円予想レンジ:61円80銭~60円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する