ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-06

[全般]FOMCを控え今日も神経質な展開

週明けのアジア市場では日経平均株価が大幅上昇となったことで欧米市場でも株価が全面高となり市場は一時楽観的なムードが流れたが神経質な展開は続いている。
日経平均が上昇して始まりドル円も堅調なスタートとなりその動きは欧米市場でも継続。NY時間に発表されたNY連銀製造業景気指数が7.84と大きく上昇したことや、その後発表された住宅市場指数も52と予想の45を大きく上回った。景気の分かれ目を示す50を上回ったのは7年2か月ぶりだ。NYダウは一時180ドル近い上昇となった。しかし、午後に入るとFT紙の電子版でバーナンキ議長の記者会見で資産購入縮小に近づいていると示唆する可能性が高いとの単独記事が流れるとドルが上昇し株価の上値が抑えられた。
その後、同記者がツイッターで「FRBは市場操作するためにジャーナリストに何もリークしない」と発言。再びドル売りが強まった。このような観測記事に為替や株価が振り回されること自体、市場が明日のFOMC発表を控え神経質になっていることを表すものだ。ユーロやドル円なども結果はほぼ往って来いとなるなど方向感が定まらない。
先週の米国経済指標では予想を下回るものが多かったが、昨日は反対に上回るなど一喜一憂の相場展開だが、全般に米国景気の回復は緩やかな回復を示している。この状況はまさにバーナンキ議長も同様に悩ましい思いでみていることだろう。しかし、いずれは出口に向かわざるを得ないこともあり、債券購入を縮小しても緩和政策に変化はないという言い回し程度しか市場の影響を収められそうにない。
FOMCまで後一日と迫り、今日はドイツのZEWや米CPI,住宅着工件数といった指標発表を控え、更に神経質な反応を示すことになりそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]上値の重さ確認後は

(米ドル円時間足)



日経平均の上昇に連動する格好で堅調な地合いで始まったドル円は94円前半からじりじりと値を上げ95円台に乗せて東京市場を終えた。この時点ではドル円や株価の下落はほぼ終了したのではないかといった楽観的なムードが漂った。NY市場でも米景気指標が好結果となったことを受け一時95円20銭まで上昇。しかし、先週末のNY高値となる95円32銭まで届かず失速。その後FT紙電子版で量的緩和縮小の検討に近づいているとの記事でそのムードも一転。再び94円前半まで押し戻されるなど、不安定な動きが依然として継続。時間足をみると三角保ち合いが終息し始めており、そろそろどちらかに放れるかもみ合い状態に入るかどちらかだ。放れるとすれば昨日の上値の重さを確認した後だけに、93円台を試す可能性が高い。
しかし、明日のFOMCを控え下割れするような地合いではなく、下げたところは買いを入れておきたい。

ドル円予想レンジ:94円90銭~93円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]RBA議事録公開で下値リスク高まる

(豪ドル米ドル日足)


(豪ドル米ドル時間足)

AUD_USD_20130618_jikanashi.jpg


週明け東京市場の株価が堅調な地合いで始まったことでリスクオンの動きから久しぶりにオージー円での買いも見られた。ドル円がオージードルを押し上げた格好だ。
しかし、欧米市場に入ると対ユーロと対ドル双方から売りが散見。結局0.98ドルまでの戻しに失敗。ボリンジャーバンドの中心線でもあり6月6日の高値でもある0.96ミドルがレジスタンスとなり折り返したことで再び弱気のセンチメントが強まった。
今日のRBA議事録要旨の公開で再び景気減速による追加緩和の可能性や為替レベルへのけん制する内容が再確認されるようであれば下落リスクが高まる。
明日のFOMCでも債券購入の縮小に言及があればドル高によるオージー売りが強まるとの見方から上値の重い展開になりそうだ。

オージードル予想レンジ:0.9600~ 0.9430

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]短期の三角保ち合い上に放れる

(ユーロ米ドル時間足)



週明けのアジア市場でドルが全面高となったことでユーロは上値の重い展開で始まった。
しかし、欧州市場が始まると軒並みユーロ圏各国の株価が上昇したことでユーロ買いが強まった。しかしNY時間にFT紙の量的緩和解除に近づいたとの単独記事が伝わるとドル買いが再び強まった。時間足の三角もち合いが収束してきたところで今度はFT記事が全くの観測記事であったことが明らかとなりドル売りが再び強まるとユーロは保ち合いから上に放れた。しかし、結局1.34ドルに届かず短期的なエネルギーは消耗したことで上値を超えるのは目先難しくなった。明日のFOMCでは量的緩和縮小に向けた何らかの発言があるとの見方は根強いことからドル買いの動きが強まる可能性が高い。
今日はドイツとユーロ圏のZEWが発表されるが、神経質な展開の中で一時的に反応しやすい。しかし、1.34ドルから1.33ドルのレンジを超える程のエネルギーはなさそうだ。

ユーロドル予想レンジ:1.3380~1.3300

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する