ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2011-09

[全般]  スイスフラン高抑制の決意

この日、欧州市場が始まったと同時にスイス中銀が対ユーロでスイスフランの上昇を抑えるため無制限で市場介入する方針を打ち出した。ユーロスイスの下限を1.2フランとしこのレベルを死守の決意を示した。これによりスイスは急落したことでドルは全面安となった。この介入でドル円も便乗した格好で上昇。これまで下落が続いたユーロもユーロスイスの買いにつれて上昇に転じた。しかし、欧州問題は深刻でイタリアやギリシャ問題も含めた今後の欧州不安は拡大し欧州株価も金融セクターを中心に下落が止まらない。ユーロは再び下落に転じ1.4ドルを割り込んだ。
連休明けのNY市場でもこの欧州不安の煽りを受け株式市場は軟調なスタート。ISM非製造業景況指数が53.3と市場の事前予想の51.0を上回る好結果となったものの、市場の悲観的なムードを変えるまでにはいかなかった。ドル円は東京時間に安住新財務相が円高阻止に対しG7で強く訴えると新たに決意を述べた事などもあり、介入警戒感が強まる中でのスイスがペッグ制を打ち出した事で効果は倍加した。このスイスの動きが今後の資金の流れに変化を及ぼした可能性が高い。一先ずこの流れについていくことにする。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]  スイスに便乗

(米ドル円日足)

USDJPY20110907_hiashi.jpg

東京市場は比較的静かな幕開けとなり安住新財務相が改めて週末に行われるG7で各国に円高阻止を強く求めることを示した。介入警戒感だけではなくドル円は76円ミドルから下を固めてきたとみる。海外勢の日本株売りがこの8月から急速に拡大していることも円買いの勢いが衰えてきた要因とみてよいだろう。
欧州時間にスイス中銀がスイス高を抑制するために外貨を限りなく買うとう決意を表明。更に、ユーロとのペッグ制を実施する事を決定したことを受けスイスが急落すると円も同時に売りが強まった。クロス円は全面高となりドル円は77円70銭とこのひと月間でほぼ最高値を付けるなどスイスに便乗した格好となった。スイスから資金が円にシフトする可能性もありドル円を売るという見方はあるものの、今は流れに逆らわずについていく方がよさそうだ。ユーロ安とともにドル高の動きに乗ってドル円ももう一段の上昇が見込めそうだ。フィボナッチの50%戻しの78円10銭付近からボリンジャーバンドの上限の78円20銭がレジスタンスとみる。

予想レンジ 米ドル円:78円20銭~77円10銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ・スイスフラン]  1.2フランの上限

(ユーロスイスフラン日足)

EURCHF20110907_hiashi.jpg

先月初旬にスイス中銀はペッグ制の可能性を示唆したものの、その後は小手先の追加政策を行っただけでその効果は一時的となっていた。しかし、昨日は市場のすきを突いた格好でいきなりユーロスイスの1.2フランの上限を設けてユーロに連動するペッグ制を導入する事を宣言。上限を抑えるためには無制限にユーロ買いスイス売りの介入を実施する事を明らかにした。これが可能かどうかは別にしてもこの決意を持って断行したスイスに市場はサプライズと同時にその勢いに押された格好でスイスはあらゆる通貨に対して下落。ユーロスイスは一気に雲の上限を超えて1.1付近から1.2180付近まで上昇しそのまま高値で推移している。
1.2フランという限定したレベルを指定した事で市場はいずれこのレベルを試す展開になるとみるが、昨日の今日では下げたところは買いが強まりそうだ。まだ完全にショートの買いが出尽くしていないとみる。7月の高値をつけた1.23ミドル付近までは更に上昇の余地があるとみる。ただし、時間の経過とともにいずれじり安の展開になるだろ。

予想レンジ ユーロスイスフラン:1.2350~1.2000

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]  欧州経済に暗雲

(ユーロ米ドル日足)


ギリシャが財政赤字削減の見通しが立たない事からEUやIMFからの支援を受けられなくなる可能性が高まった。また、イタリアもベルルスコーニ政権が高額所得者に対する増税の方針を撤回するなど財政健全化に懸念が拡大した事などからユーロ売りが止まらない。昨日はスイス中銀がユーロスイスの上限を設定する事を打ち出しユーロを無制限に買う事を明らかにした。これを受けてユーロは一時1.42ミドルまで200ポイント近く上昇。しかし、欧州市場の暗雲は払しょくできずユーロは再び下落に転じると1.4の大台を割り込み一時1.3974まで下落した。辛うじてNY市場では1.4ドルの大台で引けたものの、売り圧力は依然として残る。ただし、ユーロスイスの買いがユーロの底を下支えている事からここからの下げはそれ程深くはないとみる。昨日の安値1.3974ドルを下回ったとしても半値戻しの1.39ドルが強いサポートとみる。

予想レンジ ユーロ米ドル:1.4080~1.3900

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する