ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2012-12

[全般]今週は大詰めの週

今週は12日にFOMCが開催、14日が米国議会の閉会や日銀短観、週末16日には日本の衆院選挙が行われ、ドルや円の今後の相場を占う上で今年最大の山場となるだろう。
先週はギリシャへの追加支援が合意したことを受けユーロは上昇して始まったものの、ECBのマイナス金利も含めた利下げ観測や景気見通しの下方修正を受け下落に転じた。米国サイドでは財政の崖回避に向けたオバマ大統領と共和党との協議が難航したものの、楽観的な見通しが示されたことでドルは底堅い動きで推移。円は日銀への追加緩和圧力で下落したスピード調整の動きからもみ合いが続いた。週末には米国雇用統計が発表され非農業部門雇用者数が予想を大きく上回り失業率も低下したことを受けドルは対円で大きく上昇。しかし、先月分が下方修正されたほか感謝祭のため1週間繰り上げて実施したことやサンディーの影響がなかったことなどもありその後ドルは押し戻された。
ポジションは今週のイベントを前に今回の雇用統計の結果を受け大分ニュートラルに近づいたとみる。FOMCではツイストオペが終了するが追加的な資産購入が打ち出されるとみられる。一方、議会では14日に閉会される予定となり財政の崖回避に向けた動きが最終段階に入る。もし、それまでに合意に至らなければドル売りが強まることになる。
日本では経常収支の発表や日銀短観が注目される。経常収支や貿易収支が予想以上に悪化するようであれば円売りが強まると予想される。年末に向け最も今週は注目される週でありイベントに関する思惑も絡んでリスク回避の動きが強まるとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]経常収支と日銀短観、週末の選挙

(米ドル円週足)


(米ドル円日足)

USD_JPY_20121210_hiashi.jpg


ドル円は既に3週間近く高値圏でのこう着状態が続いている。先週末には三陸沖で大きな地震が起こりドル円は一時的に82円前半まで下落。通常は円売りに反応するものが下落したのは目先のポジションの手仕舞いとみる。その後、米雇用統計が予想を大きく上回ったことでドル円は82円82銭と今回のレンジの上限まで上昇。しかし、結局レンジの上限は抜けきれずに跳ね返されて往って来い。今週は日本の経常収支、貿易収支、そして短観が発表されるが追加緩和への同意は既に織り込んでいて更なる円安にはなり難いだろう。今週は寧ろドル安の動きに注意したい。FOMCでは何らかの追加緩和を実施する可能性が高くドル売りに動きやすい。また、財政の崖問題が煮詰まってくればリスクが拡大しクロス円の売りがドル円を押し下げることになる。今週は全般に下値を試す展開とみるが大きな円安の流れは変わらず、下値もレンジを下回るまでには至らない。

今週のドル円予想レンジ:83円00銭~81円50銭(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]トリプルトップとダブルボトム

(ユーロ米ドル日足)



先週はドラギ総裁がマイナス金利を含め追加利下げの可能性を示唆したことや、ユーロ圏の実質成長率見通しを下方修正したことを受けユーロは下落幅を拡大させた。ユーロの下落はその前からギリシャ支援合意により買いが過熱気味であった反動もあったとみる。また、9月、10月に引き続き今回も1.30ミドルを超えられずトリプルトップを形成したことも売りを誘った。一目の雲の上限をやっと抜けたと思った矢先に週末は再び雲の中へ突入して引けてきた。やや売りの勢いは残るものの、今週はそろそろ下げ止まりから上昇に転じるとみる。短期的には1.2870付近でダブルボトムも形成されている。
今週はドイツのZEW,欧州PMIや13日のEU首脳会議も開かれるが注目度は低い。寧ろ、財政の崖問題で難航することは必至で今回合意に至らなければ一時的にドル売りが強まりユーロは再び上値を試す展開とみる。

今週のユーロドル予想レンジ:1.3070~1.2870

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]底値は徐々に切り上がる

(豪ドル米ドル日足)



先週RBAは政策金利を3%と50年ぶりの低水準まで引き下げた。発表後は一時的に豪ドル売りが強まったがその後は寧ろ材料出尽くしから上昇に転じた。これで追加緩和政策も底打ち感が出始めてきたことで寧ろ買いが入りやすくなったとみる。また、米国財政の崖問題が難航する中でドル安の動きが今週は更に強まるとみる。もし、合意に至るとしてもNY株式市場の上昇などから豪ドル買いに繋がることになる。ボリンジャーバンドは右肩上がりで上限のバンドウォークが継続。上昇速度はそれ程ないが徐々に底が切り上がりボリンジャーの中心線がサポートになるとみる。

今週のオージードル予想レンジ:1.0550~1.0440

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する