ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-02

[全般]G20での円安批判懸念

G7で円安オーバーシュート回避が目的だったとの報道も円買戻しの動きは限定的となったが、予断を許さない状況が続く中で懸念が後退する動きも見え隠れする。
WSJ紙は今回のG7声明は円安が大きく進むことを回避するため下落ペースに歯止めをかけることを意図していたと伝えた。既に、当局者がG7では行き過ぎた円安を抑えるためと発言していたこともあり影響は限られた。今回のG7で明らかとなったことは金融緩和で為替が弱くなるという事に対し批判的な意見と容認する意見があり纏まらなかったということだ。BOEのキング総裁はこの日「為替相場は金融緩和措置に基づいた変動が容認されなければいけない」と発言。また、ドイツ当局者は「為替市場を決定する究極の力は投資家にある」とするなど、G7で円安阻止のための声明文をだしたとの混乱を収めようとする動きが目立った。明日から始まるG20では新興国からも円安への懸念発言が出てくるとの観測が高まる。しかし、各国の思惑は異なり意見の一致が見られず結果的に円安の流れを変えるような動きにはならないだろう。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]日銀政策会合とG20を控えもみ合い

(米ドル円時間足)



G7は円安阻止のためのものであったとの報道もあったが既に織り込んでいたこともあり反応は限られた。寧ろ、BOEキング総裁やドイツ当局者が日本を支持するような発言などもありドル円は底堅い動きとなった。また、ロシア高官が「日本が介入をしていないことが重要」と発言。今回の円安では一切介入の動きはなく自然な動きとの発言ともとれる。今日は日銀政策会合が開かれるが緩和政策は据え置かれると予想される。既に辞任の決まった日銀総裁だけに大きな影響はないとみられ下値も限定的となろう。G20への懸念が残ることから慎重な動きから93円30銭付近を中心としたもみ合い継続とみる。

ドル円予想レンジ:93円80銭~92円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]イタリア総選挙やG20の下落リスク

(ユーロ米ドル時間足)



ユーロ高に対する評価がドイツなど北欧とフランスなど南欧との温度差がここにきて鮮明に表れ始めた。ドイツなど輸出競争力のある国はユーロ高を受け入れる一方で、フランスなど競争力の低い国はユーロ安に持ち込みたいとの姿勢など各国の足並みの乱れが目立つ。
昨日はユーロ圏12月鉱工業生産が予想を上回る伸びとなったことなどから欧州市場にユーロは堅調に推移。しかし、ポルトガルの10-12月失業率が過去最悪となったことや今日発表のユーロ圏Q4GDPの縮小ペースが加速するとの観測からユーロはNY市場で軟調に推移。来週末に始まるイタリア総選挙やG20を控えユーロ下落リスクが燻る。しかし、今月初めに1.37ドル台の高値を付けた後からの修正の動きも一巡したことで下げ止まり感が強い。ユーロ圏で最強のドイツ側からはユーロ高容認姿勢が強く、イタリア選挙も最終的に財政再建継続との観測が強まる。それでも、警戒感は残ることかとから上値も限定的とみる。

ユーロドル予想レンジ:1.3530(50%)~1.3430

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]ポンド安誘導発言

(ポンド米ドル日足)


(ポンド米ドル時間足)

GBP_USD_20130214_jikanashi.jpg


BOEは昨日、四半期ごとのインフレリポートを公開。キング総裁は「必要なら追加緩和を講じる用意がある」また「自国経済成長を支えるために金融政策を使えば為替相場にもその結果が現れる」と発言したことでポンドは対ドル対円で急落した。日本の金融政策への理解を示したことで自国でもポンド安を誘ったようにも受け止められる。ユーロポンドの買いが強まったもののここ最近の高値となる0.87付近手前で抑えられた。ポジションとしては目先のポンドロングは投げさせられたことで、そろそろ反転の時期が近いとみる。ポンドは短期の投機筋の動きが影響を与えるため、追いかけて下値をたたかないようにしたい。

ポンドドル予想レンジ:1.5600(23.6%)~1.5500

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する