ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2014-09

[全般]ドル高と円安進行

東京市場から円安の動きが進行。本日の内閣改造に向け塩崎政調会長代理が厚生労働大臣に内定したことが明らかとなり円安が進んだ。元々年金改革に対し積極的な姿勢を示していたことから、GPIFによる株や外債投資が活発になるとの見方が強まった。同時に、好調な米国経済を背景に来月終了するテーパリングを控え米国がゼロ金利解除に向けて本格的に動き出すとの期待がドル買いを促した。
連休明けとなるNY市場では8月ISM製造業景気指数が59.0と予想の57.0を上回る3年5か月ぶりの高い水準となった。先週発表されたGDP改定値も含め米国景気回復が鮮明となったこともドル買いの動きを強めた。結果的に、株式市場は軟調な地合いとなり長期債利回りは上昇。ここにきて緩和政策の継続への期待が後退したことを示すものとなった。
投機筋の動きが活発となる中で仕掛け的な円売りが目立ち始めている。
市場は米国経済指標に対し好調な数字に敏感に反応しやすく、本日のベージュブック次第ではもう一段の円安とドル高が進む可能性が高い。
ただ、明日の日銀会合やECB理事会、そして週末の米雇用統計を控え調整の動きにも注意したい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]105円ミドルは長期トレンドの転換点

(米ドル円月足)

USD_JPY_20140903_tsukiashi.jpg

安倍内閣改造でもともと年金運用に積極的であった塩崎政調会長代理が起用されるとの報道を受け円売りが一気に進んだ。日経平均やアジア株式市場全体が好調な地合いとなったことも円売りに拍車をかけた。また、同時にユーロやポンドなど主要通貨に対してドル買いの動きが強まったこともドル円を押し上げた。
こう着状態が長く続いたドル円だけに一度動き出すとかなりのエネルギーがありそうだ。ただ、年初に付けた今年最高値となる105円44銭手前では実需や利食い売りが並んでくるとみる。また、105円ミドルは98年からの長期下降トレンドラインやフィボナッチの68.2%戻しでもあることから、かなり強いレジスタンスとみる。米雇用統計を控え調整の売りが出やすい。ただし、105円ミドルを明確に上抜けするようであれば、長期の下降トレンド終了となり、新たな円安が始まることになる。

ドル円予想レンジ:105円40銭~104円75銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]スコットランドの独立住民票

(ポンド米ドル日足)

GBP_USD_20140903_hiashi.jpg

(ポンド米ドル時間足)

GBP_USD_20140903_jikanashi.jpg

東京市場が始まったところでドルが全面高となりポンドは東京では珍しく対ドルで纏まった売りが入った。投機筋とみられるがドル金利上昇を背景にユーロやその他の通貨に対してもドル買いを強めた。ロンドン市場が始まり英国8月建設業PMIが64.0と予想の61.5を大きく上回ったが、ユーロポンドの纏まった買いが入りポンドは寧ろ下落。
ポンド売りの背景には今月18日に行われるスコットランドの独立住民投票に向けた動きがある。昨日の英紙タイムズが行った最新調査では独立賛成派と反対派との差が6ポイントの僅差に縮まったと報じたこともポンド売りを誘った。北海油田や鉄鋼石炭などの製造業をスコットランドが保有することになればポンドにとってはネガティブ材料となる。また、スコットランドはEUとの関係強化を主張していることもポンド売りの材料となる。
対ドルだけではなく対ユーロでもポンドは売られやすい状況が続く。

ポンドドル予想レンジ:1.6530(38.2%)~1.6250

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[カナダドル円]ダブルトップを意識

(カナダドル円日足)


ドル円の上昇にカナダ円は押し上げられ、7月3日に付けた高値96円20銭をわずかに上回る96円26銭まで上昇した。今日のNY終値ベースでこのレベルで跳ね返されるとダブルトップを形成することになるが、反対に上抜けするようであれば上昇が加速することになる。円安の動きはまだ始まったばかりということから上抜けの期待が高い。
先週は米国ファーストフード大手のバーガーキングがカナダのティムホートンズを115億米ドルで買収したことでカナダドルが大きく上昇しているだけに底上げされている。
また、今日はNY時間にカナダ中銀BOCが政策金利を発表するが政策金利1.0%は据え置かれると予想される。ただ、先週発表されたカナダの4-6月期GDPも3.1%と予想の2.7%を大きく上回っているだけに米国に引き続き利上げへの期待がいずれ高まることになるだろう。
資源国通貨であるカナダドルへの投資はGPIFなど年金運用から見ても魅力的な通貨として捉えられそうだ。

カナダ円予想レンジ:97円10銭(76.4%)~95円90銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する