ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-10

[全般]米国リスクもタイムリミット

先週は暫定予算のタイムリミットが過ぎ政府の一部が閉鎖となったことで市場の米国財政への懸念が拡大しリスクオフの動きが強まった。また、これにより米雇用統計発表も延期されるといった異常事態に陥った。このまま与野党の対立が続くようであれば17日には財政債務が法定上限を超えてしまうというタイムリミットに近づいていく。もし、それまでに決着がつかない場合はデフォルトという最悪シナリオが始まることになる。まさに、与野党はどちらが先に譲歩するかチキンゲームが続く。このゲームが長引くようであればFRBは量的緩和縮小時期を当面見送る可能性が高まることになる。
結果的にタイムリミットに近づく度にドル安リスクが高まることになる。
既に為替市場では最悪シナリオまではいかないものの、一先ずこの2週間でポジション縮小の動きにより円買いとドル売りが進んでいる。
今週は与野党協議が進み妥協案が示されるようであればこれまでのドル売りと円買いの反動が入ることになる。実際に政府機関の閉鎖が解除となれば延期された雇用統計も今週発表される可能性がある。市場は米国に対する不信感が広がり始めているだけに、少しでも予想を下回るようであれば,再び量的緩和縮小時期先送り観測からドル売りの動きを加速させかねない。
今週の米経済指標は先週同様延期されかねないので注意したい。
今週も各連銀総裁公演が複数開かれる。
火曜日にはクリーブランド、フィラデルフィア連銀総裁。水曜はシカゴのエバンス総裁。木曜にはセントルイスやサンフランシスコ連銀総裁の講演などから金融政策の行方を探ることになる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]急速な反転に注意

(米ドル円日足)



先週は米政府機関閉鎖など米財政問題を巡りリスクオフによるドル安と円高に進みやすい地合いとなった。
過去の閉鎖された平均日数は4日間ということもあり、今週中に与野党歩み寄りがみられる可能性が高い。これまで買いを控えていたところもそうなれば一斉に買いを入れてくると思われる。ただ、次週の17日までに債務上限を引き上げなければデフォルトの危機が高まることになる。結果的にドル円の戻しには限界がありそうだ。一方、中期的にみた量的緩和縮小実施観測は変化がなく下値も限定的となる。
今週全般を通しては与野党歩み寄りがみられるまで上値の重い展開は継続されそうだ。ただ、一時的にせよ急速な反動の買いが入る可能性もありショートで攻めるには注意が必要だ。

今週ドル円予想レンジ:99円20銭(61.2%)~95円80銭(8月8日安値)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]BOE政策会合に注目

(ポンド米ドル週足)


(ポンド米ドル日足)

GBP_USD_20131007_hiashi.jpg


堅調な地合いが続いたポンドも先週末にかけ大幅下落となった。
この2週間近くは主にドル安主導で上昇していたポンドも週末にかけその調整も入り急落。
今週もまだ米財政問題の混乱は燻るものの、大分米国発の影響は織り込んだとみる。
今週は水曜日にBOEの政策会合が開かれるが、その前日の東京時間早朝に9月の小売売上高が発表される。前回1.8%を上回る2.0%と予想され、予想通りであればBOE会合では来年にかけて利上げを示唆する可能性が高まる。しかし、これまで何度か利上げ観測からの買いも入っていたことから上値は限定的とみる。
先週付けた1.62ミドルの高値は昨年から2年近く上値を抑えられている。一先ず天井を付けた可能性もあり、下落リスクに注意したい。もし、米国サイドで与野党が何らかの妥協案を受け入れるようであればドル高によるポンド安が進むきっかけになるとみる。

今週のポンドドル予想レンジ:1.6130~1.5840(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]リスクオフでも底堅さ変わらず

(豪ドル円週足)


(豪ドル円時間足)

AUD_JPY_20131007_jikanashi.jpg


先週は米財政問題で各市場はリスクオフの動きが強まった。これまでのオージー円であれば真っ先に売りが強まる通貨であったが寧ろ陽線で引けてきた。その前の週に既に下げ切っていたという見方もあるが、それでもオージー円の底の硬さは印象的だ。
その背景には中国の景気回復の兆しが見え始めたことだけではない。先日のRBA会合で当面利下げの可能性が後退したことが買い安心感を与えている。ドル円が反転する時はオージー円も同時に買いが出てくるとみている。タイミングは、米国財政問題解決の糸口と量的緩和縮小時期への見通しが少しずつ見えてくるときになりそうだ。

オージー円予想レンジ93円00銭(61.8%)~91円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する