ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2013-10

[全般]FOMC議事録でドル安加速も

米国暫定予算を巡る与野党の攻防は依然として歩み寄りを見せずに時間が過ぎていくなか、次第に不安感が拡大しドルのじり安が止まらない。
先週末に何らかの進展があるかと思われた米財務問題も結局何ら進展がないまま終わり週明けアジア市場ではドルが一段安で始まった。その後も状況は変わらず欧米市場では株式市場などあらゆる市場でリスクオフの動きが進んだ。
NY時間には債務上限が6か月延長になるとの話が流れ一時的にドルが買い戻される場面も見られたが、結局噂という事が分かるとすぐにドル売りが再開。ショートが切らされただけに寧ろドル下落幅は拡大した。米国与野党の動きはここに来てこう着状態が続いており時間が経つごとにドル安は進む状況に変わりはない。
今日はNYの午後にFOMC議事録が公開されるが、現状のドル安を更に加速させる可能性が高い。量的緩和縮小実施を見送ったその背景には米国経済回復への見方がやや弱気に傾いた可能性が高く、どの程度のメンバーが緩和縮小に反対したのかが一つのポイントになる。また、今後の縮小条件として具体的にどの程度の雇用も含めた数字が目標となるのかも注目される。
また、この判断は今回の財政問題が起こる前の段階という事もあり、更にこの時よりも米国経済への不安は高まっている。それらをマーケットが判断すればドル安を仕掛けるには十分な材料になる。
一方で、昨日のように噂が突然出るようにいつ問題が解決されるかもわからず不安定な動きの中でドル安地合いが少しずつ進んでいきやすい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]上値めど立たず

(米ドル円日足)



先週末にNYダウが上昇して終了したことから週明け日経平均への期待は高まった。しかし、週末に米暫定予算の与野党の歩み寄りがなかったことでドル安が進んだことから結局日経平均も大幅に下落。円高も同時に進んだ。NY時間には債務上限が6か月延長されるとの噂が広がり短期のショートポジションの損切を巻き込み一時97円20銭付近まで上昇。しかし、噂とわかると今度は以前よりもドル売りが強まった。目先のサポートとみられた76.4%戻しの96円90銭や8月28日安値となる96円80銭も下回ったことでドルベアの動きが更に強まりそうだ。
今日はFOMC議事録が公開されることから、ドル売りの恰好の材料になりやすい。突発的なドル買いを警戒しながらも短期のドル売りを仕掛けてくるとみる。

ドル円予想レンジ:97円20銭~96円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ドル安で再度高値試す展開

(ユーロ米ドル日足)



先週後半に高値から反落したユーロは週明けから再び上昇に転じた。
先週のユーロはドル安の流れに乗って今年最高値となる1.37ドル台に乗せる勢いもみられた。しかし、週末にかけて米暫定予算が決着するとの見方が広がると利益確定の売りなどに押されて引けた。結果的に週末には与野党の歩み寄りが見られずにそのままにらみ合いが続いたことでドル売りが再開。ユーロはじりじりと買われ1.3590まで上昇。しかし、NY時間には債務上限が半年延期されるとの噂で1.3542まで売り込まれたが、先週末の安値を超えられずに反転。噂により寧ろ底値の硬さを確認した格好となった。
昨日はギリシャが7年ぶりにプラスの成長見通しを示したこともユーロの買い安心感を高めた。今日のFOMCではドル安を更に加速させる可能性が高い。
ボリンジャーバンドは依然として上昇トレンドを示しており、パラボリックのSAR1.3530手前で反転したことからもう一段の上値を試す展開が予想される。

ユーロドル予想レンジ:1.3630~1.3530(SAR)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]三角保ち合いの一時的な下抜けも

(豪ドル円時間足)


(豪ドル円日足)

AUD_JPY_20131008_hiashi.jpg


先週末にかけ持ち直したと思われたオージー円は週明け再び売りが先行して始まった。米国暫定予算協議が依然として難航していることが背景にある。この米財政問題は一時的とみているものの、リスクの高いオージーに対しては悲観的な見方が強まった。しかし、短期的な動きをみると三角保ち合いが徐々に収束している。今の状況をみると下方向に放れる可能性が高く、今日のFOMC議事録公開などを切っ掛けに下値を探る展開を予想する。
ただ、この動きも一時的なものという見方が強く最終的に米国財政問題が片付くとみれば買い場を提供してくれるともいえそうだ。

オージー円予想レンジ91円60銭~90円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する