ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2011-09

[全般]  ギリシャのデフォルト懸念も一旦は後退したものの

週明けのアジア市場は先週末に広がったギリシャデフォルト問題の拡大からユーロが下落して始まった。午前中は比較的落ち着いた動きが続いたが午後に入ると再びユーロを中心にクロス円が全般に下落したことでドル円も一時77円を割り込んだ。フランスの銀行格付け引き下げの話が広がった事がユーロ売りを強めたとの観測もあった。しかし、欧州市場に入ると1.35ドルを付けたユーロもその後買い戻しの動きが強まった。フランスのノワイエ中銀総裁がフランス銀行はギリシャの状況がどんな状況になったとしても対応可能であると発言したことや、ギリシャ財務次官が10月の支払いに十分な資金があるといった発言などで不安感が後退したことが背景とみられる。また、その後FT紙が「イタリアが中国の政府系ファンドと国債などの資産購入に関して協議した」と報じられたこともユーロ買い戻しを加速させることとなりほぼこの日の高値で引けた。俄かに広がったギリシャデフォルト懸念も一時よりは後退したものの、この問題はまだ始まったばかりで、今後の欧州関係者の発言などに一喜一憂する事になるだろう。一先ず今日のところは下落速度と幅が大きかった反動としてユーロなどを中心とした買いが出やすい。しかし、上値では再び売りが強まるとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]  クロス円の売りに押され

(米ドル円日足)


(米ドル円時間足)

USDJPY20110913_jikanashi.jpg

ギリシャのデフォルト懸念の高まりからアジア市場ではユーロを中心に売りが強まり、クロス円も全般に下落した。この動きを受けドル円も午後に入ると急激に下げ足を速め、76円75銭まで下落した。これはスイスがユーロとのペッグ制の宣言をする直前のレベルでもありそれを意識したのか下げ止まった。結局、欧州市場に入るとフランス財務相の発言やFT紙の中国SWFがイタリアの資産購入に関して協議したこと、ジョイブレ財務相がギリシャは離脱する可能性はないとのコメントなどから一気に不安が後退しドル円も買い戻しの動きが強まった。ドル円はこの下げにより底を確認したとみる。ただ、積極的にドル買いを促す材料も少ないことから77円ミドル付近からは利食い売りなども並びそうだ。

予想レンジ 米ドル円:77円60銭~76円90銭(ボリンジャーバンド)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]  ギリシャ問題によりリスク回避の売り強まる

(豪ドル円日足)


先週末に拡大したギリシャデフォルト問題は週明けのアジア市場でもその不安感が後退する事はなく更に強まった。東京の午後に入るとユーロの下落が強まったことをきっかけに豪ドル円もリスク後退の動きから下落の勢いが強まった。80円ミドル付近から下には断続的に損切り注文を巻き込みながら78円88銭まで下落。しかし、欧州時間に入るとユーロに対する買い戻しが強まると豪ドルも上昇。23.6%戻しのレベルまで下げたことで目先の損切りは大分出尽くしたと見られる。しかし、再びギリシャ問題が広がるようであれば8月9日に付けた安値76円50銭までサポートはみられない。昨日の安値78円88銭を下回ったら売りに回る。

予想レンジ 豪ドル円:80円10銭~79円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]  ギリシャ不安が一旦後退

(ユーロ米ドル2時間足)


アジア市場が始まるとユーロは先週末のギリシャデフォルト問題の影響から窓があいて始まった。この日はフランスの大手銀行がギリシャ国債を大量に保有していることからムーディーズが今週中にも格付けを引き下げるとの思惑が強まりユーロ売りが加速。1.35ドルを割り込み1.3495ドルまで下落。しかし、欧州時間に入るとフランスのノワイエ中銀総裁が「フランス銀行はギリシャの状況がどんな状況になったとしても対応可能である」と発言したことや、ギリシャ財務次官が「10月の支払いに十分な資金がある」と発言。また、ジョイブレ独財務相が「ギリシャがユーロ圏を脱する可能性はない」とするなどギリシャの不安を解消しようと躍起になって火消しを行う姿がみられる。NY時間にはFT紙が「イタリアが中国の政府系ファンドと国債などの資産購入に関して協議」との報道もユーロの買い戻しを強めた。一先ず、先週からのパニック的な下落は一旦止まったと見る。1.35ドル付近というのは3月のユーロが上昇を始める時の安値レベルでもありスタートに戻ったとも考えてよい。ただ、今回のギリシャ問題はこれまでの問題と比べるとかなり深刻であり、いつまたぶり返すかわからない。一先ず今日は買い戻しがどこまであるのかを確認したい。

予想レンジ ユーロ米ドル:1.3750(23.6%)~1.3500

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する