ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2011-09

[全般]  市場には安心感が漂うものの

前日のFOMC議事録が先週のバーナンキ議長講演を後押するものであったことから昨日もアジア市場から欧米市場の株式も含め、金融緩和への期待から堅調な動きを維持した。リスク回避の動きもこの日は後退しクロス円なども堅調。昨日のNY時間に発表された8月シカゴ購買部協会景気指数が56.5と市場予想の53.3を上回り雇用指数も改善が見られたことを市場は好感。前日の消費者信頼感の好結果などもあり市場には世界景気への懸念が和らいでいるようだ。しかし、この動きも昨日の後半には徐々に勢いが衰え始めているように見える。同時に発表された製造業受注は予想を上回り好感されたものの8月ADP雇用統計は予想に届かなかった事でドルは乱高下しどちらを信じてよいのか迷いも見られる。
市場はまだ半信半疑の中で短期取引に徹しているところが多いのか荒っぽい値動きが多くみられた。
下落が続いたスイスフランも昨日は経済相の発言などで上昇に転じるなど、安全通貨への資金シフトの動きは未だに燻ぶる。マネーはいつでもすぐに逃げられるような態勢にいるということか。明日の米雇用統計を控えその前にISM製造業の発表があり、結果次第ではこれまでの楽観的な動きの修正が入りやすいと見る。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]  徐々に上値が切り下がる

(米ドル円日足)


米国金融緩和期待の高まりから2年債などの利回りが低下したことを受けドル円は金利差からの売りがじりじりと強まる展開がみられた。アジア市場からドル円は76円後半からじりじりと押し下げられ一時76円49銭まで下落。NY市場に入りシカゴ購買部景気指数や製造業受注の予想以上の伸びを好感して買われる場面も見られたが、ADP雇用統計が事前予想を下回ったことで明日の雇用統計への悲観的な見方が強まったのかドル売りが強まった。この日の安値76円43銭を付けたものの介入警戒感から買い戻しの動きが引けにかけて入った。市場はそろそろドル円の介入を再び試しに行きたがっているように見える。明日の雇用統計発表を前に再度76円を試す展開を予想するが、売り圧力も大分衰えてきていることから最終的に買い戻されるとみている。

予想レンジ 米ドル円:77円00銭(ボリンジャーバンド)~76円25銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]  宵の明星

(豪ドル円日足)


(豪ドル米ドル4時間足)

AUDUSD20110901_4jikanashi.jpg

米国の追加緩和期待から世界的に株価が堅調なスタートを切った事でリスク通貨の上昇が目立った。豪ドルもその中の一つで堅調な立ち上がりを見せた。しかし、昨日一昨日とその上昇にも息切れが見え始めている。二日間ローソク足が十字を切ってきた事で所謂宵の明星が始まったかもしれない。対ドルでもかなり上値が重くなってきた。先月1.1080の最高値を更新してから0.9930まで下落し、その戻しの61.8%戻しを達成したことで天井が徐々に下落方向に変わりつつある。急落はないにしてもそろそろ利食いを入れておくか、ショートメイクの準備を行う時とみる。

予想レンジ 豪ドル円:82円20銭~81円00銭 (ボリンジャ―バンド)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[スイスフラン円]  スイスの買戻し

(スイスフラン円日足)


欧州市場の始まる前にスイス政府がスイス高抑制の第2段を発表するとの噂が流れたが、結果的に何も起こらず失望買いを誘う事になった。また、スイスのシュナイダーアマン経済相が「我々は当面通貨高と共に生きていかねばならない」と発言したことでスイス高容認と市場は捉えスイスの上昇は加速。結局この日は安値の93円40銭から高値95円70銭へと2円以上の上昇した事になる。日足チャートでは上昇トレンドを下回った事で売り先行の動きを見せたが、一旦上昇トレンドまで買い戻しの入る所謂リターンムーブの動きとみる。今日は23.6%戻しの97円付近から97円50銭付近までの戻しもありそうだ。その近辺では再度売り直す。

予想レンジ スイスフラン円:97円50銭~94円60銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する