ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-05

[全般]日米金融政策の温度差に注目

今日は日銀政策決定会合の結果発表と黒田総裁記者会見。NY市場ではFOMC議事録公開とバーナンキ議長議会証言を控えており、日米金融政策の違いが示されることになるか注目される。
昨日は東京市場で甘利再生相が「円高修正がどこで終わるのかに関して言及しない」など前日の発言の修正と思われる発言があり円売り先行で始まった。今日の日銀会合後の黒田総裁は最近の長期金利上昇など不安定な債券相場に対しどのような発言が出るか注目される。今のレベルに問題なしという事であれば円安の動きが強まるとみる。
NY時間にはバーナンキ議長の議会証言があり米景気動向に関してこれまで通りの内容を繰り返すと思われる。もし、少しでも前向きな変化を示すようであればドル高が進むことになる。FOMC議事録では債券購入ペースを増加、或いは減少させるという内容であったものの、メンバーの意見が減少ペースに偏っているのか注目される。昨日もセントルイス連銀ブラード総裁がフェッドはQE3を継続すべきなど前向きな発言で株式市場は上昇。一方でNY連銀のダドリー総裁は次のQEの一手は加速か減速か確信が持てないと発言。最近連銀総裁発言が増えており全般にみるとハト派からタカ派へと変化がみられる。
いずれにしても、日米金融政策の温度差はありそれを確認される動きがあればドル高と円安に反応しやすい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]黒田総裁記者会見に注目

(米ドル円時間足)



東京市場は甘利再生相の円高修正がどこまでかいえないといった発言を受け102円前半から後半に上昇して始まった。しかし、今日の日銀会合やバーナンキ議長証言を控えそれ以上の買いは続かず利益確定の動きに押された。その後は中国や欧州株式市場が堅調な地合いとなったことでNY市場にかけてドル買いが進んだ。ところが、NY時間にブラードセントルイス連銀総裁がQE継続に前向きな発言があったことでドルは急落。結局この日は102円台でのレンジ内の攻防が続いた。101円台を一度はみにいくかと思われたが結果的に102円07銭、102円25銭を底値が切り上がってきた。今日の日銀会合やバーナンキ議長の発言次第では瞬間的に101円台をみるようであれば買いを入れておきたい。

ドル円予想レンジ:103円30銭~101円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]景気減速による緩和期待

(ポンド米ドル日足)


(ポンド米ドル時間足)

GBP_USD_20130522_jikanashi.jpg


昨日は欧州時間に発表された英国消費者物価CPIや小売売上RPIが軒並み予想を下回ったことで景気刺激のための追加緩和期待が高まりポンド売りが強まった。この日はユーロ関係の経済指標発表はなく市場はポンドに集中したことも下げ幅を大きくした要因とみる。ユーロポンドの買いが強まると同時にポンド円などは各通貨で最も下落した通貨の一つとなった。NY市場では量的緩和継続期待が高まりドル安が強まりポンドは買戻しの動きもみられたが相対的に上値の重い展開が続いている。今日はNY時間にバーナンキ議長の証言やFOMC議事録要旨の公開もありドル高に反応しやすく、ポンドの下落がもう一段強まる可能性が高いとみる。一目の雲の下限を下回ったことで短期的にも下値リスクは高まっている。今日のMPC議事録は要注意。

ポンドドル予想レンジ: 1.5220(61.8%)~1.5070

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[南アフリカランド円/米ドル南アフリカランド]ドル高によるランド売り

(南アフリカランド円日足)


(米ドル南アフリカランド日足)

USD_ZAR_20130522_hiashi.jpg


ランド円の下落が止まらない。
5月10日からほぼ一本調子で下落が続いている。特に対ドルでは連日陽線となり日足チャネルの上限を一時高値が超えた。そろそろ対ドルでは限界に来ており、今日あたりから反落するか注目。このレベルを超えるほどのランド売りの材料は見当たらない。ただ、今回のランド安はドル高が主な要因であり今日のバーナンキ議長の議会証言やFOMC議事録でドル高が更に進む可能性もある。ところが、昨日はドル安が進む場面でもドルランドは上昇する場面も見られるなどランドを見切った損切が出ているようにも見える。
ここにきて、世界的にアフリカへの投資が活発になり始めていることから中長期でみると買い場に近づいているとみる。

ランド円予想レンジ:10.86~10.62

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する