ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2010-07

[全般] NYダウ1万ドル回復で

NYダウが1万ドルに乗せて終えた事で、今後の市場の方向性が見えて来た。アジア市場では依然米国景気回復への懸念からドル売りの動きが強く、ドル円は一時87円割れ寸前まで売り込まれた。割れれば損切りのオーダーが並んでいるといわれ、その手前ではオプション絡みの防戦買いが並んでいるとかも言われたが、結局跳ね返された。ユーロドルもクロス円の売りに押されながら弱気の意見が多く、再び欧州への懸念が拡大するとの見方が増えた。ところが、NY市場に入るとメルケル独首相の発言などからストレステストに対し懸念が後退したことや米銀ステートストリートの決算が好調であったことなどで市場は一転。それにつれてユーロやドル円の買い戻しが強まり反発。また、NYダウが大きく上昇し1万ドル手前まで買われた。乗せきれるか注目されたが、意外とすんなり1万ドルの大台に乗せて引けたことで、市場の雰囲気はこれまでと大きく変ったとみてよいだろう。特に材料がなかっただけに市場の自律反転という事から楽観的なムードがこれから始まる可能性が高まったと考える。まだ市場では半信半疑の動きが続きそうだが、下値不安が後退したことからいずれ上値を試しにくるとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 87円割れ寸前で回復、七夕を境に反転

(米ドル円時間足)


七夕に相場が反転するという見方は過去何度かあったが、昨日も結果的に反転の兆しが出た可能性がある。87円割れには損切りが控えているということから大分投機筋の売りが出たようだ。経済新聞などが中国の日本国債の買いの話やシカゴ先物の円買いのポジションが増えていることなどを伝えるなどドル円を売り込む環境は整っていたといえる。結局、それにつられてドル円を売り込んだものの、87円手前でオプションの防戦買いなどで押し戻されてしまった。市場はまだ下を試そうとする意識がまだ大分残っているとみる。88円手前では実需も含め戻り売りを出してくるだろう。押し戻しが87円ミドル付近で跳ね返されるようであれば88円ミドル近辺までの上昇は十分期待できる。

米ドル円予想レンジ:88円20銭(50%戻し)~87円45銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] ストレステストへの懸念後退

(ユーロ米ドル日足1)

EURUSD20100708_hiashi01.jpg

(ユーロ米ドル日足2)


昨日のアジア市場ではNYダウの不安定な動きから再びリスクが高まるとみてユーロやドル円などの売りが強まった。しかし、欧州時間に入るとギリシャ国債のヘアカット(担保価格の割引率)が適用されるという事、それに対しスペインのヘアカット率が3%と低かったことで安心感が広がった。これによりストレステストに対しての懸念が後退しユーロは1.25ミドルをサポートされ反転。前日の高値とほぼ同レベルの1.2665まで上昇した。ただ、このレベルは5月21日の1.2674高値を超えていないことから、まだ予断を許さない。このレベルを超えられるかどうかが今日のポイントと見る。抜ければ50%戻しの1.2770をターゲットに買いが強まるとみる。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.2770~1.2600

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 金利差狙う動きが強まるか

(豪ドル円日足)


NYダウの急騰で俄かに豪ドルへの期待が高まるとみる。リスク懸念が後退した時に最も買いを入れたいのがこの豪ドルだ。金利は前日据え置かれたものの、4.5%の金利差は魅力だ。また、これだけ直近の安値レベルにいるという事はこれまで買い控えが見られただけに、そろそろ新たな買いが強まり始めるとみる。まだ疑心暗鬼から大きく買いを入れる事はなくても、下げたところは買いを入れ始めるだろう。当面のレンジの上限であった76円を超えていけば78円付近までは1日で届きそうだ。

豪ドル円予想レンジ:77円75銭(61.8%)~75円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する