ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2014-12

[全般]年末のポジション調整

世界の株価下落によりリスク回避の動きが強まり、前日に引き続き円高が急速に進んでいる。
東京株式市場は前日のNY株価下落の流れを受け売りが先行。ドル円は急落した反動もあり買い意欲は強く一時120円近くまで上昇するなど依然として円安傾向への期待がみられた。しかし、後場に入ると株価急落に伴い円買いの動きがドルや他通貨に対して強まった。
NY市場が始まりNYダウが前日に引き続き下落して始まったことや長期金利が低下したことでドルが全面的に下落。OPECの来年の見通しで需要低下や供給過剰に陥るとの見方から原油は更に下落。為替だけではなく株や債券、そして原油などのコモディティー価格も含め調整の動きが強まっている。12月はヘッジファンド勢などの決算もありポジション調整的な動きが特に強まる時期でもある。更に、今年は原油価格の急激な下落などから一部のファンドで大きな損失を抱えているとの見方もあり、株や為替での利益確定の動きが入っている可能性が高い。結果的に日米の株価下落がリスク回避からの円買い戻しの動きを活発化させている。
原油価格の下落が米国シェール革命に対し水を差すとの見方でドル売りという見方もあるが今の時点では時期尚早。悪材料に対して敏感に反応しやすいということはそれだけ悲観的なセンチメントに偏り始めているということだろう。
中国上海株が下落したことを切っ掛けに弱気に転じたが、元々ポジション調整が始まろうとしていたところでの口実にされただけだろう。この調整は来週のFOMC会合あたりまで続く可能性が高く、ドル円やその他のクロス円ポジションは一時的に縮小しておきたい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]調整下での荒っぽい値動き

(米ドル円日足)

USD_JPY_20141211_hiashi.jpg

(米ドル円時間足)

USD_JPY_20141211_jikanashi2.jpg

株価の下落とドル円は負のスパイラルに陥ったように下落が止まらない。上値がモグラたたきのように抑えられ押し戻されている。流動性が低下していると思われ、値動きが異様に早い。長めのロングポジションの損切がみられるだけではなく、目先のドルショートも切らされるといった荒っぽい値動きが続いている。海外のヘッジファンド勢辺りがポジション巻き戻しだけではなく、ロスカットを付けに行くような動きにみえる。
日米株式市場の下落がリスク回避からの円買い戻しに拍車をかけている。日本株は日銀のETF購入が昨日はいらなかったことで悲観的な見方が広がったが、それは調整の域を脱していない。年末特有の調整の動きであり、この動きはそう長くは続かない。ただ、日中は損切を付けに行くような荒っぽい動きが続くだけに、ポジションを縮小して反転の兆しが出るまで慎重な取引に徹しておきたい。

ドル円予想レンジ:119円80銭(50%)~117円60銭(基準線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ドル安がユーロ安を上回る

(ユーロ米ドル日足)

EUR_USD_20141211_hiashi.jpg

(ユーロ米ドル時間足)

EUR_USD_20141211_jikanashi.jpg

来週17日に前倒しされたギリシャの大統領選挙では緊縮財政に反対する野党が台頭したことで財政再建への不安が拡大しギリシャ株が大幅に下落した。ユーロにとってはマイナス材料ではあるが対ドルではユーロ買いが強まった。米長期金利が低下したことでドル売りの動きがユーロの下落を上回ったためとみる。また、一部のリポートでECBの国債購入の時期が2月にずれ込むとの見方が示されたこともユーロ買いを促した。
ECBの追加緩和自体は時期がずれ込むとしても実施するとの見方に変化はなく、最終的にユーロ売りの流れに戻るとみる。ただ、年末特有の調整の動きが終わるまではユーロ関連の材料に反応しにくい状況が目立つ。前日の高値でもある1.24ミドルでボリンジャーバンドが上値を抑えており、このレベルを超えるようであれば1.25ドルを試す展開とみる。若し、超えられないようであれば1.24ミドルから1.22ミドルのレンジに入りそうだ。いずれにしても、積極的に買いを入れていく材料は見当たらない。

ユーロドル予想レンジ:1.2500~1.2380

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[NZドル円]利上げの可能性示唆で上昇

(NZドル円日足)

NZD_JPY_20141211_hiashi.jpg

(NZドル円時間足)

NZD_JPY_20141211_jikanashi.jpg

早朝に実施されたRBNZ政策会合後のウイラー中銀総裁発言でNZドルは一気に上昇に転じた。ウイラー総裁は「金融政策は過度に引き締め的ではなく、依然として拡大的」「正常な金利は4.5%を下回る可能性がある」と発言。今後も利上げの可能性があることを示唆する内容と市場が受け止め一気に上昇した。NYの引け間際でもあり市場の流動性が低下しておりやや過剰反応した観もあった。一方で「今日のNZドルの上昇は驚きだ」と言及。為替への牽制発言とも取れる内容となったが、介入に関してはノーコメントとした。また、原油価格の下落は有益であり経済は今後2年間でさらに成長すると発言したことも利上げの可能性に繋がった。
NZランドは資源国ではなく、原油やコモディティー価格の下落はプラス材料になる。現在の3.5%という政策金利は投資家にとっては魅力であり、今後利上げの可能性があればキャピタルゲインも狙えるだけに買い意欲は強い。ただ、流動性が低いことから値動きが荒いため、下げたところを丁寧に拾っていきたい。

キウイ円予想レンジ:92円70銭(61.8%)~91円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する