ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-02

[全般]日銀人事で円安再開

各市場の調整は一日で終わり再び熱気を帯びてきた。
東京市場は前日の円買戻しの動きから慎重な地合いで始まり日中も殆ど動意の乏しい動きとなった。しかし、ロンドン市場が始まった直後に日銀の白川総裁がひと月早く自ら辞任を表明したことで円は再び売りに転じた。ひと月前倒しで辞任することで大胆な金融緩和を実現できるとしたことを市場は好感。調整の円高がもう少し進むかと思われが再び円売りの動きが活発しドル円は93円台半ばまで上伸。また、前日に大幅下落となったユーロも同時にこの日は上昇に転じた。フランスのオランド大統領はユーロ危機の最悪義は終わったとの発言を市場は好感。一方で、ユーロ高はリセッションを深めるリスクがあるしたが、その後ルクセンベルク財務相が今のユーロ高は懸念せると発言したことで打ち消された。
また、ECBのバランスシートの縮小もユーロ買いを促した。
NY時間に発表された米1月ISM非製造業景況指数も37か月連続で50を上回るなど景気回復期待が高まった。前日大幅安となったNYダウも再び1万4千ドル台に迫るなどリスクオンの動きが再び目立ち始めた。これまでのパターンのように過熱感が高まったところで上手く調整が入ったことで上値を更に試しに行く力が強まったとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]94円台は利食い売り

(米ドル円日足)

USD_JPY_20130206_hiashi.jpg

前日の下落の流れを引き継ぎ朝方にドル円は一時91円台に突入。円の買い戻しがこの日も継続するとの見方が広がり慎重な動きが続いた。しかし、東京市場が終わった直後に日銀の白川総裁が辞任を表明。安倍ノミクスがこれで更にやりやすくなるとの期待から円売りが再び強まった。
一方で、来週の政策会合では追加の金融緩和は見送られるとの観測が高まったが円の買い材料にはならなかった。4月初旬に新総裁による金融政策決定会合が行われることになり、市場の期待がそれを上回った格好だ。日銀新総裁の人事は今月中に決定する事となりそれまでは市場の円売りの力は衰えることはないとみる。ただし、95円という心理的な節目に近づくと一旦は利食い売りが強まることになるだろう。93円台に入ったところでは一部利食いを入れるなどポジションを軽くしておきたい。

ドル円予想レンジ:94円00銭~93円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]ECB会合を控え

(ユーロ円週足)

EUR_JPY_20130206_syuashi.jpg

(ユーロポンド時間足)

EUR_GBP_20130206_jikanashi.jpg

一日でユーロの調整売りは終わり元の上昇の流れに戻った。
ECBのバランスシートが11か月ぶりの水準に縮小したことや、フランスのオランド大統領の「ユーロ危機の最悪期は終わった」との発言を好感。一方、ユーロの為替水準に懸念を表明したが市場は無視。ルクセンブルク財務相がユーロ高は今のところ懸念するレベルではないといったユーロ買い材料だけに反応。市場はECBがユーロ上昇による景気鈍化を気にしていないとの観測が広がっている。昨日はユーロポンドの下落が更に進めば対円対ドルでのユーロの下落が更に強まるとみたが反発。振り出しに戻った格好だ。
しかし、ドイツなどユーロ上昇による輸出への影響は大きく、明日のECB会合でもユーロ高に対するけん制発言が飛び出す可能性は高い。会合前には再びポジション調整の売りが出やすい。

ユーロ円予想レンジ:128円00銭(76.4%)~126円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]RBA会合を控え

(豪ドル円時間足)


(豪ドル米ドル日足)

AUD_USD_20130206_hiashi.jpg

朝方発表された12月の貿易収支は予想の赤字額を下回り改善。また、第4四半期の住宅価格指数も1.6%と予想の0.3%を大きく上回ったことでオージー買いに反応した。しかし、昼過ぎに行われたRBA会合では3%の政策金利を据え置きと発表されたものの「一段の緩和余地がある」との声明文によりオージーは急落。一時96円を割り込むなど朝方の上昇分をほぼ打ち消した。特に対ドルでの下落が激しく、その後の欧米市場でも下落が加速した。しかし、それ以上にドル円の上昇がオージー円を押し上げ前日の高値を超えて97円前半でNYを引けてきた。声明文では為替レートが予想以上に高い水準で推移していることや、成長率がトレンドを下回った。また、雇用回復が必要な場合には過去最低水準に金利を引き下げる用意があるとした。本日の1月豪州雇用者数は前回のマイナス5.5千人からプラスの6千人に改善すると予想される。しかし、この数字は毎回予想と異なることから今日もオージーにはひと波乱ありそうだ。対ドルでの売りの圧力は依然として残るもののドル円の買いの強さに押し上げられるとみる。

オージー円予想レンジ:97円70銭~96円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する