ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2014-03

[全般]堅調な欧米株式市場が防波堤に

東京市場では堅調な日経株価に支えられてドル円クロス円ともに高値圏での底堅い動きが続いた。しかし、その後プーチン大統領がクリミアのロシア編入は妥当とし、編入を求めたとの報道で再び地政学的リスクが高まると円買いの動きが強まった。
その後、欧州タイムでプーチン大統領がロシアはウクライナの更なる分割を望まないと発言。これを受けリスクは後退。円売りが進んだ。ところが、その直後にロシア軍がクリミア首都のウクライナ軍事基地に発砲し、ウクライナ兵士が一人死亡したとの一部報道を受け再びリスクが高まった。
為替市場はプーチン大統領の言動で振り回される状況が続くなかで欧米株式市場は活況を呈している。
この日発表された米2月CPIは予想通りではあったものの、住宅着工件数は予想を下回った。一方、住宅許可件数は予想を上回った。株式市場はウクライナ情勢を無視した格好で好材料に反応しやすい状況。
米国経済改善への期待は強く、地政学的リスクなどがあっても米国株式市場が為替市場にとっても防波堤になっている。
結果的に為替市場では日中の激しい乱高下はあってもドル円クロス円ともにレンジ内での動きが続いている。
今日はFOMC会合でテーパリングの継続が予想され、市場はほぼ織り込み済みだ。一方、失業率やインフレに関するフォワードガイダンスの変更に注目が集まる。ガイダンスの見直し自体は緩和政策の継続を示すもので、もし変更がなければ株価が一時的に下落する可能性もある。しかし、今の株式市場の動きをみると強気の姿勢が目立つ中で市場への影響は限定的と見る。





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]ロシアに翻弄される

(米ドル円日足)


(米ドル円時間足)


ロシアのプーチン大統領の一言でドル円は上下に激しく揺さぶられるなど不安定な動きが続いている。
東京市場では地政学的リスクの後退による前日の堅調なNY株式市場の流れを受け上昇。ドル円も101円88銭まで上昇するなど底堅い動きで始まった。しかし、東京市場が終了後プーチン大統領のクリミアのロシア編入の承認を求めたとの報道で再びリスクオフの動きが広まった。その後もプーチン大統領の発言で為替市場は一喜一憂。ドル円クロス円ともに荒っぽい動きが目立った。しかし、結果は101円台でのボックスレンジを抜け出ることはなかった。米株式市場の堅調な動きが安心感を与えていると思われる。
もし、株価が大きく下落するようであればドル円はレンジの下限となる101円を割り込むことになるだろう。今年の安値となる100円74銭を下回るようであれば100円前半までの下落も視野に入る。今日のFOMCの後の株価の動向に注目したい。


ドル円予想レンジ101円80銭~101円00銭(BB下限)





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円]下降トレンド継続

(ポンド円日足)


(ポンド円時間足)


一旦は和らいだと思われたウクライナ情勢だったが、プーチン大統領がロシアのクリミア編入を求めたことや、クリミアのウクライナ軍人が射殺されたことなどから再び混とんとした状況に戻った。上昇しかけたポンド円も結局昨日は前日の167円92銭を下回る167円75銭まで下落。その後は買い戻しが入ったものの上値の重い展開が続いている。
未明にはBOEのカーニー総裁が「当面低金利が続く」とし、利上げは限定的で段階的になるとの見通しを示した。最終的に利上期待によるポンドの上昇は継続するとみるが、目先は下落リスクが燻る。一目の雲の下限で一先ず下げ止まったものの時間足での下降トレンドラインが上値を抑えている。下限のすぐ下には61.8%戻しとなる101円50銭もあり、このレベルでサポートされるのであれば雲の上限付近までの戻しが期待できそうだ。
日中は上下に1円近く動くことからロングでもショートでも利食いをしっかりと欲張らずに入れておきたい。


ポンド円予想レンジ:169円30銭(雲の上限)~167円50銭(61.8%)





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]NY株価が下支え

(豪ドル円日足)


(豪ドル円時間足)


東京市場では日経株価の上昇などから豪ドル円は92円後半まで上昇するなど底堅い動きが続いた。しかし、クリミア情勢の地政学的リスクが再び高まったことで欧州時間に91円91銭まで下落。その後NY市場にかけて豪ドルは対ドルで買いが強まり、今年高値となる0.9137ドルまで上昇した。NY株式市場の堅調な動きと米長期金利の低下に支えられた。
NY株式市場の動向が今の豪ドルには大きな影響を与える要因となっている。
今日のFOMCでフォワードガイダンスの変更がないとすれば株価が下落し長期債利回りは上昇に転じることになるだろう。そうなれば、豪ドル円は下値を試す展開が予想される。
時間足の下降トレンドに一旦は戻したもののもみ合いに入っている。直近の92円75銭付近でダブルトップの形も見られるだけに、下値リスクに注意したい。


豪ドル円予想レンジ:92円90銭(61.8%)~91円90銭





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する