ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2011-11

[全般]ドル独歩高

前日のドイツ国債利回り上昇でユーロへの懸念が強まる中でアジア市場では日本国債にまで影響が飛び火し始めた。
前日にはS&Pが日本の格付け引き下げの可能性を仄めかしたこともあり、日本国債10年物新発利回りは1.03%と1カ月ぶりの高水準まで上昇。現在のAA-をシングルAに引き下げれば投資家離れが加速する懸念が高まる。これまでの安全通貨としてのドイツや日本の国債までもが欧州債務危機の影響で売りが出始めた可能性がある。米国が感謝祭で市場の流動性が低いという事が原因であれば連休明けの今週は再びユーロが上昇することになる。しかし、そうではなく本格的なリスク回避が始まったとすれば逃避先の通貨はドルだけということになる。ベルギーの格付けをS&Pが13年ぶりに引き下げ、イタリア6カ月物証券入札が前回10月の3.53%から6.5%と倍近くまで利回りが上昇するなど、ユーロへの懸念は高まる一方だ。救済側の最後の砦のドイツ国債が下落するとなればそのリスクはギリシャやイタリアといった国々とは全く異なる次元だ。今週もドル独歩高の動きは継続するとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]日本国債までが下落

(米ドル円日足)



8月に日本国債が格下げされた時でもドル円は下落し日本国債は買われ続けてきた。
しかし、今回はドイツ国債が売られ始めたという事から前回と異なりドイツや日本までも安全な資金の逃避先ではないという不安感が広がり始めている。この動きが一過性かどうかはわからないが、きな臭い時には近寄らないことだ。ドルに対し円売りは今週も更に進むだろう。一目の雲の上に飛び出したことでフィボナッチの38.2%戻しでもある78円の大台を超えてその次の23.6%の78円60銭を試す展開と見る。

予想レンジ:今週のドル円78円60銭(23.6%~77円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ユーロ離れは止まらない

(ユーロ米ドル週足)



先週は後半が米国感謝祭などから市場は薄商いという事もあり一つの材料に対し極端な反応の仕方が目立った。特に、欧州債務国救済側の筆頭でもあるドイツ国債までが売られる状況となった。また、ベルギーの格付けが引き下げられたことやイタリアの短期証券入札利回りが前回よりも倍近く上昇するなどユーロに対する不安が拡大。ユーロからの投資マネーの流出は更に拡大した。この動きが継続するのか、或いはその反動の戻しが入るのか連休明けの米国勢の動向に注目が集まる。しかし、一旦始まった弱気の虫は簡単には戻らないのがお金というものだ。週足チャートでは一目均衡表の雲の下限を完全に下回りほぼ安値圏で引けている。雲の下限でもあった1.34ドルはフィボナッチの50%と全く同レベルということから買い戻しの動きが始まったとしてもこのレベルは既に天井になったとみる。
次の下値目標は61.8%戻しでもあり大台変わりの手前の1.30ミドルだ。

予想レンジ:今週のユーロドル1.3400~1.3050

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[南アフリカランド円]資源国通貨の下落継続

(南アフリカランド円週足)


(南アフリカランド円2時間足)

ZAR_USD_20111128_2jikanashi.jpg

欧州債務問題が域内だけではなく世界的なリスクとして波及し始めたことでコモディティー価格の下落が止まらない。世界景気の鈍化は資源の需要を後退させることから特に鉱物資源国の南アフリカランドの売りが目立つ。週足チャートをみてもわかるようにリーマンショック後にもみ合いが続いた8.5円付近まで近付いてきた。先週は9月22日に付けた安値8.92円の手前8.96円まで下落しほぼ安値圏でのもみ合いが続いている。ドル円の上昇が底を支えている格好だが、ドルの上昇がそれを上回る勢いがある。今週はユーロが更に下落するようであればランド円は8.92を下回ることになり更にランドの投げが出ると見る。このような不安な時には金利などをあてにして中途半端に買いを入れると取り返しのつかない事になる。

予想レンジ:今週のランド・円 9.25~8.5

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する