ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2011-08

[全般]  米債務上限引き上げ、上院でも可決したものの

昨日は米国債務上限引き上げ法案が下院に続き上院でも可決されたものの、市場の反応は寧ろネガティブに働いた。市場は更に安全な通貨であるスイスや円、そしてドルや金といった流れが更に強まる。また、国力のある日独米の債権市場にも資金が流れ込み長期金利の低下が著しい。一方でNYダウの下げは止まらず昨日もマイナス265ドルと大幅に下落した。この日発表された米消費支出が予想を大きく下回るなど、前回発表されたISMやGDPと同様に米国景気減速がここにきて更に目立ち始めた。米債務問題が一先ず決着したとしても資金の流れは世界的な景気減速に繋がるとの思惑もあり安全なものへと流れている。クロス円も円売り介入への協議が始まった事で一時は上昇したものの、結局元のレベルへ戻されている。ドル円も一時77円後半へと買い戻されたものの時間の経過とともに再び円買いが強まるなど、これまでの流れに変化は見られない。米雇用統計や日銀政策会合を控えるものの、悲観的な見方が払しょくされない限り安全なスイスなどが更に強まると見る。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]  当局の出方を探る

(米ドル円時間足)

USDJPY20110803_jikanashi.jpg

下院に続き上院でも債務上限引き上げ法案は可決され8月2日最終日まで縺れ込んだドタバタ劇はここでやっと終了。デフォルトの懸念もこれで払しょくされた。しかし、ドル円はさえない動きが続いている。前日に米国がドル円での介入を支持するとの報道から介入期待によりドル円は一時77円後半へ上昇したもののそれ以上の買いは続かなかった。今回の円高はドルの価値低下が背景にあることからその効果に疑問視する声が多いためだ。時間が経つと円買いが強まるといった構図は依然続いている。この日発表の米消費支出も予想を下回るなど米国の景気減速がここにきて目立つ。本来はドル売りに繋がるものの、対円以外ではドル買いが強まっているのは、ドル以上にユーロなどの悪化が目立ち始めたためだ。世界的な景気下押しへの影響が強まるとの思惑から安全通貨や金へ資金が流れる。何かのきっかけがあれば当局の介入を引きずり出すようなドル円の売りが待ち構えている。しかし、売ってもその買い戻しは速くなるため一回目の下げでは76円台で買いを入れたい。

予想レンジ 米ドル円:78円00銭~76円95銭(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ・スイスフラン]  最安値を更新

(ユーロスイスフラン日足)

EURCHF20110803_hiashi.jpg

(ユーロスイスフラン時間足)

EURCHF20110803_jikanashi.jpg

世界的な景気減速への懸念から安全通貨であるスイスフランに資金が流れ込んでいる。欧州市場が始まると前日に引き続きスペインやイタリアの国債利回りが上昇し14年ぶりの高水準に達しドイツ債の低下によりそのスプレッドは更に拡大。ユーロ導入後最大の幅となった。欧州債務への不安からユーロ売りが強まると同時にスイスの買いが合わされた事でユーロスイスの下げ幅は更に加速し、この日も最安値を更新した。1.10の大台をすんなり下回ると1.0797まで下押しした。NYの引けにかけて買い戻しの動きも見られたがほぼ安値圏での引けとなった。市場の景気減速に対する不安はまだ始まったばかりとみればこの下げはまだ継続するとみてよい。米国の債務問題も今後もくすぶり続けるとみられ、戻しは売っておきたい。

予想レンジ ユーロスイスフラン:1.0980~1.0600

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円/豪ドル米ドル]  政策金利据え置きで失望売り

(豪ドル円日足)


(豪ドル米ドル日足)

AUDUSD20110803_hiashi.jpg

RBAはこの日政策会合を開き現行の政策金利4.75%に据え置く事を発表した。RBAは会合で引き締めを検討した事を明らかにしたものの、市場では利上げ期待があった事から失望売りが出て下落。金利を据え置いた理由としては世界市場の不透明感や豪ドルの為替レベルが高い事を上げた事が売りを更に強めた。一方、同じオセアニア通貨のNZドルは利上げ観測が強い事から豪ドルNZドルのクロスが売られる結果となった。また、対ドルでは1.1ドルから1.0735ドルまで下落。このレベルは50%戻しにあたる事から一旦は下げ止まっているものの、リスクの高い豪ドルから安全通貨のドルという構図がもう一段の下げを誘うだろう。上昇トレンドも1.0670付近に位置する事からこのレベルまで下押しはあるとみる。豪ドル円は下降チャネルのサポートレベルでありフィボナッチの50%戻しにあたる82円40銭付近がサポートとみる。

予想レンジ 豪ドル円:83円60銭~82円40銭
        豪ドル米ドル:1.0880~1.0670

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する