ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-10

[全般]米国への不安拡大、相場もチキンゲーム

米国労働省は本日発表される予定であった雇用統計を延期し、新たな発表日も未定とした。
財務省は債務不履行が発生した場合にリーマンショック以上の深刻なデフォルトに陥るとの見通しを発表。
今月末に行われるFOMC会合で量的緩和縮小実施のカギを握る雇用統計発表が延期された事自体は市場にとってはニュートラルではあるが、それが延期される状況が市場の不安感を増した。
財務省によれば、債務不履行に陥った場合には金融市場は機能停止となりドルが急落、国債は売られ金利が暴騰するというものだ。確かに、そうなることは間違いないだろう。
これをそのまま受け取ってしまえばドル売りが更に加速することになるが、市場の混乱はそれ程見られない。市場は臆病ではあるが馬鹿ではない。過去の経験が今の相場を支えているともいえる。寧ろ、このような時の方が大きな利益をもたらすものだという事も心得ている。
この様な警告が発せられるという事はかなり事態が煮詰まってきたという事かもしれない。
いずれにしても、このような状況ではちょっとした悪材料でも反応しやすいことから出来るだけ動きやすい体制でいた方が良い。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]雇用統計延期で深刻度増す

(米ドル円日足)



今週に入り法案が期限切れとなり政府機関の停止がこれで三日目に入った。本日発表予定であった雇用統計発表も延期されるなど深刻度は日々増していく。
しかし、ドル円はそれ程大きな変化はなく寧ろよくこの程度で収まっているともいえる。
クロス円や株などリスクの高いものでも全般にドル円と同様の状況だ。米国の今の状況を楽観的に見過ぎているというが、実際に債務不履行になった場合には世界的なパニック状態に陥ることになる。そんな状況となれば最も傷つくのが米国自身であり、そこまで陥るのであればドル中心の相場の終焉を表すものとなる。
今、そこまでイメージして取引するのはどう見てもやり過ぎだろう。
今日のドル円は昨日のNYダウ下落に伴いドル売りが先行するとみるが、東京市場では午前と午後の動きが全く異なることが多い。昨日付けた安値97円90銭から8月28日の安値97円80銭を超えてくると95円80銭まで特にサポートは見られない。

ドル円予想レンジ:97円80銭~96円80銭(8月28日安値)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]今年高値1.3710を意識

(ユーロ米ドル時間足)


(ユーロ米ドル日足)

EUR_USD_20131004_hiashi.jpg


ユーロドルはこの日も8か月ぶりの高値を更新してきた。
イタリアではレッタ内閣が信任された事や、ベルルスコーニ元首相が月内にも議員資格はく奪が決まったことが市場に好感された。ユーロは1.36ドルをクリアに上抜き8か月以来の高値1.3645を付けた。一旦高値を付けた後の下押し後に再び上昇するというパターンが依然として継続している。
この上昇はドル安が殆ど後押しするものだが、それでもドルに替わる通貨としてユーロというイメージが強いことを示すものだろう。
週末にもし米政府機関の閉鎖が解かれるようであれば一気にドル高に進むことにもなりかねず、今日は一旦は調整の売りが強まるとみる。ただ、今回のユーロ買いはユーロポンドの買いも大分入っていることからポジション的にユーロドル単体ではそれ程偏っていないとみられる。
今年の高値となる1.3710が徐々に意識され始めている。

ユーロドル予想レンジ:1.3700~1.3590

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[南アフリカランド円]底値を確認

(南アフリカランド円日足)



クロス円でこの数週間に最も下落した一つがランド円だ。10.32から約61.8%戻しのレベルとなる9.57円付近まで下落し下髭を伸ばして反発している。ランド円の特徴は単純という事だ。流動性が低い通貨という事もあるが、今でも高金利通貨という事も大きな特徴となっている。基本的にデイトレ通貨ではないことから中期的な投資目的で買いから入ることが多い。9.57円を次に下回った時には9.23の安値を再度試すことになるが、ここで反発する可能性もある。中期的な投資としてこのレベルを意識して買うかどうかを考えてみてはどうか。

ランド円予想レンジ9円75銭~9円64銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する