ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-09

[全般]サプライズとなったFOMC

FOMCでは量的緩和縮小を見送るなど予想外の展開となった。
市場の多くは今回のFOMCで規模はどうあれ量的緩和縮小は必至とみていたが見送られた事でサプライズとなりドルは全面安の展開。
声明では金利上昇が続く恐れや雇用の質、財政問題も景気回復のリスクとしそれらを見極めるとした。特に労働市場の見通し次第という事から今後も雇用市場の動向が焦点となる。議長は「緩和縮小の第一歩は年内に可能」としており、今回は見送ったが12月のFOMCで実施する可能性が高まる。結局仕切り直しとなったものの、先延ばししただけでドルの上昇は時間の経過とともに戻るとみてよい。
この結果を受けNY株価は大幅高となり債券市場では長期金利が低下した。緩和政策は予想以上に長期化するとの見方が広がっているが、長期金利上昇を抑えたいという意図もありそうだ。いずれにしても、市場はリスクオンの動きが強まっており円売りの動きは今後更に強まるとみている。ただ、今回のショックが癒されるまではもう暫らく時間が必要だ。
今日の市場はショックが未だ残ることから荒っぽい動きが予想されるが、最終的にドルの安値を拾っていきたい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]時間調整後は再び上昇へ

(米ドル円日足)


(米ドル円30分足)

USD_JPY_20130919_30hunashi.jpg


市場が期待した量的緩和縮小の実施が見送られたことでドル円は99円付近から一気に97円75銭まで1円余り下落した。しかし、テーパリングの実施は必至で12月のFOMCに持ち越したという事であれば、中期的にはドル買いの動きに変化はなく一時的な下落で終わりそうだ。
今日の日経平均はNYダウの上昇に伴い堅調な動きで始まるとみられ、そうなればクロス円も含め円売りの動きが強まるとみる。ただ、ショックの影響は燻ることから何度か上下に振らされることになりそうだ。
寧ろ、仕切り直してということで、ここからは安値を丁寧に拾っていきたい。

ドル円予想レンジ:98円90銭~97円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ドル安進行も一時的

(ユーロ米ドル30分足)

EUR_USD_20130919_30hunashi.jpg

(ユーロ米ドル日足)



量的緩和縮小がFOMCで見送られた事でドルが全面高となりユーロは1.34から1.3450の強いレジスタンスのゾーンを上に抜け出た。次のレジスタンスは今年最高値となる1.37が視野に入る。しかし、今回のユーロ高はFOMCショックによるもので一時的に終わる可能性が高い。ショートがかなり切らされた事で目先はなかなか下げづらいものの、時間の経過とともに押し戻されていくとみる。ユーロの次のテーマとしてはドイツの総選挙であり、その前にはロングポジションの手仕舞いが入りやすくなる。
1.3550をバックに売りを出してみたい。

ユーロドル予想レンジ: 1.3540~1.3440(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]雲から離れ上昇

(豪ドル円日足)



ドルが全面安となったがクロス円にとっては殆どドルが相殺された事で大きな動きは見られなかった。しかし、オージー円は1円近い上昇となるなど買いの強さが目立つ。
一目の雲から上に放れたことで上昇の勢いはあり次のレジスタンスは6月の高値93円80銭付近とみる。米国が量的緩和縮小を見送ったことで株価が上昇しリスクオンの動きが今後強まればオージー円の底上げにもなる。新興国通貨も今回の見送りでアジア市場の景気底上げにつながりオージー買い材料でもある。
93円80銭を上抜くのは時間の問題とみるが、目先93円55銭はダブルトップのレベルとなり、一旦は利食い売りが出やすい。

オージー円予想レンジ: 93円80銭(38.2%、6月10日高値)~93円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する