ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-08

[全般]シリア第一弾のショック和らぐ

シリアへの軍事介入が29日から実施されるとの憶測から市場は安全通貨としての円やスイスフラン、そして金などに資金が一気に流れ込んだ。また、原油価格も2年4か月ぶりに112ドル台に上昇するなど緊迫したシリア情勢による有事の動きが強まった。
その最初の衝撃的なショックはあったものの、その後は徐々に市場も落ち着きを取り戻し始めている。国連決議のないまま介入実施に対する反対の意見もあり暫く結論が出るのに時間がかかりそうだが、市場への影響は徐々に後退している。最近の市場は先読みの動きが激しく、もし攻撃を仕掛けたとしても寧ろこれまで買われ過ぎた円や売られ過ぎた新興国通貨などのポジションの巻き戻しが強まる可能性が高いとみる。
昨日発表された米中古住宅販売は-1.3%と大きく予想を下回り今年最大の下げとなった。先週発表された新築住宅販売も大きく下回ったことで量的緩和縮小時期が後退する可能性が高まる。長期金利の上昇が住宅市場の足枷となっていることを表すもので、次回のFOMCでのネガティブ材料として捉えられる。しかし、最も注目度が高いのは雇用環境だ。
今日は新規失業保険申請件数が発表される。予想は33.2万件と前週の33.6万件から改善されると予想される。これまで穏やかな改善を示していることから予想通りであれば素直にドル買いに反応してくるだろう。
しかし、シリア情勢の成り行き次第では突発的な動きになりやすく細かいデイトレに徹したい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]一先ず底打ち感も

(米ドル円日足)


(米ドル円時間足)

USD_JPY_20130829_jikanashi.jpg


朝方は緊迫したシリア情勢により株価が大きく下落して始まりドル円の一時96円80銭まで売り込まれた。元々米量的緩和縮小を巡り不安定な状態のなかでの今回のシリア危機でクロス円も含め投げの動きが高まったためとみられる。しかし、売りも一巡すると寧ろ値ごろ感からの買いも入り底堅い動きに転じた。NY市場が始まり株価が堅調な地合いを受けドルが底堅い動きになるとクロス円も下げ止まる中でドル円もしっかり。
前日のNY高値97円83銭を意識したのか一旦は上値を抑えられた。
ほぼ高値圏での引けとなったことで買いの意欲はまだ強く、日経がNYの上昇に伴いプラスで始まれば再度高値を試す展開とみる。
NY時間に発表の新規失業保険申請件数が注目されるものの、シリア情勢が更に緊迫化すれば再度押し戻されるリスクもあり神経質な動きは続く。

ドル円予想レンジ:98円20銭(61.8%)~97円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]荒っぽい動きに警戒

(ユーロ米ドル時間足)


(ユーロ米ドル日足)

EUR_USD_20130829_hiashi.jpg


シリア情勢も時間の経過とともに落ち着きを取り戻すと米国長期金利が上昇。欧州市場ではユーロは上値の重い展開となった。
NY市場で発表された米中古住宅販売成約指数が予想を大きく下回り、ドル売りにより一旦はユーロが上昇。しかし、戻しを待ち構えたように1.3370付近からは売りが強まり押し戻された。先週から凡そ1.34ドルから1.33ドルのレンジでもみ合いが続いている。結局上値を1.34ドル付近で抑えられるようであればダブルトップを形成することになる。反対に、1.3450をクリアに上抜けすることが出来れば、今年高値の1.34ドル台を試す展開とみる。
当面はレンジ内での動きとみてどちらにも偏らずにレンジ取引に徹する。

ユーロドル予想レンジ:1.3380(76.4%)~1.3300(基準線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]カーニー発言で乱高下

(ポンド米ドル日足)


(ポンド米ドル時間足)

GBP_USD_20130829_jikanashi.jpg


1.56付近でかなりの時間もみ合いが続いたがもみ合いから下に抜け出た。昨日はシリア情勢の緊迫化によりポンド売りが先行して始まり上値の重い展開が続いた。
しかし、ロンドン時間にカーニーBOE総裁が「市場金利が景気回復を脅かせばBOEは緩和実施の用意がある」と発言すると1.5420付近まで下落。しかし、総裁は「フォワードガイダンスは景気回復を促す」と発言。一気にポンドの買い戻しが入るなど荒っぽい動きとなった。依然として流動性が低下していることもありちょっとした材料でポンドは激しい値動きとなり、それが過ぎ去ると全く動かなくなる。6日陰線が連続して現れ、それも下ヒゲが日ごとに長くなっている。一目の基準線が154前半になりフィボナッチの50%戻しでもあり目先下げ止まり感が出てきた。米長期金利の上昇により上値は抑えられているものの、再びもみ合いが続いた1.56ドルに向けた動きになるとみる。

ポンドドル予想レンジ:1.5570~1.5480

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する