ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2011-03

[全般] ユーロ売りと円買い

昨日は特に目立った材料はなかったものの先週まで買われたユーロの調整とみられる売りが強まった。
アジアから欧州市場にかけてリビアの混乱拡大を懸念したリスク回避の動きが強まり、円やスイスなどの安全通貨が買われた。また、ムーディーズがギリシャの格付けを3段階引き下げる事を発表しユーロが一時対ドルや対円で大きく売られる場面もあった。しかし、利上げ期待のユーロ買いは根強く、下げたところで買いが待ち構えていた事から下落前よりも上昇。1.4ドル台を上に抜けて1.4035と今年最高値を更新。全般に荒っぽい動きが続く中でNY市場に入るとポジションの巻き戻しが強まりドル全面高となった。金利差からのユーロやポンドの買いも一巡したとの見方が広がったドル買い戻しの動きだが、これが調整的な売りかどうかはまだはっきりしない。忘れかけていたギリシャ問題も再び取沙汰されるなどユーロは依然としてリスクがつきまとう。今日もどこまでユーロの下落は続くか見極める事にする。


※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] ドル買い戻し継続

(米ドル円日足)


(米ドル円時間足)

USDJPY20110308_jikanashi.jpg

リビアの混乱が拡大し長期化する可能性も出て来た事でアジアや欧州市場ではリスク回避の動きが強まり円買いの動きが目立った。しかし、NY時間に入るとユーロの売りをきっかけにドルは全面的に買いが強まった。この動きに攣られて一時82円を割り込んだドル円も再び買いが強まりこの日の高値82円30銭付近まで上昇してそのまま引けた。
米国長期金利の上昇がドル高を促した面もあり米国景気回復の動きが今後見直されれば期待感の高まりからドル買いは強まるとみる。一目の雲を跨いで不安定な動きが繰り返されており、どちらにも大きく振れるとも思えないが、82円の底が固まり始めている。今日は時間足でみた50%戻しのレベル82円50銭を試す展開とみる。

米ドル円予想レンジ:82円50銭~81円95銭


※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] ギリシャの格下げなどで再びリスク拡大

(ユーロ米ドル時間足)


先週まで利上げ期待で買われたユーロに売りが強まった。リビア情勢の混乱が長期化するとの見通しの中で原油は更に上昇し、世界的なインフレ懸念が強まる。昨日の主要国中央銀行総裁会議後にトリシェ首相は懸念に対して強い警戒を示し、各国もその懸念を共有すると発言。米国だけが利上げを様子見という状況も、今後それ程続かないと市場は見たのか、ユーロ売りの動きがNY市場で強まった。NY市場でユーロは1.4ドルの大台に乗せた事で目先達成感が強まった事も売りを誘った。結局23.6%戻しの1.39ミドルまで下落した。下落幅はまだ小さく買い意欲が依然強い事を示している。ただ、かなり投機の買いポジションが積み上がっている事から今日ももみ合いが続けばもう一段の下げもありそうだ。
ギリシャの格下げで忘れていた懸念が再び拡大すればユーロの売りも本格化してくる懸念もあり下落リスクが高まってきた。今日の下値は50%戻しの1.3870近辺とみる。

ユーロ米ドル予想レンジ:1.4000~1.3870


※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

[ポンド米ドル] BOE委員の交代で利上げのスタンスに変化も

(ポンド米ドル時間足)


ユーロとともに利上げ観測の高まりから対ドルで上昇が続いたポンドも週明けの昨日は売りが強まった。米国の利上げが遅れるといった各国金融政策の温度差がもたらした上昇だが、先週の米国景気指標は堅調な回復を示している。利上げ期待はそろそろ織り込み始めた可能性もあり、ポンドの調整的な売りはまだ続くとみる。昨日はBOEの新政策委員としてこれまで利上げを強く主張したセンタンス委員が退任しGSでエコノミストを務めるベン・ブロードベント氏が後任になる事が決定。これまでのBOEの政策であるタカ派からハト派に変るとの見方も浮上し、ポンド売りを更に強めた。普段ではこの程度のニュースは為替への影響は限定的だが、それだけポンドの買いポジションが膨らんでいたという証拠だろう。
結局50%戻しの1.6180付近で下げ止まったものの、戻しがあまり見えない。今日はその下の76.4%戻しの1.61ドル付近まで下落するとみる。

ポンド米ドル予想レンジ:1.6220~1.6100


※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する