ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2011-11

[全般]欧州債務危機解決への期待

週明けアジア市場では前日にIMFがイタリアの危機支援のための6000億ユーロを準備しているとの報道が伝わった。これを受けリスク回避の動きが後退しユーロやクロス円なども先週末の終値を大きく上回り始まった。IMFはこの報道に対してコメントを避けておりその真偽がはっきりしないまま欧州市場にかけてもこの動きは継続。欧州市場ではイタリアやベルギーの債権入札が好調な結果となったこともユーロ買いを強めた。しかし、発行利回り自体が高かったことも需要を高めた要因であることもある。今日から始まるユーロ圏財務相会合ではEFSFにレバレッジをかけて融資をするレバレッジ案などが出てくるとの期待もありユーロ買いに安心感が広がっている。しかし、国債の利回りは中核国まで波及しており、IMFが6000億ユーロを出したとしてもイタリア負債額は1.9兆ユーロあることからリスクが後退したわけではない。
米国市場では先週のブラックフライデーの結果が好調であったこともありNY株価は軒並み上昇。リスクオンの動きが強まりドル円は一時78円を超えて78円22銭まで上昇。ドル安円安の動きが同時に強まったが、クロス円の買いに支えられドル円は上昇した。これが感謝祭の後のポジションの巻き戻しの動きかどうかははっきりしない。今日のユーロ圏財務相会合の結果次第では再びユーロ売りが強まるだろう。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]78円台乗せ

(米ドル円日足)



週末にフランスの地元新聞がIMFのイタリアに対し6000億ユーロの支援ニュースが伝わりユーロ買いドル売りの動きが強まった。これを受けドル円は77円後半から77円ミドル付近に押し戻された始まりそのままもみ合いが続いた。しかし、NY市場に入ると先週まで続落していたNY株価が大きく上昇。ブラックマンデーの好調な結果が株価を押し上げたことで安全通貨として買われていたドルの売り戻しの動きが活発となった。しかし、クロス円の上昇がそれを上回ったことからドル売り以上に円売りの動きが強まりドル円は78円22銭まで上昇。一旦はフィボナッチの38.2%戻しの78円を超えた事や、NYの終値も78円ぎりぎりで引けたことで底は切りあがったとみる。ただ、ドル売りの動きもあることから上昇スピードは遅く、今日は78円を挟んでのもみ合いと見る。

予想レンジ:ドル円78円30銭~77円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ユーロ圏財務相会合に注目集まる

(ユーロ米ドル時間足)



週明けのアジア市場はユーロが先週末のNY終わりよりも100ポイント近い上昇で始まった。IMFがタリアの危機支援のための6000億ユーロを準備しているとの報道が伝わった事でユーロへの安心感が強まった。そのニュースをIMFは最終的に否定したものの、ユーロの底堅い動きは継続。先週は米国が感謝祭という事からリスクの高いユーロを休み前に売りを出したという事もあり、その買い戻しの動きとも考えられる。欧州市場ではイタリアやベルギーの債権入札が好調な結果となったこともユーロの底を押し上げる要因となったが、イタリアやベルギーの10年国債利回りは依然として高ドまるなど不安は燻る。
NY株式市場はブラックフライデーの結果が好調であった事や先週の続落の反動もあり一時300ドル以上のプラスとなり安全通貨としてのドル買いの反動もありユーロはアップダウンを繰り返したが最終的に売りに押されて終了。今日からユーロ圏財務相会議が始まる事から、再びユーロ売りのリスクが高まる恐れもありアジア市場では慎重な動きになるとみる。

予想レンジ:ユーロドル1.3400~1.3150

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[NZドル円]総選挙の勝利を好感

(NZドル円日足)


週末に実施された総選挙で与党国民党が過去60年間で最多の得票率を獲得した事で、財政健全化に向けて首相の政治基盤が強まった。週明けのNZランド市場ではNZドル買いが一斉に入り上昇。また、IMFがイタリアに対し6000億ユーロの支援の用意をしているとの報道もNZドル等のリスク通貨にとって追い風となった。日足チャートではダブルボトムを形成した事で底は大分固まったとみる。また、58.65に位置したパラボリックSARを上抜いた事で買いのサインが点滅。フィボナッチの23.6%の58.80円のレベルも越えてきている。次の上値目標は38.2%戻しでもありネックラインでもある60円付近だ。

予想レンジ:NZドル円60円00銭~58円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する