ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2011-11

[全般] ECBの利下げとギリシャ国民投票

ECBはこの日の理事会で政策金利を1.5%から1.25%へ0.25%の引き下げを決定した。予想外の利下げであったことや今後も追加緩和の可能性を残した。トリシェ総裁辞任後初のドラギECB総裁はこれまでのインフレ重視から景気重視に転換したと考えてよいだろう。総裁は更にユーロ経済が穏やかなリセッションに向かっていると発言しユーロは下落の足を速め150ポイント近い下げとなった。しかし、その後ユーロはギリシャ上昇に転じた。先日発表されたギリシャがEU支援に対し是非を問う国民投票を行うと発表したのをこの日は行わないことを明らかにした。これを受け下落していたユーロは再び上昇に転じ下落前のレベルへ往って来い。市場は欧州を巡るドタバタ劇で終始。これでユーロのポジションは軽くなったとみてよい。本日は今週最後の大きなイベントである米雇用統計が控える。FOMCではQE3の実施はなかったがこの結果が予想を下回る悪化を示せば再び期待感が高まりドル売りが強まる。ドル円も今日が踏ん張りどころになるだろう。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円] イベントを乗り越えて

(米ドル円日足)

USDJPY20111104_hiashi.jpg

東京市場が文化の日の祝日のためアジアは全般に静かな展開が続いた。しかし、その半面欧州市場は大きなうねりの中に突入した。ECBが予想外に利下げを行ったことを受けユーロが下落するとユーロ円の下落とともにドル円も78円を割り込み77円88銭まで下落した。しかし、その後ギリシャが国民投票を中止すると発表した事で目先のデフォルト懸念が後退。ユーロは一気に元のレベルに押し上げられた事でドル円も78円台に戻された。NY市場では77円台で推移していたが引けにかけて78円台に押し戻されて終了。これでFOMC、そしてECBという大きなイベントをなんとか78円台で乗り越えたことになる。後は、本日発表の米雇用統計とG20の結果を受けても底堅い動きを見せれば介入の効果が見直されるだろう。

今週の予想レンジ 米ドル円:78円50銭~77円55銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル] ギリシャの混乱とECB利下げで

(ユーロ米ドル時間足)

EURUSD20111104_jikanashi.jpg

(ユーロ米ドル日足)

EURUSD20111104_hiashi.jpg

この日は欧州内で混乱が続きユーロはアップダウンを繰り返した。
アジア市場は日本が祝日のため殆ど動意の乏しい状態が続いた。前日にFOMCのQE3の実施がなかった事でECBの利下げもないとの予想が強まるなかでECBは0.25%の利下げを断行した。この発表はサプライズとなりユーロは150ポイント近く下落した。トリシェ総裁の時にはある程度金利を動かす時には何らかのサインを出したものだが今度のドラギ新総裁は違った。今後も景気重視の政策を取るとみられ追加緩和の可能性もつぶやかれた。
その後、ユーロの混乱の元となっていたギリシャのEUによる支援に対しその是非を問う国民投票を見送るとのパパンドレウ首相の発言を受け下落したユーロは一気に下落前のレベルまで押し戻されるなどアップダウンの激しい動きとなった。しかし、投票を見送った事で首相の辞任に発展する可能性が高まり、それが今後の展開を不透明にさせた。
目先はユーロの上値はこれで重くなったとみてよいだろう。1.38ミドルはフィボナッチの38.2%戻しとなり結局このレベルが天井となっている。下値は日足の50%戻しにあたる1.37が目先の底とみる。

予想レンジ:ユーロ米ドル 1.3850~1.3700

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 世界的な利下げ傾向

(豪ドル円日足)


(豪ドル円時間足)

AUDJPY20111104_jikanashi.jpg

RBAが今週に入り予想外の利下げを実施しその後日銀やFRBが追加緩和策を行った。そして、昨日はECBが予想外の0.25%の利下げを行うなど豪州が世界の金融緩和の口火を切ったようなものだ。その世界的な緩和の動きが豪ドルの下げを寧ろ抑えた格好だ。また、ギリシャの支援に対する是非を問う国民投票がリスクを高めていたものがここにきて撤回された事でリスク回避の動きが後退した事も豪ドル買いを促した。ただ、ギリシャ問題も次は首相が早期辞任に追い込まれれば再びリスクオンとなり豪ドルの上値は限られるとみる。81円40銭付近はフィボナッチの50%戻しとほぼ同じで上値が一旦は抑えられたが下値も76.4%戻しの79円70銭で跳ね返された。このレベルは雲の上限でもあり強いレジスタンスになっている。G20と米雇用統計を前にもう一段の下値を試す展開もあるが、底を抜けなければ来週は再び上値を試すとみる。

予想レンジ:豪ドル円81円50銭~79円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する