ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2014-02

[全般]1月雇用統計で悪天候の影響も

昨日発表された1月米ADP雇用統計とISM非製造業の発表で市場は上下に振れる荒っぽい動きとなり、週末の雇用統計への注目が更に高まっている。
東京市場では新興国通貨の上昇により日経株価が上昇。リスクオンの動きが強まったもののドル円やクロス円では雇用統計を控え寧ろ利食い売りが目立った。
欧州市場ではポンド売りが強まる中でクロス円の売りが更に強まる中で各クロス取引が活発となり掴みどころのない相場展開が続き方向感の乏しい動きが目立った。
NY市場では今週末発表を控える雇用統計の先行指標となる1月ADP雇用統計が+17.5万人と予想の18.5万人を下回ったことでドル長期債利回りが低下。NYダウやドル売りが強まりドル円は一時100円79銭まで下落した。この結果は1月の悪天候が影響したことから一時的とみられその後買い戻しが入った。
その後発表された1月非製造業ISMは54.0と予想の53.7を上回ったことを好感しドル円は101円63銭まで上昇後すぐに利食い売りが出て押し戻されるなど上下に荒っぽい動きとなった。ISMの雇用部門では+0.8と約3年ぶりの高水準となるなど、週末の雇用統計への注目度は高まる。
悪天候の影響で悪化するとの見方に反し、前月の反動から雇用者数が予想以上に増加する可能性もあるなど不透明感が漂う。
市場の注目は雇用統計の結果を受け量的緩和縮小のペースに変化が出るかに注目が集まる。
しかし、最終的に新興国問題が収まるかどうかがポイントとなる。
昨日はプロッサー・フィラデルフィア連銀総裁やロックハート・アトランタ連銀総裁が新興国市場の混乱による米国への影響は低いと述べたが、市場の不安感は払しょくされない。
一先ず、雇用統計の結果を見極めるまでは週初からのレンジを基本としたボックス相場に入ったとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]100円台は買い

(米ドル円時間足)

USD_JPY_20140206_jikanashi.jpg

東京市場では日経株価が上昇して始まるとドル円やクロス円では寧ろ利食い売りが先行。
NY時間にはADP雇用統計の悪化から100円79銭まで下落。その後に発表されたISM非製造業が予想を上回ったことで101円63銭まで上昇するなど、上下に激しい動きがみられた。結局前日のレンジ101円75銭から100円75銭内で止まった。
100円台は今週に入り3度試しに行ったものの、結局短い滞空時間で跳ね返されたことで当面100円台では買いが入りやすくなった。
時間足でみると下降トレンドラインが上値を抑えられていることからここからは三角保ち合いに入る可能性が高まる。
ただ、100円台の底堅さを確認しただけに今日は上値を試す可能性が高く、101円75銭付近をクリアーに抜けていくようであれば102円台乗せも視野に入る。

ドル円予想レンジ:102円00銭~101円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ECB理事会で保ち合い放れ

(ユーロ米ドル時間足)

EUR_USD_20140206_jikanashi.jpg

(ユーロ米ドル日足)

EUR_USD_20140206_hiashi.jpg

ユーロはここ数日1.35付近から1.35ミドルの狭いレンジ内でのもみ合いが続いている。新興国問題からの影響はユーロにとってはそれ程波及はみられないが、それだけに今日のECB理事会は注目度が高い。
先週発表されたユーロ圏CPIが0.7%と予想を下回ったことでユーロは急落した。ECBの目安となる2%を大きく下回っていることから今日の理事会で政策金利を引き下げ、或いは流動性を吸収する措置を打ち切る可能性があるとの見方が広がった。
ここ数日のユーロドルは小幅なもみ合いであるものの三角保ち合いが収束しており、今回の会合でどちらかに放れることになりそうだ。
もし、今回のECBで何のアクションがなければ上に放れることになるだろう。一方、もし何らかのアクションを起こすようであれば下に放れるとみられる。
ただ、今の世界的な同時株安が続く中でECBが何らかのアクションを行えば新たな混乱を招く可能性があり、今回は据え置きとみている。
ただし、日足の下降チャネルは継続しており一目の雲の下限付近が上値の限界とみる。

ユーロドル予想レンジ: 1.3590(雲の下限、61.8%)~1.3480

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]底固めから上値トライ

(豪ドル円日足)


(豪ドル円時間足)

AUD_JPY_20140206_jikanashi.jpg

4日のRBA会合で不快な程高いといった文言が削除された事で豪ドルの下落は止まり上昇に転じた。今回の上昇は自律反転的な動きとみるが、それでも市場ではクロス円の買いが徐々に見られるようになった。これまで売られ過ぎたオージーだけに上昇が始まる時は反発も大きい。ただし、今の不安定な市場の中で本格的な買いは出にくく、テクニカル的な上昇に留まるとみている。90円台の底値固めが終わり目先のレジスタンスとなる91円10銭をクリアーに抜けることが出来れば92円70銭付近を目指すとみる。
一先ずその前にボリンジャーバンドの上限であり76.4%戻しとなる91円60銭が目先のターゲットになる。反対に抜けきれないと90円付近まで押し戻されることになる。

オージー円予想レンジ: 91円10銭(1月29日高値)~90円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する