ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2014-11

[全般]ECB理事会で流れに変化も

調整時間は短期で終了しドル高と円安の流れが再び強まっている。
東京時間に米中間選挙で共和党が過半数を獲得すると伝わったことでドルが全面高となった。また、黒田総裁も講演で円安は一般論として様々なプラスの効果があるとし、円安容認の構えを示した。また、物価目標達成のためなら更なる追加緩和の可能性を示したことで円安も同時に進み、ドル円は114円台に乗せている。
NY時間に発表されたADP雇用統計は23万人と予想の22万人を上回ったことで金曜日発表の米雇用統計への期待は高まるものだ。しかし、高値圏にいたドルの利益確定のきっかけとなり発表後はドル売りの動きもみられた。しかし、米国景気への期待からNYダウが上昇したことで安心感からの円安とドル高の動きの流れが再び強まるなど、調整の時間は短く値幅調整も限られた。
今日は注目のECB理事会が開かれるが、ユーロの動向次第でドル高が更に進むか、或いはドルの目先のピークを付ける可能性もあり注目される。
昨日は一部のECBメンバーが「ドラギ総裁が秘密主義で一貫性のない発言が多い」と不満を示したといわれる。先日もECB内で運営方針を巡る対立があると報道されるなど、ECBへの懸念が強まっている。もし、今日のドラギ総裁記者会見で追加緩和を示唆したとしても、実際に実行できるかどうか市場が懐疑的な見方を示すようであればユーロが上昇しドル売りが強まる可能性もある。或いは、素直にユーロ売りに反応するようであれば、ドルは更なる上昇が期待できる。
いずれにしても、ドルの上昇は明日の雇用統計を控え第一幕の終了に近づいている可能性もあり注意したい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]115円の大台を意識

(米ドル円時間足)


114円台に乗せたことで一旦調整の動きがみられたものの、その下落幅は1円程度にとどまり、短い時間で終了。再び円安とドル高の動きが強まり114円後半までドル円は上昇に転じた。
米国中間選挙の結果は共和党が過半数を獲得したことでねじれが解消。小さな政府を志向する共和党は米株式市場にとってはポジティブ材料となり、円安を促した。また、この日発表されたADP雇用統計も予想を上回ったことで週末発表の雇用統計に期待が高まりドル高に反応。ただ、115円手前にはオプション絡みの防戦売りや利益確定の売りに押されたものの下げ幅は限定的。ドル買いの動きは依然として強く115円台に乗せるのは時間の問題とみる。ただ、ここまで急ピッチに進んできたドル円もそろそろピークに近づいているとみる。今日のECB理事会の結果や、明日の雇用統計も控えそろそろ注意しておきたい。


ドル円予想レンジ:115円20銭~113円20銭(23.6%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]1.25ドルの攻防

(ユーロ米ドル週足)


(ユーロ米ドル時間足)

EUR_USD_20141106_jikanashi.jpg

昨日発表されたユーロ圏小売売上やサービスPMIが予想を下回ったこともありユーロは軟調な地合いが続いている。また、米中間選挙で共和党が過半数を獲得したことからドル高の動きもユーロの上値を抑えた。前日には下値の強いサポートである1.25ドルを割り込んだものの反発するなど一旦底を付けたとの見方もあった。しかし、昨日は再び1.25ドルを割込むなど依然として下落リスクが燻る。
一部のECBメンバーがドラギ総裁に対して秘密主義で一貫性のない発言が多いとの不満を述べるなど、ECB内部での不調和音が最近高まる。その中で今日はECB理事会が開かれる。今日の会合では追加緩和を見送ると予想されるが、ドラギ総裁が追加緩和の可能性を示唆するか注目される。ただ、ドラギ総裁の指導力に陰りが見え始めていることからその実効性に市場は寧ろユーロ買いに反応する可能性もある。1.25ドルが天井になるのか、或いは底を形成するのか、今日のECB理事会は重要な転換点になる。どちらに付くかはその動きを見てからでも遅くない。

ユーロドル予想レンジ:1.2600~1.2400
※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]BOE会合で底値確認

(ポンド米ドル週足)


(ポンド米ドル時間足)

GBP_USD_20141106_jikanashi.jpg

ポンドは激しい動きが続いている。
アジア市場では1.6ドル台で底堅い動きが続いていたポンドだったが、米国中間選挙で共和党が過半数獲得したとの報道からドルが上昇。下げ止まりを見せていたポンドドルだが、一気に下落に転じた。ロンドン市場では損切を巻き込みながら1.5867ドルまで下落した。このレベルは2013年11月ぶりの安値でもあり意識された。売り過ぎた反動もありNY市場では1.5995まで100ポイント余り上昇するなど荒っぽい動きとなった。
前週はFOMC会合でタカ派的な内容となったことでドル高の動きが強まりポンドは下落。一旦は下げ止まったかと思ったが再びドル高によるポンド売りが加速。
ポンド自体に今のところ悪材料は見られないことからドル次第といったところだ。
今日はBOE政策会合が開かれることから、ポンドの下値を確認するか注目される。昨日の安値に届かないようであれば一旦は底値を確認したとみて買いで攻めてみる。

ポンドドル予想レンジ: 1.6020~1.5920

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する