ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2010-12

[全般] ユーロの下落継続

週明けの東京市場では韓国の射撃訓練による朝鮮半島における地政学リスクの高まりから円は弱含みで始まった。しかし、北朝鮮はこの挑発には乗らなかったことから逆に円買いの動きが強まる結果になった。欧州時間に入るとムーディーズがアイルランドの銀行5行の格付けを引き下げると発表。また、12月ユーロ圏消費者信頼感指数が市場予想を下回った事でユーロ売りを強めた。先週のアイルランドを5段階格下げした事の影響が依然として燻ぶるなか、このような報道に市場は必要以上に敏感に反応しやすい。ポンドはユーロの動きを先取りするかのように荒っぽい動きを示した。市場の参加者が少ない事もありこのような動きやすい通貨に資金が入りこみやすくなっているようだ。今日は日銀の金融政策決定会合を控えており、一部では追加緩和の発表を期待する声もある。もし、何もなければ寧ろドル円の売りに繋がる可能性もあり注目。


※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] 日銀金融政策決定会合に注目

(米ドル円時間足)



週明けから円は売られやすい展開で始まった。韓国が延坪島で射撃訓練を実施するという事から北朝鮮の動きへの警戒感から円は安く始まった。また、この日はゴトウビという事から輸入の決済が出た事もドル円を押し上げた。しかし、結局北朝鮮は「挑発に反応する価値はない」と表明しドル円の売りが強まった。その後欧州市場に入るとアイルランドの銀行格下げの話などからユーロは下落。同時にユーロ円やポンド円などのクロス円の売りがドル円の売りを強めた。本日は日銀の政策決定会合があり白川総裁が買い入れ規模拡大の話を持ち出せばドル円は上昇するとの期待感がある。反対に、もし何も変わらない場合はドル売りが強まり61.8%戻しの83円45銭付近を試すとみる。

米ドル円予想レンジ:84円20銭~83円40銭


※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 個人マネーの買い

(豪ドル円日足1)


(豪ドル円日足2)

AUDJPY20101221_hiashi(2).jpg


本日9時半に7日に行われた豪州中銀RBAの議事録が公開される。声明文ではインフレ率が今後数四半期ほぼ変わらず政策は適切との慎重な姿勢が示された。しかし、市場は今後も利上げサイクルが継続するとの期待感もあり、RBAの今後の姿勢に注目が集まる。
豪ドル円は10日連続陽線が続いた後に一旦利食いの売りに押し戻されている。当面のレジスタンスでもあった83円台を固めながら次の上値を探しているようにも見える。本邦からの外貨預金的な長期の豪ドル買いも続いており底値は切り上がったとみている。移動平均線の90日線が200日線をそろそろ下から上に突き抜ける時に来た。テクニカルを中心の買いが入れば今週中に更なる上値を試すときになるかも知れない。ただ、クリスマス休暇に入ることから年明けの可能性も考えられるが、そのためにも下値を仕込んでおきたい。

豪ドル円予想レンジ:83円70銭(12月14日高値)~82円70銭(23.6%戻し)


※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] 格下げ報道、過敏に反応

(ユーロ米ドル時間足)



先週アイルランドの格付けを一気に5段階引き下げ、更に見通しをネガティブにした事でユーロは下落。この日もその影響を引き継ぐなど格付け報道に対し過敏に反応しやすい状況が続いている。この日は一部のアナリストがフランスやベルギーの格下げの可能性を指摘した事で始まった。更にムーディーズが先週に引き続きアイルランドの銀行5行の格下げを発表するなど、ユーロ売り材料が軒並み続いた。
先週末の終わりから比べると200ポイント近い1.3095ドルまで下落。このレベルは時間足のフィボナッチ76.4%戻しのレベルでもあり一旦は跳ね返された。格付け引き下げの話だいぶ市場では織り込み始めているものの、過敏に反応。ポジション的には目先ユーロショートが出来あがっており今日は巻き戻しの動きが最終的に入るとみている。ただ、1.3090を下回ると1.3ドル割れも視野に入るので損切りは早めにした方がよさそうだ。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.3170~1.3100


※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する