ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2010-06

[全般] 米雇用統計の失望とハンガリー懸念

菅新首相が誕生し市場は円安傾向に拍車がかかると煽り立てたところもあったようだ。しかし、それも米雇用統計の発表で一気に崩れた。NY時間に発表された米5月非農業部門雇用者数は予想された53.6万人を下回る43.1万人に減少。それも臨時の雇用者数を除くと僅か2万人に留まったことからドル円は急落。これに攣れてクロス円も一斉に売りが強まる中、ドルも対ユーロなどで買いが強まった。雇用統計の数字があまりに期待が高かったことから、その失望感がこの反動に繋がった。更に、欧州時間に「ハンガリー経済が極めて深刻な状況にあり、デフォルト観測も大げさではない」と報道が伝わった事でユーロが下落。更に、フランスのフィヨン首相がユーロ下落を懸念していないと表明した事でユーロドルは1.20ドル台に突入。これにより欧州の金融不安が再び浮上した直後に米国雇用統計が発表された事で、市場は過度に反応したとみる。これを受け、NYダウはマイナス323ドルと大幅な下落となり心理的な壁であった1万ドルを終値で下回るなど不安なムードは再び為替市場にも広がって終わった。今週はその流れを引き継ぐ形でユーロ安が進むとみた方がよいだろう。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 米雇用統計の失望感

(米ドル円時間足)


菅氏が新首相に決まり東京市場では円安傾向が強まり一時92円86銭まで上昇。一旦押し戻される場面も見られたが、その後欧州市場に入ってもその勢いは継続。2度目の92円86銭を付けたもののそれ以上に買いは続かず米雇用統計の発表待ちとなった。発表された5月米雇用統計では失業率が予想の9.8%を下回る9.7%となった。一方、期待された非農業者部門の雇用者数は43.1万人と予想された53.6万人を大きく下回った。更に、臨時雇用を除くとプラス2万に僅かな増加に留まったことでNYダウが下落。リスク回避の動きが急速に強まりドル円は一気に92円を割り込み、その後もNYダウの下落が止まらないことから91円42銭まで売られた。ハンガリーの財政懸念も浮上し再び悲観的なムードが漂い始めたが、ドル円に関して見るとドルの上昇と円買いが綱引き状態にあるため下値は限定的とみる。91円付近での押し下げがあっても最終的に買い意欲は残る。

ドル円予想レンジ:92円10銭~91円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] ハンガリーの財政不安からユーロ懸念強まる

(ユーロ米ドル時間足)



(ユーロ米ドル月足)

EURUSD20100607_tsukiashi.jpg

欧州時間にハンガリー報道官から「ハンガリー経済は極めて深刻な状況。デフォルト観測は大げさではない」と伝えられた。更に、フランス首相がユーロ安を懸念していないとユーロ安を誘導する発言も加わったことでユーロは今年最安値を下回る1.2ドル台に下落。その後も下落が止まらず、心理的にも大きな壁であった1.2ドルを割り込み1.1955ドルまで値を下げて終わった。これにより、一旦勢いが収まったとみられたユーロ圏の金融不安も再び第2弾が始まったとみる。ただ、NYダウが1万ドルを割り込んだことで米国からのユーロ安懸念に対し何らかの発言が出る可能性もある。そうなれば一気に買い戻しが入ることもありそうだが、流れに従うのが相場の常道だ。次のレジスタンスは2005年に付けた安値レベル1.17ドル付近か。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.2050~1.1900

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] リスク回避の動き強まり

(豪ドル円時間足)


リスク回避の動きが後退し、菅新首相の誕生から円安が強まるとみた投資家が豪ドルやカナダのリスク通貨の買いに走り始めたばかりだった。アジア時間に79円付近でダブルトップを付けたこともあり米雇用統計の発表前にポジション調整的な売りが出た。結果的に非農業者部門では臨時雇用の数字を除くと2万に程度の増加しか見られなかった事でNYダウが急落。ハンガリーの財政懸念の浮上により欧州全体に再び金融不安が広がる。NYダウが1万ドルを割り込んで引けた事で再びリスク懸念が拡大し豪ドル売りが強まったが、辛うじて75円手前で踏みとどまった。このレベルは時間足からも分かるように76.4%戻しにあたり、6月1日に付けた安値でもある。目先はこのレベルは固いサポートと見るが、ドル円の下落次第では73円70銭付近までの下げも考えておきたい。基本的に豪ドルの上昇トレンドは継続と見る。

豪ドル円予想レンジ: 76円20銭~75円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する