ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2014-03

[全般]米債券と株価動向、そしてドルと円

先週はウクライナ情勢が混とんとする中でFOMC開催。クリミアのロシア編入を求めるプーチン大統領に対し欧米は更なる制裁措置を科すことを決定。クリミアでのウクライナ射殺事件などで一時きな臭さが漂ったものの、プーチン大統領はウクライナの更なる分断は望まないとしたことで、一先ず落ち着きを取り戻した。
そんな最中、FOMCが開かれハト派と見られていたイエレン議長が来年春にもゼロ金利会場の可能性を示唆。これを受け市場は長期記載利回りが上昇しドルが全面高となった。
一方、NY株価は金利序章への懸念から下落したことで円高リスクが高まった。
このところ発表された2月の米国経済指標は悪天候の影響は余り受けず景気の回復を示すものが多く、利上げのタイミングが早まるとの見方を後押しした。
今週は特に注目の米経済指標はないものの、景気回復期待が高まる内容が示されるようであれば株式と債券市場の動向に注目が集まる。
利上げ期待は株価を抑えるとともに長期金利の上昇を促す。市場が金利に反応するようであればドル高となるが、株価は下落し円高を助長する。反対に、景気への懸念が強まるようであれば株価はむしろ上昇し利回りは低下。ドル安と円安が同時進行する。結果的にドルと円は同じ方向に向かうことで狭い範囲での値動きが予想される
ただ、最悪の状況として景気減速懸念が株価を押し下げると同時に低リスクの債権が買われ金利が低下するとドル安円高が強まりかねない。
また、一旦収まりかけたウクライナ情勢も更なる制裁に対しロシアと欧米との軋轢が高まれば、リスクオフの動きからやはり世界の株価下落し米債も買われ円高ドル安を引き起こす。
今週は中国や英国、そしてユーロ圏の経済指標にも注目したい。
最近のポンド円やユーロ円、そして豪ドル円の日中の値動きが上下に何度か大きく振れることが多くみられる。
デイトレーダーにとっては絶好の狩場でもあり、今週も期待できそうだ。





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]ドルと円が同方向に動くレンジ相場

(米ドル円日足)


(米ドル円時間足)


FOMCでゼロ金利解除時期が予想以上に早まるとの見方が強まりドル円は1円余り上昇したものの、その後は102円台での狭いレンジの間でもみ合いが続いた。一時急上昇したドルの長期金利も2.7%台で落ち着いた動きが続いている。
一方、これまで上昇が続いてきたNY株式市場もここにきて利上げ期待の高まりから上値が抑えられ、円もリスクオフによる買いが燻る。これまで株との連動性が強かったドル円も今回は長期金利による影響を受けやすくなっている。
今週発表される住宅関連やGDPなど米経済指標の結果を受け、株価が更に下落するようであれば再び円との連動性が強まり円買いに反応する可能性がある。
一方、同時に長期金利が更に上昇するようであればドル上昇につながることから、ドルと円は同方向に動きやすくレンジ相場は継続。
また、一旦は落ち着いたウクライナ問題も対ロ追加制裁の発動によるロシアの抵抗が強まるようであれば円買いリスクが高まる。
日足の一目雲の下限で上値が抑えられており、レンジの下限となる102円前半を下回るリスクは上限を超えるリスクを上回る。


ドル円予想レンジ:102円80銭(日足61.8%))~101円80銭(時間足61.8%)





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]上昇チャネルの下限を下回る

(ユーロ米ドル日足)


1.4ドルの大台を試すと思われたユーロはFOMC会合の結果ドル全面高となる中で反落。二日間で200ポイント余り下落した。前週もドラギ総裁のユーロ高けん制発言で1.39後半から押し戻されたことで目先1.4ドル付近は強いレジスタンスとして意識される。
上昇チャネルの下限を下回り、その後一旦はプルバックの動きも見られたが1.38ミドルにかけて上値の重さが目立つ。
先週20日に行われたEU首脳会議では対ロ追加制裁を決定し発動した。今後EUに対するエネルギー関連などロシアの制裁が強まるようであればユーロ売り材料として捉えられる。
今週は習中国国家主席が欧州を訪問しており、ユーロの下支えになるような発言が期待されるものの、中国金融不安が燻る中で上値は限定的と見る。
チャネルの下限を下回りもう一段の下値を試す動きが強まるとみている。ただ、日中は上下に値幅のある動きを見せていることからデイトレでも十分稼ぐチャンスがある。


ユーロドル予想レンジ:1.3850(50%、上昇チャネル下限)~1.3660(61.8%)





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円/豪ドル米ドル]豪ドル円独歩高

(豪ドル円日足)


(豪ドル米ドル日足)


主要通貨が対円で上値の重い展開が続いているものの、豪ドル円は相対的に底堅く、クロス円の中では独歩高の動きが続いている。対円対ドルともに上昇チャネルに入っていることから、豪ドル円ストレートの買いが入っているとみてよいだろう。米国長期債利回りが上昇し豪ドルは対ドルで100ポイント余り下落したものの、その後下落幅をほぼ解消し往って来い。底堅さが際立った。
ただ、対ドルでは0.9150が何度か上値を抑えられていることや、ドル円もレンジ相場が続いている。底堅い動きが継続するとみるが、上昇の幅も限られる。下げたところでは買いを入れておきたい。


豪ドル円予想レンジ: 93円70銭(BB上限、76.4%)~92円00銭





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する