ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2015-02

[全般]イエレン発言から米国金融政策の行方占う

週明け東京市場は先週末のギリシャ合意を受けドル円は堅調な地合いで始まるかと思われた。しかし、積極的に買いを入れる動きは見られず寧ろ利食い売りに押されるなど慎重な地合いで始まった。日経株価が上昇したもののドル円は利食い売りに押されるなど株価との連動性も低下している。日銀会合の議事録にも反応はないなど、市場は日銀の追加緩和期待が低下していることを裏付けるものだ。一方、米国金融政策は先週のFOMC議事録公開後にタカ派的な見方が強まったことからドルの上値も重い。
本日のNY時間には注目のイエレン議長議会証言が行われる。最近の米経済指標は冴えないものが多いものの、雇用の改善は明らかに進んでいることなどからこれまでの発言を変えることはないだろう。そうなればドルの底堅い動きが予想されるが、同時に株価の押し下げ要因ともなる。リスク回避の円買いと米長期金利の上昇によるドル買いとが綱引きとなりドル円もレンジ内での動きが予想される。
一方、ギリシャ合意に達したものの欧州市場ではユーロが軟調な地合いで始まった。ギリシャは23日提出期限の改革案が間に合わず24日にずれ込むと発表。すでに先週末にショートカバーが終了したこともあるが、積極的な買いにはつながらなかった。ギリシャ問題は単に先送りされたとの見方が強いこともそうだが、ECBの量的緩和が3月からスタートすることもユーロの上値を重くしている。
市場の注目はギリシャやウクライナから米国金融政策に戻り始めており、ドル中心相場が再び始まった。米長期金利の上昇が継続するなかでも米国株は慎重ながら高値を更新するなど、米国の利上げ準備は整いつつある。そしてドルも長期的な上昇トレンドが継続するとの見方が根強い。その流れを改めて確認することになるイエレン議長発言に市場の注目が集まる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]利食い先行で上値抑えられる

(米ドル円日足)

USD_JPY_20150224_hiashi.jpg

(米ドル円時間足)

USD_JPY_20150224_jikanashi.jpg

週明け東京市場のドル円は先週末のギリシャ合意を受け上値を試す展開が予想されたが不発に終わった。日経平均株価は134円高と素直にリスクオンの動きが目立つ中でドル円は利食い売りなどに押され上値の重い展開となった。欧州市場では再度上値を試す動きが強まったものの、一目の抵抗線が位置する119円35銭で押し返された。このレベルは先週の高値でもありレンジの上限となっている。今日のイエレン議長議会証言で利上げへのタカ派的な発言内容となれば再度このレベルを抜いて120円の大台を試す展開とみる。ただ、イエレン議長はこれまでの発言内容を繰り返すものと思われ、119円40銭の天井は重いとみる。今回もこのレベルで跳ね返されるようであれば当面の上限となり、レンジの底値を試す展開となるだろう。

ドル円予想レンジ:119円40銭(抵抗線)~118円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ショートカバー終了で再び下限トライ

(ユーロ米ドル日足)

EUR_USD_20150224_hiashi.jpg

(ユーロ米ドル時間足)

EUR_USD_20150224_jikanashi.jpg

週明けのアジア市場でのユーロは動意の乏しい動きが続いた。先週末にギリシャとEUが支援延長に合意したことで、すでにユーロのショートカバーが入ったことも上値を重くした。また、23日までに提出予定の改革案をギリシャは24日に先延ばしすると発表。欧州市場に入ると寧ろユーロ売りが先行し、1.13ドルを割り込んだ。このレベルはユーロの合意を受ける前のレベルでもあり往って来い。結果的に1.12ミドルから1.15ドルのレンジを抜け出ることはできなかった。寧ろ、ギリシャ問題が後退したにもかかわらずレンジの上値まで届かなかったことを受け、次はレンジの下限となる1.12ミドルを試す展開が予想される。ユーロポンドなどのクロスの売りも散見されるなど、対ドル以外でも売りも目立った。市場は再び3月から始まるECBの量的緩和を意識し始めると更なる売りが強まりそうだ。

ユーロドル予想レンジ:1.1400~1.1275

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]三角保ち合いの上放れ近づく

(豪ドル円日足)

AUD_JPY_20150224_hiashi.jpg

(豪ドル円時間足)

AUD_JPY_20150224_jikanashi.jpg

先週末のNY市場ではギリシャ合意を受けたリスクオンからの豪ドル円が強まったが、週明けから利食い売りが先行。欧州市場が始まりユーロ売りが強まると豪ドルも同時に下落幅を拡大。ギリシャ合意を受けて上昇する前のレベルとなる92円ミドルまで押し戻されるなど往って来い。短期的なポジションはだいぶ軽くなっているとみる。
今日のイエレン議長議会証言で利上げに慎重な発言内容となれば株価が上昇しリスクオンからの豪ドル円の買いが強まるとみている。一方、タカ派的な内容となればもう一段の下押しも頭に入れておきたい。ただ、豪ドル円日足チャートを見ると下値が確実に切りあがってきていることから押し目買いのチャンスと言えそうだ。三角保ち合いの収束は93円ミドルが天井となっており、上放れにはもう少し時間がかかりそうだ。

豪ドル円予想レンジ:93円50銭~92円45銭(76.4%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する