ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-08

[全般]円安ドル高が加速

前日のFOMC議事録公開で米国量的緩和縮小への期待の高まりから米長期債利回りが一時2.9%台に乗せると同時にドルも全面高。そして円売りも加速した。
これまで量的緩和縮小という動きが強まるとNYダウが下落したものの昨日は7営業日ぶりに反発。これによりドルの下落リスクは後退し長期金利の上昇に為替は素直に反応した形だ。
アジア時間に発表された中国8月PMIが50.1と予想の48.2を上回ったことやユーロ圏でもPMIが51.7と予想の50.9を上回ったこともNY株価の上昇に繫がった。米国も含め中国とユーロ圏が同時に50を上回ったことで世界の製造業の回復期待が高まった。
また、この日発表された新規失業保険申請件数が33.6万件と予想の33万件を若干上回ったことでドルが一時的に売られたものの4週移動平均は6週連続して改善された事を好感。この調査時期が来月の雇用統計の雇用者数と同時期という事から雇用統計が更に改善されるとみることが出来る。そうなると量的緩和縮小への重要な足がかりとなるだろう。
今日から始まるジャクソンホールでのシンポジウムには黒田総裁が出席。その席で総裁はデフレ脱却のために何でもするといった発言を繰り返すと予想され、円安が更に進む菊花になりそうだ。また、各連銀総裁による量的緩和縮小に関する発言も今の市場はドル買いに反応しやすい。
今日もドル高円安の流れは継続するとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]株との連動性から離れ円全面安

(米ドル円日足)

USD_JPY_20130823_hiashi.jpg

未明に公開されたFOMC議事録では量的緩和縮小への動きが確認された事でドル円は上昇。その勢いも収まらないなかで中国の製造業PMIが予想を上回りドル円の上昇に弾みがついた。日経平均株価は上下に不安定な動きがみられたもののこれまでのようなドル円への影響は薄れてきたことも買い安心感を与えた。欧州時間に発表されたユーロ圏PMIも予想を上回ったことで欧米株価が全面高となったこともリスクオンからのクロス円の買いを促した。NYの引けにかけてクロス円ともに円安の流れが続きほぼ高値圏での引けとなった。
ただ、この98円70銭付近というのはテクニカル的に非常に多くのレジスタンスが重なるレベルであり意識されている。一目の雲やフィボナッチの50%戻し、そして下降トレンドラインがこの98円70銭付近で頭を抑える。これはインターバンクのディーラー連中も見ていることから利食い売りが出やすい。しかし、ポジション的にはそれ程ロングが偏っている状況ではなくいずれ上値を抜いてくるのは時間の問題とみる。

ドル円予想レンジ:99円35銭~98円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]製造業の回復基調

(ユーロ円日足)

EUR_JPY_20130823_hiashi.jpg

欧州時間に発表されたユーロ圏8月製造業PMIは51.7と景気判断の分かれ目となる50を超え予想の50.9を上回った。一旦はユーロ買いが強まったが、その後米長期金利が上昇したことから対ドルでユーロ売りが強まった。しかし、欧米の株価が堅調な地合いとなったことでリスクオンからのユーロ円の買いも一部みられるなど底堅い動きが続いた。また、ロンドンフィキシングに向けて纏まったユーロポンドの買いが出るとユーロは更に上昇。対円対ドルでもほぼ高値圏でNYを引けてきた。ドル円の上昇に勢いもありユーロ円は7月に付けた高値レベルである132円後半を試す展開とみる。

ユーロ円予想レンジ:132円70銭(7月24日高値)~131円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円] 世界同時株高で買戻し

(豪ドル円時間足)


オージー円は3日連続の陰線が出た後に反発し大幅上昇となった。
久しぶりにオージー円のストレートの買いが東京時間から入り始めた。中国の8月PMIが発表される前には投げ売りがみられたものの、結果は予想を上回る50.1となったことで買戻しが入った。対ドルでは依然として重いもののドル円の上昇がオージー円を底上げする格好となった。ユーロ圏PMIも中国と同様に予想を上回る中で欧米株価が全面高となりリスクオンの動きが活発となったことでオージー円は更に上昇。ほぼ高値圏で引けてきている。ここまで下落すると値ごろ感からも買いを入れてみたいレベルではあるがまだ本格的な買いに繋がるものではく、調整の買い戻しとみた方がよさそうだ。
90円をクリアに上抜いたとしても92円ミドルはかなり強いレジスタンスになる。

オージー円予想レンジ:89円50銭~88円60銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する