ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-08

[全般]シリア緊迫で円買い一色

シリア情勢の緊迫化に対し市場は安全通貨である円買いを強めた。
通常であれば有事のドル買いという流れが出来るところが今回のドルは寧ろ売られて円買い一色となった。シリアへの攻撃となれば原油価格が上昇し景気を後退させ財政負担が増えるといった見方もあるが、それは少し違うのではないか。結局、米国金融政策の不透明感が漂う中で今回の紛争リスクが更に不安を加速させたためとみる。結果的に安全資産である債券や原油、金、そしてコモディティーが上昇する一方でリスクの高い株を売る動きが強まった。また、米国財政上限問題でも10月半ばに上限に達しデフォルトリスクが高まるといった不安感も助長。既に、このことは想定内であったもののリスクが高まると過剰に市場は反応しやすい。思わぬ伏兵が現れたことでこれまでの量的緩和縮小により一喜一憂していた市場のテーマは一時棚に置かれた格好だ。
報道によると29日にもミサイル攻撃を3日間限定で行われる可能性が高いという。米国報道官はまだ他にも手段があるとしているが、市場はそんなことはどうでもそのリスクがあるだけでリスク回避に入るものだ。
いずれにしても、それ程長引くものではないがここはポジションを縮小し慎重に対応したほうが賢い。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]有事の円買い

(米ドル円日足)

USD_JPY_20130828_hiashi.jpg

全くこれまでとは違うテーマが現れたことでドル円は一気に下値を割り込んできた。
シリアへの攻撃という紛争で市場のセンチメントは一気にリスクオフの動きが強まりクロス円の投げが日中から強まり円買い一色となった。有事のドル買いではなく有事の円買いという動きだ。頭を傾げる動きではあるがそれだけ相対的にみて日本の景気回復力があるという事かもしれない。ただ、今回の円高の背景には米金融政策への不透明感があり、そこに米債務上限問題も重なり不安感が助長。円を積極的に買ったというよりも長期的投資のポジションの投げが入ったとみる。今回の西側諸国の介入は3日間の限定となるか長引くかはわからない。
いずれにしても9月のFOMCまではこの不安定な動きは燻ることになるだろう。

ドル円予想レンジ:97円50銭~96円60銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]一旦は下げ止まり感も

(ユーロ円日足)

EUR_JPY_20130828_hiashi.jpg

(ユーロ米ドル時間足)

EUR_USD_20130828_jikanashi.jpg

シリア情勢の緊迫化により円買いの動きが強まりユーロ円もストレートの売りが散見された。今日は一目の雲が129円80銭付近に停滞しその下の129円65銭は61.8%戻しとなるなど、そろそろ下げもこの辺で一服感が出るところだ。
対ドルでは寧ろユーロは1.33ドルを底に上昇に転じており、ここからのユーロ円の下げ圧力を緩和している。また、昨日はユーロポンドでも纏まった買いが欧州サイドから入ったといわれるなど、有事に対してユーロはドルよりも寧ろ底力を見せた。
一旦は下げ止まり感が出てきたものの、買い攻めをしていくほどでもない。

ユーロ円予想レンジ: 130円50銭~129円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]今年最安値を睨む展開

(豪ドル円週足)

AUD_JPY_20130828_syuashi.jpg

東京市場では早朝からオージー円のストレートの売りが断続的に出るなど資本と思われる売りも目立った。これまでもオージーに対して弱気の見方が広がっていたところで更にシリア情勢のリスクがオージー売りに拍車をかけた格好だ。
8月22日に付けた安値87円40銭付近でも損切の売りが入りほぼ安値圏で引けてきた。
今年最安値となる86円40銭を付けるようであれば更にロスカットがついて更に下落リスクが高まる恐れがある。ただ、週足のチャートをみると一目の雲の下限が86円付近にありその上の86円20銭付近が61.8%戻しにあたることから下げ止まり感も出る頃だ。
105円ミドルから下落が続いたオージー円もそろそろ一幕の終わりに近づいてきたように見える。シリア情勢が早期に解決するようであれば反転のチャンスになるかもしれない。

オージー円予想レンジ:87円70銭~86円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する