ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-02

[全般]G20は日本への非難回避

先週はG7,G20を週末に控え円安やユーロ高の修正が強まったが、最終的に元の流れに戻った。
G7声明での「為替レートを政策の目標にすべきでない」という文言はG20声明では盛り込まれなかった。新興国からは先進国の金融緩和が自国通貨安を誘導しているとの懸念の声も聞かれたが市場への影響はみられなかった。白川日銀総裁は「円安は世界経済のリスク後退を反映しているもので、日本の円安誘導ではない」と説明。麻生財務相も日本の政策目標はデフレであり通貨ではないことを主張するなど日本の立場を説明。結果的に今回のG20では円安を非難するような特定の文言は盛り込まれなかったことで円売りが再び強まった。また、ユーロに関してもECBのドラギ総裁は「政策金利は実際非常に低い」とし、利下げ期待が後退。バイトマン独連銀総裁は「ユーロはファンダメンタルズとほぼ一致」「ユーロ押し下げのために利下げはしない」と発言。ユーロ高牽制発言は全く聞かれなかった。また、スペインやイタリア国債が上昇したこともユーロを押し上げた。
NY時間に発表された2月のNY連銀製造業景況指数は10.0と予想のマイナス2.0を大きく上回った。また、バーナンキFRB議長は「米国経済は回復している、より強い米国経済は世界経済を支援する」と発言したことでリスクオンの動きから円売りユーロ買いの動きが強まった。
日銀政策会合やG20を前に円の買戻しの動きが強まり、ポジションは再び軽くなった。これらのイベントリスクが終了したことで円売りが再開するとみるが、これまでの様な速度で円安が進むことは難しい。95円という心理的な壁を前に神経質な展開となりそうだ。また、今週は日銀総裁人事が発表されるが、大胆な緩和政策に積極的な人物が起用されるかに焦点が集まる。また、週末にはスペインの総選挙が実施されることからユーロにとってもリスクが高まる週となりそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]日銀総裁人事を巡り

(米ドル円日足)


(米ドル円時間足)

USD_JPY_20130218_jikanashi.jpg


次期日銀総裁が武藤元財務次官に絞り込まれてきたとの報道もあり円の買い戻しが強まった。武藤氏は財政ファイナンスに否定的ということもあり大胆な追加緩和に積極的ではないという見方があった。今週中に日銀総裁人事が発表されるとの見方がありその憶測などからドル円は神経質な展開となりそうだ。その他の候補として黒田ADPや緩和に積極的な岩田一政氏らの声も挙がっているが、全ては五十歩百歩で安倍首相の意向に沿った意見を持った人である限り円安の流れを変えるような人事はあり得ない。今週は心理的な壁となる95円台を目指す展開とみるが、一旦は利食い売りに押されることになりそうだ。

今週のドル円予想レンジ:95円30銭~92円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]イタリア総選挙など下落リスク燻る

(ユーロ円週足)


(ユーロ円日足)

EUR_JPY_20130218_hiashi.jpg


G20ではユーロ高に対する懸念は殆ど聞こえてこなかった。
バイトマン独連銀総裁は現在のユーロレベルはファンダメンタルズにほぼ一致しているとし、ユーロ押し下げのための利下げはしないと発言。ECBドラギ総裁は下内の政策金利は実際非常に低いとしたことで利下げ期待が後退した。この日はイタリアやスペイン国債が上昇。ドラギ総裁はスペインの改革取組で大きな進展を遂げたと発言。ラホイ首相も「数週間以内にかつてない財政健全化の進展を示すデータが公表される」と語った。また、イタリア総選挙を来週に控え、特にマイナス材料がなかったことも国債上昇に繫がった。ユーロ円はこの2週間で天井からじりじりと値を下げボリンジャーバンドの中心線で一先ずサポートされた。ECBの利下げへの思惑やフランスなどユーロ高へのけん制発言などがユーロの上値を抑えた。先週のG20ではそれらの懸念が一先ず払しょくされたものの、依然としてユーロ下落への警戒感の中で今年の高値を再度試す展開とみる。

今週のユーロ円予想レンジ:127円70銭(今年高値)~123円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円/豪ドル米ドル]横這い継続

(豪ドル円日足)


(豪ドル米ドル日足)

AUD_USD_20130218_hiashi.jpg


G20会合を控えオージーは対ドルで上昇し、会合後は売りが強まるなど他の通貨と逆の動きが目立った。堅調な米経済や欧州債務不安後退などからリスクオンの動きが強まるもののオージーの上値は依然として重い。ドル円の上昇にかかっているものの、そのドル円も上昇速度がここにきて落ち始めている。日足の20日移動平均線が底値を完全にサポートしているものの、ここにきて上昇から横ばいに入り始めている。2月から3月にかけてはヘッジファンド勢などの手じまいが盛んになることもあり新規の買いは期待できない。当面は横這いからやや底固い動きが継続するとみる。

今週のオージー円予想レンジ:97円50銭~95円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する