ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2012-06

[全般]ギリシャ再選挙を控え荒っぽい動きも

いよいよ今週末にはギリシャの再選挙を控え不安定な相場展開が予想される。
先週はG7緊急会合が行われたがギリシャやスペイン債務危機に対し協調を改めて確認しただけで具体策は見いだせなかった。一方、日本は為替の過度な変動を回避するため各国が協力することを確認したことで円高は収まりドル円は上昇に転じた。
市場の関心は米国金融政策の動向へも集まった。前週発表の米雇用統計が予想を大きく下回ったこと市場はでバーナンキ議長の議会証言へと関心が高まった。議長は雇用の回復が減速していることに振れ、金融緩和に含みを持たせた。しかし、市場の最も注目したQE3に関しては言及を避けたことで失望売りからのドル売りが進んだ。
週後半には中国の利下げを好感した動きも見られたが、スペインの格付け引き下げなどから再び欧州債務への懸念が高まり再び欧州債務危機へ市場の関心は戻り始めた。
今週末のギリシャ再選挙の結果は誰にも今のところわからないことから、選挙が直前に迫る程いろいろな思惑や発言などで相当荒っぽい動きになりそうだ。最悪のケースは反緊縮派が政権を奪取しギリシャがユーロ圏から離脱の方向に向かうことだ。そうなれば、ユーロの下落が進み世界経済への懸念が拡大するとの思惑が高まる。しかし、それを阻止する動きも一方で強まれば全く反対の動きともなり、その駆け引きから今週の為替相場も荒っぽい動きになりそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]リスク回避で再び円高リスク

(米ドル円日足)



G7財務相会合で介入警戒感が高まったことや、バーナンキ議長の議会証言でQE3への明確な言及がなかったことなどから先週のドル円は大きく反発した。しかし、スペインの格付け引き下げや世界的な景気減速懸念の高まりから80円台には乗せられずに終了。これまでの円高場面では口先介入などが入っても市場は介入を催促する動きから円高に向かっていたが、今回は意外に底堅い。これまでとは少し異なる動きとなったのは需給面で売りが限られるということだ。それでも投機筋はギリシャのユーロ圏離脱懸念が高まればドル円の売りを仕掛けてくることは間違いない。高値はゴールデンウイーク後の高値80円ミドルを天井とみる基本はボリンジャーバンドの中心線の79円ミドルを挟んでのもみ合いとみる。

今週のドル円予想レンジ:80円50銭~78円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]スペインへ銀行への支援要請

(ユーロ円日足)


(ユーロ円4時間足)

EUR_JPY_20120611_4jikanashi.jpg


先週末にフィッチがスペインの格付けを3段階下げたことでスペイン国債が売られ調達コストが上昇。これを受けスペイン政府がEUに対し支援を要請するとの観測が高まりユーロは買戻しが入り長い下髭を伸ばして終わった。今週末にはギリシャ選挙が実施されユーロ圏離脱のリスクが高まるようであれば再びユーロ売りが強まるだろう。しかし、結果は全く誰にも予想はつかず、下げ幅も前週の最安値である95円ミドルを下回るまではないとみる。また、スペインのEUからの支援が決定すれば金融不安も後退しユーロが再び上昇する場面もありそうだ。ボリンジャーバンドの中心線手前で先週は折り返したものの、上抜けすれば次の抵抗線である50%戻しの102円付近も視野に入る。しかし、上下に振れても行って来いとなりやすい。

今週のユーロ円予想レンジ:102円00銭~96円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]リスク拡大から下落リスクに注意

(豪ドル円日足)



先週はG7財務相会合で急激な円高を回避する事を再確認したことでドル円が上昇。RBAが0.25%政策金利を引き下げたことで目先の下げ要因がなくなったこともありオージー円の上昇が始まった。また、中国が貸出基準金利を引き下げたことで景気下支えと判断し更にオージー買いが強まり四日連続の陽線となった。ただ、その利下げも中国の景気減速を示すものとも取れ、アジアの株式市場が下落するとリスク回避の動きが強まった。高値圏での十字線が出たことで目先の天井を付けたとみてよい。今週末にはギリシャの選挙もありユーロ圏離脱懸念が高まれば一時的に下値を試す場面もありそうだ。しかし、潜在的な買い意欲もあり下げ幅は浅いものになるとみる。

オージー円予想レンジ:80円00銭~78円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する