ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-02

[全般]円もドルも思惑が先行

日本では日銀総裁人事や外債購入などで円高が進み米国では量的緩和の早期見直し期待からドル高が進むなどで荒っぽい動きが目立った。
朝方発表された日本の1月貿易収支が予想を上回る赤字拡大で円売りの動きが強まった。しかし、日銀総裁人事で外債購入に積極的と言われる武藤氏が候補から外されたとの一部報道で円は上昇。また、安倍首相が外債を購入する必要性が薄まったとの発言で更に円高が進むなどここにきて一時的にせよ円安の動きに変化がみられた。
欧州時間にはドイツのメルケル首相がユーロの現在のレベルに対し1.3から1.4ドルは歴史的に見て正常のレベルであるとし為替政策には反対の意を示した。しかし、ユーロの上昇には至らなかった。
一方、注目されたFOMC議事録では複数のメンバーが雇用改善の前に債券購入の縮小や停止が必要になる可能性があると発言していたことが明らかとなった。これを受けドルが全面高となりユーロやポンドが大きく下げた。
日銀総裁人事は安倍首相のいうように財務省出身者がいけないという事はないと発言するようにまだ流動的で思惑だけが先行し過ぎる。FOMC議事録でも一部のメンバーは緩和縮小に警告を示すなどタカ派とハト派が入り混じる状況でどちらとも言えない状況。円もドルも思惑が先行し過ぎた動きが目立ったが、最終的に方向感を見いだせずに短期的な動きで終わるとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]円高とドル高で綱引き

(米ドル円時間足)



日本の1月貿易収支が1兆6294億円と過去最大の赤字に拡大した。円安で輸出は拡大したものの燃料などの輸入額がそれを上回った。元々1月は貿易赤字が膨らみやすいこともあるが、円安のデメリットが示されたことになる。市場はそれ程円売りには反応せず、寧ろその後の日銀総裁人事や外債購入に否定的な意見が首相から出たことで円買いが進み93円円半までドル円は下落した。その後、FOMC議事録で量的緩和の縮小や停止の可能性が示された事でドルが全面高となり結局ドル円は93円台でのもみ合いが続いている。明日は日米首脳会議が始まり、日銀総裁人事もそろそろ絞られてくる頃だ。思惑だけの取引では一方向にポジションを偏らせずに短期取引に徹する。

ドル円予想レンジ:94円20銭~93円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]BOE議事録で売り加速

(ポンド米ドル週足)


(ポンド米ドル時間足)

GBP_USD_20130221_jikanashi.jpg


ポンドの下落が止まらない。
1.54前半で下げ止まるかと思ったがポンドは対ドルだけではなく対ユーロなどからの売りが強まった。BOE議事録が公開され資産購入枠が6対3で維持が決定。3人のメンバーが量的緩和拡大を主張していたことが明らかとなったことで纏まったポンド売りが出た。本来であればそれ程インパクトのある材料とは思えないがそれだけポンド売りの勢いがあったという事だ。また、FOMC議事録が公開され量的緩和解除が予想以上に早まるのではといった思惑からドルが上昇しポンドはもう一段下落。損切を巻き込みながら1.5190まで売り込まれた。このレベルは2010年7月以来の安値水準となる。ただ、1.52ドル付近というのは過去何度も底値になったこともあり、そろそろ売りも一巡した可能性が高い。週足のフィボナッチでみると61.8%戻しがちょうどこの安値レベルでもある。このレベルにストップを入れておき買いを入れてみる。

ポンドドル予想レンジ:1.5320~1.5190(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[NZドル円]介入警戒感で売られたが

(NZドル円日足)


(NZドル円時間足)

NZD_JPY_20130221_jikanashi.jpg


オージーの利下げ期待もあり市場はオージーよりもこれまでキウイに買いが入りやすかった。キウイ円は2008年7月以来の高値を更新するなどここ数か月での上昇速度が際立った。
RBNZのウイラー総裁はキウイが過大評価されていると発言。キウイが一方向だけに動くわけではないと投資家に知ってもらいたいと語った。その上で「必要となれば為替市場に介入する用意がある」としたことでキウイは1円近く下落した。FOMC議事録が公開されると更にその下げ足を速めた。何とか買い手を振り落したいという中銀の意図が示されたものの投資家はそう簡単に魅力的な通貨から離れることはない。78円付近は61.8%戻しのレベルであり20日移動平均線のサポートラインでもある。このレベルがサポートされれば再び高値を目指す展開とみる。もし抜けた場合には77円付近まで強いサポートはみられないがキウイ円の上昇トレンドに変化はないとみる。

キウイ円予想レンジ:78円80銭~78円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する